北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

JR新千歳空港駅改修完了 訪日客対応を充実、大型画面も新設

装いを新たにした新千歳空港駅

 JR北海道は26日、4月から進めていたJR新千歳空港駅の改修を完了し、供用を開始した。駅構内は青と赤のデンマーク調デザインから白色を基調とした明るい雰囲気に生まれ変わり、新設した大型画面やプロジェクションマッピングに北海道の四季の風景映像を流す。インバウンド(訪日外国人旅行者)向け案内窓口も増やし、対応を充実させた。

 新千歳空港の地下に乗り入れ、北海道の玄関口となっている同駅。1992年7月の開業から26年で初めて全面改装を施した。総工費は約8億円。

 改装の目玉は構内5カ所に設けた大型画面と通路2カ所のプロジェクションマッピング。中でも改札に入り目の前に現れる画面は55型のモニター18台を並べ、縦2・1メートル、横7・3メートルの大きさで四季折々の自然や道内各地の風景を映し出す。改札外側の柱にも縦2・4メートル、横70センチの画面を四方にはめ込んだ。

 アニメーション仕立てになった風景のプロジェクションマッピングは壁に取り付けられた樹木の模型とも連動。改札前の天井にも投影する。

 改札を出て正面にはモニターを組み込んだ記念撮影スポットを設置。モニターには主要都市の天気、列車の運休や遅れに関する情報も表示する。

 案内スペースと待合所は場所を入れ替え、案内スペースの面積は1・6倍の約160平方メートルに拡大。9月4日から先行して供用を開始していた外国人デスク、みどりの窓口、ツアーデスクを配置し、エゾマツやミズナラなど木目が見られる6種類の道内産木材を壁材に使い、北海道らしさを演出する。

 外国人デスクでは主に旅行客が希望する目的地への経路案内や切符販売などを行う。

 職員12人で英語、中国語、韓国語に対応。窓口も5カ所から7カ所に増やし、「混雑や待ち時間を短縮できるようにした」(担当者)という。

 同駅の利用者数は近年、訪日客や格安航空会社(LCC)の台頭で増加傾向。JRによると、2007年度は約1万1000人に対し、16年度は約1万6000人。10年で約5000人増えた格好だ。  金山宜史駅長は「より多くの皆さまに便利で気持ち良くご利用いただければ」と話している。

関連記事

根室新聞

共同経済活動へ向け、ロシア側から初の訪問団【根室】

 北方四島での共同経済活動の実現に向け、ロシア側から初となる視察団が19日、根室入りした。視察分野は優先5項目のうち「ごみの減容対策」で、国後島のごみ処理会社社長ら4人が根室市資源再生センター...

根室新聞

サンマ棒受け網漁 期待乗せ大型船が出漁【根室】

 農林水産大臣許可の道東沖のサンマ棒受け網漁で主力となる100トン以上の大型船の操業が20日に解禁され、花咲港からは30隻が午前0時ごろに漁場を目指して出漁した。今季はこれまでにサンマの水揚げがな...

苫小牧民報

秋の風物詩 インディアン水車でシロザケ捕獲-12月中旬まで

 日本海さけ・ます増殖事業協会千歳事務所=花園=は20日、構内に設置する千歳川左岸のインディアン水車(捕獲車)でシロザケの親魚の捕獲を始めた。千歳に秋の訪れを告げる風物詩は、12月中旬まで続く。 ...

日高報知新聞

二風谷で舟おろしの儀【平取】

【平取】アイヌ民族伝統の舟おろしの儀式「第50回チプサンケ」が18日、二風谷ダム沙流川左岸に設けた舟おろし場で行われた。  文化の伝承を目的にびらとりアイヌ協会などでつくる実行委員会の主催。町民...

日高報知新聞

サラ1歳 サマーセール開幕【新ひだか】

【新ひだか】サラブレッド1歳馬の競り市「サマーセール」(日高軽種馬農協主催)が19日、静内神森の北海道市場で開幕した。22日まで4日間の日程で1270頭が上場登録している。  サマーセールは、日...