北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

丸井栄餅で鏡餅作り アルバイトら大忙し

 2018年も終わりに近づき、函館市内の餅店では新年用の鏡餅作りに追われている。創業1900(明治33)年の老舗餅店「丸井栄餅」(栄町5、佐藤秀昭社長)は、社員と臨時アルバイト5人が穏やかな新年を願い餅作りに精を出す。  同店は例年、26日ごろに準備を始める。毎日早朝から、竹ざるでコメを研いで餅をつき、出来立ての餅を手際よく切り分けて丸めていく。今年は、29日時点で道南の家庭や企業などから約400件の注文があったという。  もち米には毎年、岩手県産「ヒメノモチ」を使用。佐藤社長は「柔らかい道産のもち米と、こしが強く“餅の王様”とも名高い『コガネモチ』の中間の品種」と説明し「ヒメノモチはここ数年かなりいい出来だが、今年はその中でも特に上質」と太鼓判を押す。  同店で臨時アルバイトとして13年間、鏡餅を作り続けている小野孝太さん(33)は「大学生のとき、年末に短期間で働けるアルバイトを見つけて応募したのがきっかけ。仕事は毎年大変だけど、皆さん優しいので楽しく頑張っています」と笑う。  年内は31日正午ごろまで営業。仕事始めは1月7日。

新年用の鏡餅作りに追われる「丸井栄餅」

関連記事

根室新聞

代替漁業のサケマス曳網船が出漁【根室】

 ロシア200カイリ内サケ・マス流し網禁止に伴う代替漁業で、曳網による試験操業を行う富山県鮭鱒漁協所属の「第68善龍丸」(乗組員17人、199トン)が26日午前、花咲港から漁場を目指して出漁し...

根室新聞

観測史上最高 猛暑日迫る34度に【根室】

 全道的に猛暑となった26日、根室でも気温が一気に30度を超えて猛暑日に迫る340度まで上がり、明治12年7月に根室で気象観測が開始されて以来、観測史上最高を更新した。この暑さで熱中症による救急搬...

根室新聞

第7回「歯舞おさかな祭り」大盛況【根室】

 地域を挙げて各種振興事業に取り組む歯舞地区マリンビジョン協議会(会長・小倉啓一歯舞漁協組合長)主催の第7回「歯舞おさかな祭り」が26日、同漁港中央市場内・屋根付き岸壁で開催された。天候に恵ま...

日高報知新聞

「すずらん観賞会」開幕【平取】

【平取】平取町観光協会主催の「平取町すずらん観賞会」が25日、芽生(めむ)地区のスズラン群生地で開幕した。スズランは無数の花芽を付け、日当たりの良い場所ではつぼみが大きくなり始め、会場内は甘い香...

日高報知新聞

棺掛けやタペストリーなど【浦河】

 浦河町常盤町の手作り家具とカフェの店ガーデンソングで、「アイヌの手仕事展」が開かれている。31日まで。  出品は月に2回(不定期)、堺町生活館で開かれている「ネコンネ(手仕事)教室」の深沢み...