北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

寒気と吹雪 道南荒天 函館空港発着34便欠航【函館】

欠航が決まり払い戻しのために行列を作る人たち(午後5時35分ごろ)

 冬型の気圧配置が強まった影響で、27日の函館は断続的に吹雪となった。市内の積雪は午後5時ごろに19センチとなった。最低気温は午後5時50分ごろに今季最低の氷点下8・5度まで下がった。函館空港では滑走路の除雪作業が続くなどしたため、同日発着の国内路線は計34便が欠航。各交通機関にも乱れが生じ、歳末を目前に控えた帰省客らの移動に大きく影響した。

 同空港では同日朝から断続的に離発着できない状況となった。欠航したのは、日本航空(JAL)は丘珠線、羽田線など計18便、全日空(ANA)は新千歳線、伊丹(大阪)線など計10便、AIRDO(エアドゥ)は中部国際(名古屋)線、羽田線計4便、バニラエアは成田線2便。計3710人に影響した。

 国内線ターミナルビルでは、欠航がアナウンスされると、各航空会社の窓口には払い戻しを求める人で行列ができた。家族や職場に電話で連絡するなど、今後の対応に頭を悩ませる姿が目立った。

 仕事で函館を訪れていた東京都の会社員、浅井邦光さん(42)は「天気のことなので仕方ない。新幹線に切り替えるなどしてできればきょう中に帰りたい」と疲れた様子で話していた。

 また、津軽海峡フェリーは26日の運休による機材繰りのため、大間―函館間の1便を欠航した。道南いさりび鉄道は午前5時50分ごろ、北斗市の渡島当別駅と木古内町の泉沢駅で列車の進路が切り替わらなくなったため、函館―木古内間の普通列車2本が運休、約100人に影響が出た。市電は末広町―函館どつく前間が午前10時半ごろから約30分間不通となるなど、雪の影響で運行が乱れた。

 自動車による交通事故も多発し、函館中央署によると、朝から夕方までに物損事故に関する通報が通常より多い30件以上寄せられたという。

 函館地方気象台によると、渡島・桧山地方は28日も引き続き雪で、ふぶく見込み。札幌管区気象台が27日に発表した向こう1カ月の道内の天候の見通しによると、1月4日ごろまでは冬型の気圧配置や寒気の影響を受ける影響で、気温は平年並みか低く推移する。以降は平年並みの気温となる見込み。

関連記事

函館新聞

ヨハネ教会で聖堂コンサート 男声合唱団出演【函館】

 函館聖ヨハネ教会(藤井八郎司祭)の聖堂コンサートが20日、同教会で開かれた。函館男声合唱団が出演し、親しみのある楽曲から宗教曲、函館の歌まで11曲を演奏した。  今年度3回目のコンサートで...

函館新聞

ラグビー人気 函館のスクールにも【函館】

 開催中のラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で日本代表の躍進効果で、函館ラグビースクールでは、ラグビーをやってみたいという子どもが増えている。  同スクールは1970年設立。一年制で毎年...

釧路新聞

釧路町議選投開票

 任期満了に伴う釧路町議選(定数16)は20日、投開票が行われ、倉井俊勝氏(66)=自民=がトップで8選を果たした。新人は大谷哲也氏(67)=公明=、中家治子氏(65)=共産=、鈴木麻由子氏(47...

十勝毎日新聞

運動して牛乳 健康の秋満喫 「みるウオーク」【音更】

 運動後に十勝産牛乳を飲んで、健康づくりを図るイベント「みるウオーク」(十勝あるくミルクプロジェクト実行委主催)が20日、音更町で催された。秋晴れの下、親子ら約200人がゴール目指して歩き、爽...

十勝毎日新聞

ハクチョウ冬を伝えに【幕別】

 十勝地方は20日、高気圧に覆われて晴れ、暖かな朝を迎えた。帯広の朝の最低気温は平年より5.2度高い9度だった。  幕別町依田の畑ではこの日朝、「冬の使者」とも言われるハクチョウが飛来し、羽...