北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

町待望のそば店「五武庵」 移住の平野さん【上士幌】

混み合う店内で忙しく立ち回る平野さん

 そば店が一軒もなかった町内で25日、そば居酒屋「五武庵」がオープンし、初日から地元客らでにぎわった。自治体が使途を明確にして寄付を募る「ガバメントクラウドファンディング」(GCF)で集まった資金を活用した。店主の平野昌樹さん(40)は「客がわいわい楽しめる店にしたい」と意気込んでいる。

 町内では2009年、唯一のそば店が閉店。復活を求める声が多く、町が「そば屋開店プロジェクト」と題してGCFを実施した。目標の300万円を超える金額が集まり、開業に名乗りを上げていた平野さんに資金援助した。

 東京で和食料理人として働いていた平野さんは5月、上士幌に移住。市街地の空き店舗を改修し、友人と開店準備を進めてきた。そば粉は士幌町で仕入れて店内で製麺、つなぎを使わないそば粉100%の「十割そば」を提供する。昼はそば店、夜はそばも楽しめる居酒屋として営業する。

 そば店の運営に当たっては、新会社「WHooD」(フード)を設立。店で仕入れる地場食材は、全国に売り込んでいく考えだ。店名の「五武庵」には、平野さんと友人合わせて「5人の武士」で事業展開するという覚悟を込めた。

 平野さんは「上士幌で店をやるのは初めて。町の人は温かいが甘えずに頑張りたい」と話す。町ふるさと納税推進員の島田裕子さん(26)は「人の往来が寂しかった通りにそば店ができることで、周りの飲食店との間で相乗効果を期待したい」と述べている。

 昼の営業時間は午前11時半~午後2時、夜は午後5時~翌午前0時。不定休(年末は31日まで、年始は1月2日から)。問い合わせは同店(01564・7・7378)へ。

関連記事

名寄新聞

地元産酒米を使用の特別純米酒「上川大雪」数量限定販売【名寄】

 名寄市風連産米を使用した特別純米酒「上川大雪」の数量限定「生酒」(製造元・上川大雪酒蔵)が、20日から販売開始。道の駅もち米の里☆なよろで、数量限定で取り扱っている。  特別純米酒の原料となる...

十勝毎日新聞

初の芽室産ワイン「イニツィオ」発表 生産者団体【芽室】

 芽室ワインカウンティ(吉田知浩会長)は21日、芽室産ブドウを使用して醸造した初のワイン「INIZIO 2018」(イニツィオ)を発表した。7月から数量限定で販売、北海道十勝フード&ワインフェ...

室蘭民報

越冬たまねぎ「えったま333」を使い料理講習会【伊達】

 伊達市の越冬タマネギ「えったま333」の料理講習会が20日、市内梅本町のだて歴史の杜食育センター内キッチンスタジオで開かれた。参加者が甘く、栄養価が高いタマネギを和気あいあいと調理。出来上がり...

苫小牧民報

被災地厚真町を応援、ハスカップティー販売始まる エア・ドゥ、来月は機内サ..

 苫小牧市元中野町の「はすかっぷサービス」(大西育子代表)が製造しているハスカップティーが、AIRDO(エア・ドゥ)の機内販売商品に採用され、今月から全路線で販売が始まった。7月には機内ドリンク...

十勝毎日新聞

「優しいあんこ」食べて魅力発信 なつぞら応援推進協【十勝】

 NHK連続テレビ小説「なつぞら」応援推進協議会(梶原雅仁会長)は19日、ドラマの主題歌でスピッツの新曲「優しいあの子」の発売に合わせ、スイーツ王国・十勝の魅力を発信する「優しいあんこ」企画をスタ...