北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

厚真神社に未明から参拝客 「安心して暮らせる一年に」

初詣で復興などを願った参拝客=1日、厚真町の厚真神社

 昨年9月6日未明の震度7の大地震で、直径約50センチの柱が真っ二つに折れ、高さ約6メートルの大鳥居が倒壊した厚真神社。社殿内の柱が傾いたほか、住居を兼ねた社務所も大きな被害を受けた。

 氷点下の昨年12月31日深夜、同神社では復興祈願祭が行われ、禰宜(ねぎ)の中村昇洋さん(41)ら地元住民約50人が参列。地震で命を落とした町民を慰霊するとともに地域の復旧、復興を願った。

 1日未明になると、参拝客が続々と訪問。さい銭箱に小銭を投げ入れ、鈴を鳴らし手を合わせた。家族4人で訪れた同町東和の主婦橋場亜紀さん(41)は自宅が半壊。「今年は安心して暮らせる一年になってほしい」と白い息を吐いた。厚真中央小に通う息子の太一君(8)は「野球を頑張りたい」と笑顔で目標を語った。

 境内には、地元ボランティアがホットミルクを振る舞うコーナーがお目見え。配布を手伝った同町新町の宮本ひろ子さん(70)は、地震の影響で避難所生活を約1カ月間続けた。「今年は穏やかで幸せな暮らしが厚真に戻り、みんなが前向きに進むことができれば」と期待を込めた。

関連記事

根室新聞

震災建築物の危険度判定を容易に―青年建築士がマニュアル作成【根室】

 根室市内の建築士で作る一般社団法人北海道建築士会根室支部青年委員会(海老名秀貴委員長)は、地震発生時に専門的な知識がなくても施設の安全点検ができる「だれでもわかる震災建築物の簡易危険度判定マ...

根室新聞

24日「別院寄席」地元出身の三遊亭金八さんプロデュース【根室】

 根室出身の落語家・三遊亭金八さんがプロデュースする第17回別院寄席「歌でつづる戦後歌謡史2019」=ポスター写真=が24日、真宗大谷派根室別院会館で開かれる。今年は「歌まね」で史上初めて文化庁芸術祭優秀...

苫小牧民報

6年連続「億トン港」 震災の影響を最小限に

 苫小牧港の2018年(1~12月)の貨物取扱量が速報値ベースで1億744万4278トンとなった。03~08年の記録と並ぶ6年連続の1億トン超え。ただ、昨年9月に起きた胆振東部地震の影響で前年比...

日高報知新聞

漁業とアザラシの共存を【えりも】

【えりも】日高振興局は17日、日高山脈襟裳国定公園の観光拠点、襟裳岬・風の館で「親子で考えよう!ゼニガタアザラシ学習観察会」を開き、管内7町から親子44人が参加した。岬に棲むゼニガタアザラシの生態...

日高報知新聞

管内7校で388人が合格

 18日は道内公立高校の合格発表日。日高管内でも午前10時に全日制6校、定時制1校で一斉に合格発表が行われ、全日制381人と定時制7人の計388人(前年421人)が合格の栄冠を勝ち取った。  各...