北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

画家・茂木幹さんの代表作など56点を市に寄贈【根室】

茂木作品を寄贈する(右から)桐澤館長、藍根さん

 11月に閉館した慟哭の森美術館の桐澤享館長(83)、藍根さん(79)夫妻は28日、同美術館に所蔵していた画家の故・茂木幹さんの遺作56点を市に寄贈した。受け取った石垣雅敏市長は「茂木さんは根室画壇の草分け的存在。根室に作品を遺してくれたのはありがたい」と感謝を述べ、今後は市総合文化会館の所蔵美術品として管理する。

 寄贈したのは、茂木作品の画風を象徴する「慟哭の樹」(1958年頃)をはじめ、茂木さんが生前営んでいた歯科医院内で描いたとみられる人物画の「庭」(1939年頃)など56点。この日は市長室へ作品の一部を持ち込み、寄贈セレモニーを行った。

 茂木幹さん(1904~1996年)は、画名を「チヌカルコロ(アイヌ語で北極星)」と名乗り、根室をこよなく愛し野山の風景を500点以上の油彩に遺した。北方の自然と人生の厳しさに対峙してその姿を表現する「慟哭」を絵画の主題として求め、中央画壇からの招きに応じず生涯根室の自然を描き続けた孤高の画家だ。

 美術館は、茂木さんの長女・藍根さんの夫である桐澤館長が平成九年に私設。500点を超える遺作を月替わりで展示し、毎月第2日曜日に開館してきたが、高齢と健康面の不安により11月の最終開館をもって21年間に幕を下ろした。

 残された遺作は、生前ゆかりのあった公共機関や友人、桐澤夫妻の関係者へ譲るなどして数を減らしていたが、大きな作品や代表作は「根室で描き続けた作品たちは、根室に在り続けてほしい」(桐澤館長)との願いがあった。かねてから市に寄贈したいと相談しており、このほど市総合文化会館で受け入れ態勢が整い、念願かなって所蔵美術品として管理されることが決まった。

 桐澤館長は「一番良い形で私たちの手から離れることになった。心から感謝したい」と話し、持ち込んだ作品に関するエピソードを藍根さんと共に市長へ紹介していた。

関連記事

根室新聞

震災建築物の危険度判定を容易に―青年建築士がマニュアル作成【根室】

 根室市内の建築士で作る一般社団法人北海道建築士会根室支部青年委員会(海老名秀貴委員長)は、地震発生時に専門的な知識がなくても施設の安全点検ができる「だれでもわかる震災建築物の簡易危険度判定マ...

根室新聞

24日「別院寄席」地元出身の三遊亭金八さんプロデュース【根室】

 根室出身の落語家・三遊亭金八さんがプロデュースする第17回別院寄席「歌でつづる戦後歌謡史2019」=ポスター写真=が24日、真宗大谷派根室別院会館で開かれる。今年は「歌まね」で史上初めて文化庁芸術祭優秀...

苫小牧民報

6年連続「億トン港」 震災の影響を最小限に

 苫小牧港の2018年(1~12月)の貨物取扱量が速報値ベースで1億744万4278トンとなった。03~08年の記録と並ぶ6年連続の1億トン超え。ただ、昨年9月に起きた胆振東部地震の影響で前年比...

日高報知新聞

漁業とアザラシの共存を【えりも】

【えりも】日高振興局は17日、日高山脈襟裳国定公園の観光拠点、襟裳岬・風の館で「親子で考えよう!ゼニガタアザラシ学習観察会」を開き、管内7町から親子44人が参加した。岬に棲むゼニガタアザラシの生態...

日高報知新聞

管内7校で388人が合格

 18日は道内公立高校の合格発表日。日高管内でも午前10時に全日制6校、定時制1校で一斉に合格発表が行われ、全日制381人と定時制7人の計388人(前年421人)が合格の栄冠を勝ち取った。  各...