北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

画家・茂木幹さんの代表作など56点を市に寄贈【根室】

茂木作品を寄贈する(右から)桐澤館長、藍根さん

 11月に閉館した慟哭の森美術館の桐澤享館長(83)、藍根さん(79)夫妻は28日、同美術館に所蔵していた画家の故・茂木幹さんの遺作56点を市に寄贈した。受け取った石垣雅敏市長は「茂木さんは根室画壇の草分け的存在。根室に作品を遺してくれたのはありがたい」と感謝を述べ、今後は市総合文化会館の所蔵美術品として管理する。

 寄贈したのは、茂木作品の画風を象徴する「慟哭の樹」(1958年頃)をはじめ、茂木さんが生前営んでいた歯科医院内で描いたとみられる人物画の「庭」(1939年頃)など56点。この日は市長室へ作品の一部を持ち込み、寄贈セレモニーを行った。

 茂木幹さん(1904~1996年)は、画名を「チヌカルコロ(アイヌ語で北極星)」と名乗り、根室をこよなく愛し野山の風景を500点以上の油彩に遺した。北方の自然と人生の厳しさに対峙してその姿を表現する「慟哭」を絵画の主題として求め、中央画壇からの招きに応じず生涯根室の自然を描き続けた孤高の画家だ。

 美術館は、茂木さんの長女・藍根さんの夫である桐澤館長が平成九年に私設。500点を超える遺作を月替わりで展示し、毎月第2日曜日に開館してきたが、高齢と健康面の不安により11月の最終開館をもって21年間に幕を下ろした。

 残された遺作は、生前ゆかりのあった公共機関や友人、桐澤夫妻の関係者へ譲るなどして数を減らしていたが、大きな作品や代表作は「根室で描き続けた作品たちは、根室に在り続けてほしい」(桐澤館長)との願いがあった。かねてから市に寄贈したいと相談しており、このほど市総合文化会館で受け入れ態勢が整い、念願かなって所蔵美術品として管理されることが決まった。

 桐澤館長は「一番良い形で私たちの手から離れることになった。心から感謝したい」と話し、持ち込んだ作品に関するエピソードを藍根さんと共に市長へ紹介していた。

関連記事

苫小牧民報

東京・恐竜博、むかわ竜大人気 「予想以上に大きい」「すごい発見」

 東京・上野の国立科学博物館で13日に始まった「恐竜博2019」で、初めてむかわ町の外に飛び出し、全国デビューを果たしたハドロサウルス科の恐竜化石「むかわ竜」(通称)。全身8メートル、高さ4メー...

苫小牧民報

ギター製作に熱 道産木材製ブランド立ち上げ目指す-恵庭の鹿川さん

 恵庭市内でギター工房を営む鹿川慎也さん(32)が、製作に熱を込めている。北海道産の木材を使った独自のブランド立ち上げを目指しており、「周囲の人と一緒に楽しんでもらえるギターを作りたい」と目を輝...

十勝毎日新聞

最新農業に注目 管内畑、牧場で分科会 同友会【十勝】

 道中小企業家同友会の全道農業関連部会交流会は12日午後、管内の畑や牧場で分科会を開いた。「畑作の協同経営」「企業連携」など九つのテーマに分かれ、十勝で展開されているスマート農業や先進的な衛生管理...

十勝毎日新聞

協力隊に高津さん 観光客と地域の交流拠点を【更別】

 更別村の地域おこし協力隊として、元本紙記者の高津祐也さん(28)が着任した。産業課に所属し、空き家を活用した観光客や地域住民らが交流できる拠点スペースづくりに取り組んでいる。高津さんは「協力隊員...

十勝毎日新聞

CS推進 町の役割考える 町職員が研修会【幕別】

 今年度からコミュニティ・スクール(CS)を導入した幕別町で12日、職員向け研修会が開かれた。各課の職員が、町内の小中一環教育とCSの取り組みについて理解を深め、所属課としてどのようにCSに関わる...