北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

画家・茂木幹さんの代表作など56点を市に寄贈【根室】

茂木作品を寄贈する(右から)桐澤館長、藍根さん

 11月に閉館した慟哭の森美術館の桐澤享館長(83)、藍根さん(79)夫妻は28日、同美術館に所蔵していた画家の故・茂木幹さんの遺作56点を市に寄贈した。受け取った石垣雅敏市長は「茂木さんは根室画壇の草分け的存在。根室に作品を遺してくれたのはありがたい」と感謝を述べ、今後は市総合文化会館の所蔵美術品として管理する。

 寄贈したのは、茂木作品の画風を象徴する「慟哭の樹」(1958年頃)をはじめ、茂木さんが生前営んでいた歯科医院内で描いたとみられる人物画の「庭」(1939年頃)など56点。この日は市長室へ作品の一部を持ち込み、寄贈セレモニーを行った。

 茂木幹さん(1904~1996年)は、画名を「チヌカルコロ(アイヌ語で北極星)」と名乗り、根室をこよなく愛し野山の風景を500点以上の油彩に遺した。北方の自然と人生の厳しさに対峙してその姿を表現する「慟哭」を絵画の主題として求め、中央画壇からの招きに応じず生涯根室の自然を描き続けた孤高の画家だ。

 美術館は、茂木さんの長女・藍根さんの夫である桐澤館長が平成九年に私設。500点を超える遺作を月替わりで展示し、毎月第2日曜日に開館してきたが、高齢と健康面の不安により11月の最終開館をもって21年間に幕を下ろした。

 残された遺作は、生前ゆかりのあった公共機関や友人、桐澤夫妻の関係者へ譲るなどして数を減らしていたが、大きな作品や代表作は「根室で描き続けた作品たちは、根室に在り続けてほしい」(桐澤館長)との願いがあった。かねてから市に寄贈したいと相談しており、このほど市総合文化会館で受け入れ態勢が整い、念願かなって所蔵美術品として管理されることが決まった。

 桐澤館長は「一番良い形で私たちの手から離れることになった。心から感謝したい」と話し、持ち込んだ作品に関するエピソードを藍根さんと共に市長へ紹介していた。

関連記事

日高報知新聞

災害乗り越え実績上げる【平取】

【平取】びらとり野菜生産振興会トマト・胡瓜部会(石浦政司部会長、会員163人)の第30回定期総会と反省会が18日、びらとり農協本所2階大会議室で開かれた。  開会で石浦部会長は「5月の連休前の大雪、...

根室新聞

胆振東部地震から復興を支援 緑町商店街が応援セール【根室】

 緑町商店街振興組合(日沼茂人理事長)は2月2、3日の2日間、胆振東部地震の商店街を応援する「心を一つに!北海道胆振東部地震復興支援応援セール」=ポスター写真=を市内緑町のまちなかサロン恋問で開催...

日高報知新聞

信号機倒し通行止め【新ひだか】

【新ひだか】18日午後0時10分ごろ、新ひだか町春立の国道235号で、コンクリートミキサー車が信号機に接触し、信号機が根元から折れ曲がって道路を塞ぐ事故が発生した。幸い、けが人はいなかったものの、国道...

根室新聞

混声合唱団クール・エコー 創立50周年記念演奏会開く【根室】

 根室混声合唱団クール・エコー(田村昌也団長)は20日、創立50周年を記念した演奏会を市総合文化会館で開いた。約200人が来場し、同団のほか、ゲスト出演したOB、OGや子どもたちの歌声が会場に響いた。...

根室新聞

世代超えて親睦 第88回芭蕉同窓会開く【根室】

 根室高等学校の卒業生で組織する芭蕉同窓会(松浦宗信会長)は20日、第88回総会及び親睦会を根室グランドホテルで開いた。卒業生や関係者など約350人が出席し、総会では伝統ある3つの校歌を高らかに斉唱。...