北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

町待望のそば店「五武庵」 移住の平野さん【上士幌】

混み合う店内で忙しく立ち回る平野さん

 そば店が一軒もなかった町内で25日、そば居酒屋「五武庵」がオープンし、初日から地元客らでにぎわった。自治体が使途を明確にして寄付を募る「ガバメントクラウドファンディング」(GCF)で集まった資金を活用した。店主の平野昌樹さん(40)は「客がわいわい楽しめる店にしたい」と意気込んでいる。

 町内では2009年、唯一のそば店が閉店。復活を求める声が多く、町が「そば屋開店プロジェクト」と題してGCFを実施した。目標の300万円を超える金額が集まり、開業に名乗りを上げていた平野さんに資金援助した。

 東京で和食料理人として働いていた平野さんは5月、上士幌に移住。市街地の空き店舗を改修し、友人と開店準備を進めてきた。そば粉は士幌町で仕入れて店内で製麺、つなぎを使わないそば粉100%の「十割そば」を提供する。昼はそば店、夜はそばも楽しめる居酒屋として営業する。

 そば店の運営に当たっては、新会社「WHooD」(フード)を設立。店で仕入れる地場食材は、全国に売り込んでいく考えだ。店名の「五武庵」には、平野さんと友人合わせて「5人の武士」で事業展開するという覚悟を込めた。

 平野さんは「上士幌で店をやるのは初めて。町の人は温かいが甘えずに頑張りたい」と話す。町ふるさと納税推進員の島田裕子さん(26)は「人の往来が寂しかった通りにそば店ができることで、周りの飲食店との間で相乗効果を期待したい」と述べている。

 昼の営業時間は午前11時半~午後2時、夜は午後5時~翌午前0時。不定休(年末は31日まで、年始は1月2日から)。問い合わせは同店(01564・7・7378)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝牛とろ丼3位 ご当地どんぶり選手権【清水】

 全国のご当地食材を使った自慢の丼メニューで人気を競う「第10回全国ご当地どんぶり選手権」の結果発表が20日、会場となった東京ドームで行われた。十勝スロウフード(清水町、藤田惠社長)の「十勝牛と...

十勝毎日新聞

農高発どら焼きエア・ドゥで 管内3校原料提供【十勝】

 AIRDO(エア・ドゥ)は、道内の農業高校生らが育てた「雪化粧かぼちゃ」を使ったどら焼きを開発した。十勝からは帯広農業高、更別農業高、士幌高が原料を提供。すでに一部の便で機内サービスとして無料...

函館新聞

新商品リンゴカレー発売 道の駅「なないろ・ななえ」【七飯】

 【七飯】道の駅「なないろ・ななえ」(峠下)は18日から、七飯産リンゴをふんだんに使用したレトルトカレー「りんごカレー」を同施設限定で発売している。リンゴの甘みとスパイスが効いた深みのある...

十勝毎日新聞

「純白ゆり根大福」好評 道の駅忠類【幕別】

 道の駅忠類(町忠類白銀町、小竹淳店長)で、昨年8月から販売を開始した「純白ゆり根大福」が好評だ。販売5カ月余りで5000パック(2個入り)を売り上げ、地元特産の農産物加工品でもトップクラスの人気...

函館新聞

函館国際ホテルがいちごスイーツビュッフェ【函館】

 函館国際ホテル(函館市大手町)は平日の午前11時半から午後3時まで、イチゴを使った10種類のデザートが楽しめる「いちごスイーツビュッフェ」を実施している。料金は1200円(フリードリンク付)。...