北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

〝奇跡のケーキ屋〟大濱さんが出版 成功の秘訣盛り込む【函館】

「いろいろな人に読んでほしい」と呼び掛ける大濱代表

 函館市弥生町3の菓子店「アンジェリックヴォヤージュ」の大濱史生代表(46)がこのほど、「行列のできる奇跡のケーキ屋さん」(発行・信長出版、発売・サンクチュアリ出版)を出版した。資金ゼロから人気店として成功するまでの苦労話や失敗談などを盛り込んだ内容で「お金をかけずに独立する方法」のノウハウを解説している。

 大濱代表は2008年12月、資金約20万円で店をオープン。業務用のショーケースやオーブンの購入はさらに費用がかかるため、冷凍庫とミキサーがあればできるスイーツ「ショコラ・ヴォヤージュ」を開発し、こだわり抜いた1品のみを販売することを決めた。昼間は菓子店でアルバイトに励む傍ら、空いた時間を使って商品の製造にいそしんだ。店頭販売は行わず、妻の奈津子さん(38)が観光地で試食販売をすることから始め、約3カ月後には口コミで人気が広がり、製造に追われるようになったエピソードなどをつづっている。

 「1冊の本で僕の人生が変わったのがきっかけで、前から本を出したかった」という大濱代表。「今あるものだけで目の前の人を喜ばせることができる。シンプルで簡単なことだということを伝えたい」と力を込める。

 本は、商品の誕生秘話や店のつくり方マニュアルなど全5章から構成。「記憶に残る商品を提供する」や「トレンドを意識しない」など、行列ができる8つの秘密を明かしている。大濱代表は「ケーキ屋に限らずこれから独立を考えている人、ケーキ屋に憧れている人、これから起業する人などいろいろな人に読んでほしい」と話している。

 191ページ、1400円(税別)。市内の書店で販売している。店頭にない場合は書店で注文を受け付ける。

関連記事

日高報知新聞

たてがみ切られる【浦河】

 浦河町西舎のうらかわ優駿ビレッジアエルで引退名馬としてけい養し、一般公開しているダービー馬のウイニングチケットのたてがみの一部が切り取られた。アエル乗馬課では「13日から14日朝までの間と思われ...

日高報知新聞

日高町の「タコロッケ」【日高】

【日高】6、7、8の3日間、札幌ドームで開かれた日本ハム応援大使企画「第10回なまらうまいっしょ!グランプリ」で、日高町商工会青年部(中口聖太部長)考案の新メニュー「タコロッケ」が見事グランプリ...

根室新聞

「クナシリ・メナシの戦い」無念の最期を遂げたアイヌ民族先祖を供養【根室】

 1789年(寛政元年)の「クナシリ・メナシの戦い」で、蜂起した首謀者として当時の松前藩によって処刑された37人のアイヌを供養するノツカマップ・イチャルパ(供養祭)が15日、市内牧の内のノツカ...

根室新聞

21、22日「さんま祭り」縮小開催 炭火焼きは例年どおり【根室】

 記録的な不漁が続く道東沖サンマ漁は、今週末(21、22日)に開かれる第27回根室さんま祭り(田家徹実行委員長)にも大きな影を落としている。一昨年の不漁時には「日本一の産地の心意気」(田家実行委員...

苫小牧民報

秋サケ漁 回復傾向に 胆振太平洋海域─今後に期待

 今月1日から始まった胆振太平洋海域(室蘭―むかわ)の秋サケ定置網漁の漁獲量が上向き始めた。苫小牧漁協は解禁直後、日量1トン未満で推移していたが、14日から回復し、10トン近くを水揚げする日もある...