北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

ホロカヤントーでワカサギ釣り解禁 大樹

ワカサギ釣りを楽しむ来場者

 ホロカヤントー(大樹町晩成)で28日、ワカサギ釣りが解禁された。初日は早朝から愛好者が氷に糸を垂らし魚を釣り上げていた。昨年より1日早い解禁。沼は一部を除いて15センチ以上結氷している。

 初日は厳しい寒さの中、氷上に色とりどりのテントが並び、3時間で150匹近く釣り上げる人も。帯広市内から瓜屋譲さん(70)と訪れた男子児童(12)=帯広明和小6年=は「ワカサギ釣りは初めて。魚の力は思ったより強くて、釣れると楽しい」と手応えを楽しんでいた。

 時間は午前5時~午後4時。遊漁料は中学生以上700円、小学生300円。年末年始も入場できる。天候不良の場合は営業しない。期間は氷の状況次第で、昨シーズンは2月26日まで営業した。問い合わせはホロカヤントー管理棟(01558・7・8866)へ。

関連記事

室蘭民報

室蘭地方 つり情報

■幌別沖 ソウハチ、30センチ前後、クーラー 14日の釣果、水深100メートルライン、タナ20~30メートル、群れが濃く沖上がりまで入れ食いが続いている エルムV(室蘭港)090-3118-6...

苫小牧民報

苫西港、アブラコ活性低い

苫小牧~白老沖 サクラマス 水深110メートル前後。タナは日によって異なる。1人5匹ほど。今のところ昨年より状況はよい。 苫小牧西港(東埠頭) チカ 12~13センチ。0~5匹。釣果は少な...

十勝毎日新聞

十勝からの情報(1月13日ごろ)

■大津沖 ▽サクラマス800グラム~2キロで2~10匹。 ■静内沖 ▽ソウハチガレイ25~35センチ、300匹ほど。型は小さめだが、12日午前は3時間ほどで大漁。30~35センチ、80~150匹。1...

釧路新聞

釧路、根室の情報

 【釧路沖】 船が出ればタラ、ホッケ、ソイ、ヤナギノマイが釣れる。   【釧路川】 中流域でアメマスがポツポツと釣れる。   【阿寒湖】 ワカサギが好調。3桁釣りの人も多い。 【塘路湖】 ワ...

室蘭民報

室蘭地方 つり情報

今週の各地の釣況の更新はありません