北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

「北の残響 ~シャクシャイン伝」【新ひだか】

【新ひだか】アイヌ民族の長・シャクシャインの生涯を描いたコミック本「北の残響~シャクシャイン伝~」(財界さっぽろ出版)が全道の書店などで販売されている。不動産賃貸業や施設管理、店舗経営などを手掛けるプライム(木原廣社長)=静内木場町1=が監修した。

「北の残響~シャクシ ャイン伝~」を監修したプライムの木原社長

 同作品は、さまざまな文献を参考にした有光涼さんの原作をもとに、漫画家のやまだとろぴーさんと空水ららさんが描いた。

 アイヌ民族は文字を持たず、過去の歴史を書き残す文化がなかったため、シャクシャインの生涯については詳しくは分かっていない。

 作品では、アブラコマコタン(えりも町油駒付近にあったアイヌの集落)で生まれ、十勝や石狩地方での活躍する若き日の姿、シベチャリ(新ひだか町静内付近)を拠点に松前藩と戦い、非業の最期を遂げるまでを史実とフィクションを交えながら生き生きと描いている。

 また、作中に出てくるアイヌ語の意味、アイヌの信仰や結婚、当時の時代背景などの解説も分かりやすくまとめられており、アイヌ民族をより身近に感じることができる。

 出版に向けては、平成22年5月に新千歳空港国際線ターミナルでアイヌ文化を紹介した際、展示実現に向けて貢献したとして、北海道アイヌ協会から感謝状を贈られたプライムが、新しいシャクシャイン像の完成に合わせて、シャクシャインのことを広く道民に知ってもらおうと財界さっぽろにコミック本の出版を持ちかけ、アイヌのしきたりや文様などを監修した。

 木原社長は「シャクシャインは、アイヌ民族が大変なときにみんなをまとめ上げた人。孫に見せても分かりやすくて良い本に仕上がった」と話している。

 B6判、216㌻。価格は650円(税別)。

関連記事

函館新聞

はこだて国際科学祭が開幕 食テーマに11回目【函館】

 楽しみながら科学と社会の関係を考える「はこだて国際科学祭」(サイエンス・サポート函館主催)が17日、五稜郭タワーアトリウムを主会場に始まった。11回目の今年は「『食』が育む、函館の未来。」をテ...

函館新聞

秋のバル街9月1日 過去2番目76店が参加【函館】

 函館市西部地区をスペインの立ち飲み居酒屋「バル」に見立て、はしご酒を楽しむイベント「函館西部地区バル街」(実行委主催)が9月1日、同地区で開かれる。秋のバル街としては最も早い開催で、過去2番目...

根室新聞

写友会が写真展 24日まで【根室】

 市内の写真サークル「写友会」(小林正輔会長)の写真展が17日、市総合文化会館エントランスホールで始まった。会員5人が各10作品を展示し、野生動物や自然現象を切り取った写真でカメラテクニックを...

根室新聞

参院選10代投票率 過去最低に【根室】

 7月21日に投開票が行われた第25回参議院議員通常選挙の根室市内の10代(18、19歳)の投票率は2282パーセントで、18歳選挙権が導入された平成28年の第24回参院選以降の各級選挙を通じて、...

苫小牧民報

モデルの椿梨央さんサプライズで始球式 太陽杯軟式全道少年野球胆振支部予選..

 太陽グループ杯争奪第26回全道少年軟式野球選抜大会胆振支部予選大会は17日午前、苫小牧市営少年野球場で開幕した。2日間にわたって胆振地区の小学生たちが全道大会への1枠を懸けてトーナメント戦を繰...