北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

市役所庁舎 市民の67パーセントが「建て替え」望む【根室】

耐震不足が指摘され整備改修が不回避となっている市役所本庁舎

 根室市は26日、市役所本庁舎の整備に関する市民アンケートの結果を公表した。災害発生時の復旧拠点となることから「建て替え」を望む人が67パーセントに上り、大規模改修を大きく上回った。一方、意見・提案では、人口減少や財政難から必要最小限の整備を求める声も目立った。

 現庁舎は、昭和48年8月に竣工。鉄筋コンクリート造、地下1階地上3階で、建築面積は1,390平方メートル。築後45年を経過し、外壁や給配管、暖房設備など経年による老朽化や業務の多様化、情報技術の高度化から狭あい化が目立っている。さらに平成18年の耐震診断で耐震不足が指摘される中、国の調査機関が、今後30年に震度6弱以上の巨大地震の発生確率を80パーセントと予測。耐震性を高める整備は待ったなしの状況となっている。

 アンケートは、本庁舎の機能や整備手法などに対する市民の意見を把握するため今年10月に実施。郵送で行われ、無作為で1,000人を抽出。268人から回答があり、回収率は27.1パーセントだった。

 整備手法については、「建て替え」と「仮庁舎あり」「なし」の大規模改修の3案を示して市民の意向を聞いた結果、「建て替え」を望む声が67.2パーセントと「大規模改修」の16.4パーセントを大きく上回った。

 「建て替え」と答えた人に対して行った「必要な機能や設備」では「ワンストップ窓口や総合案内窓口」と「災害時の応急復旧拠点となる機能」がともに23パーセントと多かったほか、「駐車場のスペース拡充」17.0パーセント、「プライバシーに配慮した窓口や相談室」9.8パーセント、「快適な待合スペース」が9.0パーセント、「自然エネルギーなど環境に配慮した機能」7.6パーセントの順となった。

 また、自由記述では、人口減少や財政難などを背景に「必要最小限」の整備を求める声が多く、中には「お金をかけるな」とストレートな答えもあったほか、「医療、介護、教育など優先順位を考慮すべき」、さらに「駅前に移転することで、駅前の活性化につながり、さまざまな効果を生む」と積極的な声もあった。

 市では、アンケートの結果を踏まえながら、28年11月に設置した本庁舎耐震化等庁内検討会議などで議論を深めていく考えで、石垣雅敏市長は「市民防災意識の高さを感じた。新年度一年を掛けて整備の方向性を示したい」としている。

関連記事

苫小牧民報

東京・恐竜博、むかわ竜大人気 「予想以上に大きい」「すごい発見」

 東京・上野の国立科学博物館で13日に始まった「恐竜博2019」で、初めてむかわ町の外に飛び出し、全国デビューを果たしたハドロサウルス科の恐竜化石「むかわ竜」(通称)。全身8メートル、高さ4メー...

苫小牧民報

ギター製作に熱 道産木材製ブランド立ち上げ目指す-恵庭の鹿川さん

 恵庭市内でギター工房を営む鹿川慎也さん(32)が、製作に熱を込めている。北海道産の木材を使った独自のブランド立ち上げを目指しており、「周囲の人と一緒に楽しんでもらえるギターを作りたい」と目を輝...

十勝毎日新聞

最新農業に注目 管内畑、牧場で分科会 同友会【十勝】

 道中小企業家同友会の全道農業関連部会交流会は12日午後、管内の畑や牧場で分科会を開いた。「畑作の協同経営」「企業連携」など九つのテーマに分かれ、十勝で展開されているスマート農業や先進的な衛生管理...

十勝毎日新聞

協力隊に高津さん 観光客と地域の交流拠点を【更別】

 更別村の地域おこし協力隊として、元本紙記者の高津祐也さん(28)が着任した。産業課に所属し、空き家を活用した観光客や地域住民らが交流できる拠点スペースづくりに取り組んでいる。高津さんは「協力隊員...

十勝毎日新聞

CS推進 町の役割考える 町職員が研修会【幕別】

 今年度からコミュニティ・スクール(CS)を導入した幕別町で12日、職員向け研修会が開かれた。各課の職員が、町内の小中一環教育とCSの取り組みについて理解を深め、所属課としてどのようにCSに関わる...