北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

若手農業者4人が規格取得へチーム結成【伊達】

JGAPの取得に向け勉強に打ち込む若手農業者と金田さん

 伊達市内の30代の農業者男女4人が、農産物や農作業の安全性を管理するGAP(ギャップ、農業生産工程管理)の国内認証規格「JGAP(ジェイギャップ)」の取得に向け、チームを結成した。伊達市の農業を魅力あるものにしようと、互いに切磋琢磨(せっさたくま)しながら、安全管理の手法や認証取得の手続きを学んでいる。

 結成したのは、八木沼剛宏さん(35)、熊澤太一さん(37)、森苑絵さん(34)、上野嘉博さん(39)。4人は今月中旬、札幌市であったJGAPの指導員講習会に参加した仲間。認証取得という同じ目標を目指す者同士、意気投合。26日に市内で初めての勉強会を開いた。

 JGAPは農産物の生育過程や農薬の管理など、一定の基準を満たした農場に与えられる日本独自の認証規格。2020年東京五輪の食材調達では、生産者にJGAPや国際認証規格「グローバルGAP(GGAP)」の取得が求められるなど、注目が高まっている。管内では、とうや湖農協がGGAPの団体認証を取得している。

 伊達市内ではGAPの取得例はまだ一握り。指導する人材も限られている。八木沼さんは「元々GAPに興味はあったが、何から始めてよいか分からなかった。まずは情報交換を密にして、互いに高め合っていきたい」と意気込む。早速、会員制交流サイト(SNS)上に共通のグループを作った。GAPが求める安全管理の手法は、収穫の大半が手作業の伊達の農業にもリスク回避の観点で役立つと考えている。

 「GAPの認証取得が当たり前の時代が来る前に実践しておくことは意義がある」とは生産から直接販売までを手掛ける熊澤さん。今春、新規就農を果たした森さんは「自分の農場にいるだけでは見えない課題を見出したい」と期待する。

 4人を支援する市農務課の農業普及指導専門員でJGAP指導員の資格を持つ金田光弘さん(64)は「若い農業者が自ら動き出したことが素晴らしい。複数の視点で捉えることで、今までとは違う農業が見えてくる。自ら考えるのが何よりも大事」と評価する。

 4人は今後、互いの農場を見合うなどして研さんを深めながら、JGAPの取得を目指していく。

関連記事

十勝毎日新聞

国鉄色の列車に郷愁 管内を貸し切り運行 十勝晴号【十勝】

 音更町の私設鉄道博物館「十勝晴(とかちばれ)駅」(穂積規さん運営)の開業5周年を記念した貸し切り列車「十勝晴号」の運行が25日、JR根室線の帯広-厚内(浦幌)間で行われた。池田駅では弁当売りもあ...

十勝毎日新聞

海鮮丼800食もりもり 格安「市場まつり」盛況【帯広】

 帯広地方卸売市場(高橋正行社長)で25日、「市場まつり」が開かれた。特選海鮮丼や本マグロ、地場野菜などが格安で販売され、買い物客でにぎわった。  同市場と同市場買受人組合(黒川義雄組合長、...

十勝毎日新聞

帯広北高 国立劇場で堂々 特別公演「やりきった」【東京】

 帯広北高校演劇部(松下結翔部長、部員4人)は24日午後、7月の全国高校総合文化祭(総文祭、佐賀市)で優秀賞に輝いた作品「放課後談話」を都内の国立劇場の大劇場で上演した。多くの演劇ファンや同校...

函館新聞

ギリヤーク尼ケ崎さん、大門で青空公演【函館】

 函館出身の大道芸人、ギリヤーク尼ケ崎さん(89)による青空舞踊公演「祈りの踊り」が24日、はこだてグリーンプラザ(函館市松風町)で開かれた。津軽三味線奏者の二代目高橋竹山さんと共演し、満身創痍...

函館新聞

ハンドボール欧州遠征へ 巴中加賀谷【函館】

 巴中3年の加賀谷柊斗が、日本ハンドボール協会が将来の日本代表候補を育てる「ナショナルトレーニングアカデミー(NTA)」の欧州遠征(25日~9月2日、ハンガリー)に参加する。中高生を対象にした男...