北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

丸井栄餅で鏡餅作り アルバイトら大忙し

 2018年も終わりに近づき、函館市内の餅店では新年用の鏡餅作りに追われている。創業1900(明治33)年の老舗餅店「丸井栄餅」(栄町5、佐藤秀昭社長)は、社員と臨時アルバイト5人が穏やかな新年を願い餅作りに精を出す。  同店は例年、26日ごろに準備を始める。毎日早朝から、竹ざるでコメを研いで餅をつき、出来立ての餅を手際よく切り分けて丸めていく。今年は、29日時点で道南の家庭や企業などから約400件の注文があったという。  もち米には毎年、岩手県産「ヒメノモチ」を使用。佐藤社長は「柔らかい道産のもち米と、こしが強く“餅の王様”とも名高い『コガネモチ』の中間の品種」と説明し「ヒメノモチはここ数年かなりいい出来だが、今年はその中でも特に上質」と太鼓判を押す。  同店で臨時アルバイトとして13年間、鏡餅を作り続けている小野孝太さん(33)は「大学生のとき、年末に短期間で働けるアルバイトを見つけて応募したのがきっかけ。仕事は毎年大変だけど、皆さん優しいので楽しく頑張っています」と笑う。  年内は31日正午ごろまで営業。仕事始めは1月7日。

新年用の鏡餅作りに追われる「丸井栄餅」

関連記事

日高報知新聞

災害乗り越え実績上げる【平取】

【平取】びらとり野菜生産振興会トマト・胡瓜部会(石浦政司部会長、会員163人)の第30回定期総会と反省会が18日、びらとり農協本所2階大会議室で開かれた。  開会で石浦部会長は「5月の連休前の大雪、...

根室新聞

胆振東部地震から復興を支援 緑町商店街が応援セール【根室】

 緑町商店街振興組合(日沼茂人理事長)は2月2、3日の2日間、胆振東部地震の商店街を応援する「心を一つに!北海道胆振東部地震復興支援応援セール」=ポスター写真=を市内緑町のまちなかサロン恋問で開催...

日高報知新聞

信号機倒し通行止め【新ひだか】

【新ひだか】18日午後0時10分ごろ、新ひだか町春立の国道235号で、コンクリートミキサー車が信号機に接触し、信号機が根元から折れ曲がって道路を塞ぐ事故が発生した。幸い、けが人はいなかったものの、国道...

根室新聞

混声合唱団クール・エコー 創立50周年記念演奏会開く【根室】

 根室混声合唱団クール・エコー(田村昌也団長)は20日、創立50周年を記念した演奏会を市総合文化会館で開いた。約200人が来場し、同団のほか、ゲスト出演したOB、OGや子どもたちの歌声が会場に響いた。...

根室新聞

世代超えて親睦 第88回芭蕉同窓会開く【根室】

 根室高等学校の卒業生で組織する芭蕉同窓会(松浦宗信会長)は20日、第88回総会及び親睦会を根室グランドホテルで開いた。卒業生や関係者など約350人が出席し、総会では伝統ある3つの校歌を高らかに斉唱。...