北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

永原選手「結果で恩返しを」 世界バド優勝祝賀会【帯広】

笑顔で集合写真に収まる永原和可那選手(前列中央)

 バドミントン世界選手権(8月)で日本勢として41年ぶりに金メダルを獲得した芽室町出身の永原和可那選手(22)=北都銀行-青森山田高、芽室中出=の優勝を祝う会(十勝バドミントン協会主催)が29日、帯広市内のアパホテル帯広駅前で開かれた。同級生や十勝のバドミントン関係者ら約60人の祝福を受け、永原選手は「結果で恩返しをしたい」と2020年の東京五輪出場への意欲を新たにした。

 十勝バドミントン協会の森田精一会長が「世界に羽ばたいて後輩たちに夢を与えてくれている。来年も大きな大会が控えているので、体に気を付けてこれからも頑張ってほしい」とあいさつ。永原選手のジュニア時代の指導者だった青山和彦副会長は「小学6年生の時から集中力が高かった」と当時を振り返った。

 永原選手は「世界選手権で優勝できたが、最終目標は東京五輪で金メダルを取ること。来年5月から始まる五輪レースに向けて頑張っていく」と謝辞を述べた。

 林浩史副会長(十勝毎日新聞社社長)の乾杯の音頭で祝宴に入り、永原選手が芽室町少年団でプレーする当時の様子や高校時代のインターハイの試合など、世界選手権優勝までの軌跡をまとめたビテオ映像がモニターに映し出され、参列者の会話も盛り上がりを見せた。最後に赤川賢二名誉会長の一本締めで散会した。

 永原選手は「感無量というか、感謝しきれない気持ちでいっぱい。結果で恩返しできればと思う。来年は自分の夢に向かって勝負の年になる。不安もあるが、そこは2人(ダブルスのペアの松本麻佑選手=北都銀行=)で乗り越えながら挑戦して頑張りたい」と話した。

 来年1月5日まで芽室町内の実家で過ごし、6日から北都銀行の東京合宿に臨む。

関連記事

根室新聞

代替漁業のサケマス曳網船が出漁【根室】

 ロシア200カイリ内サケ・マス流し網禁止に伴う代替漁業で、曳網による試験操業を行う富山県鮭鱒漁協所属の「第68善龍丸」(乗組員17人、199トン)が26日午前、花咲港から漁場を目指して出漁し...

根室新聞

観測史上最高 猛暑日迫る34度に【根室】

 全道的に猛暑となった26日、根室でも気温が一気に30度を超えて猛暑日に迫る340度まで上がり、明治12年7月に根室で気象観測が開始されて以来、観測史上最高を更新した。この暑さで熱中症による救急搬...

根室新聞

第7回「歯舞おさかな祭り」大盛況【根室】

 地域を挙げて各種振興事業に取り組む歯舞地区マリンビジョン協議会(会長・小倉啓一歯舞漁協組合長)主催の第7回「歯舞おさかな祭り」が26日、同漁港中央市場内・屋根付き岸壁で開催された。天候に恵ま...

日高報知新聞

「すずらん観賞会」開幕【平取】

【平取】平取町観光協会主催の「平取町すずらん観賞会」が25日、芽生(めむ)地区のスズラン群生地で開幕した。スズランは無数の花芽を付け、日当たりの良い場所ではつぼみが大きくなり始め、会場内は甘い香...

日高報知新聞

棺掛けやタペストリーなど【浦河】

 浦河町常盤町の手作り家具とカフェの店ガーデンソングで、「アイヌの手仕事展」が開かれている。31日まで。  出品は月に2回(不定期)、堺町生活館で開かれている「ネコンネ(手仕事)教室」の深沢み...