北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

〝猪突猛進”の年に【新ひだか】

【新ひだか】町内主要団体が主催する新年交礼会が5日夜、町公民館で開かれ、企業や各団体、自衛隊、町、町議会など各界関係者約250人が出席し、新年の幕開けを祝った。

 交礼会は町商工会が幹事となり、しずない、みついし両農協とひだか漁協、日高中部森林組合、日高軽種馬農協、町が実施している新春恒例の集い。

 主催者を代表して河原秀幸商工会長が「われわれは地域の中心となり、地域経済をけん引し、引き続き景気回復を期待している。今年の亥年が〝猪突猛進〟の年となるよう、皆さんと力を合わせていきたい」とあいさつ。

 大野克之町長は、道職員としてホッカイドウ競馬の改革に携わってきた経験から「改革はすぐにできるものではない。いろいろな段取りをし、理解を得ながら、いろいろなところに話をしながら、最終的に実行していくもの。大きな改革であればあるほど、時間を掛けながら周到な準備をしてから行う必要がある」とし、「今のこの町は色で言うと灰色。その灰色を1回白くして、そこに町民一人ひとりがいろいろな色付けをして、きれいな色に仕上げていきたいと思っている」と決意を込めた年頭あいさつ。

 来賓の堀井学、山岡達丸両衆議、藤沢澄雄、金岩武吉両道議、松浦英則日高振興局長がそれぞれ新年の展望に期待を込めてあいさつした。

 しずない農協の西村和夫組合長は「今年1年、それぞれの皆さんの立場で心豊かなまちづくりに一生懸命働いていただきたい。1年頑張りましょう」と音頭をとって乾杯し、出席者たちは和やかに歓談。祝宴として静内染退太鼓の演奏を楽しんでいた。

関連記事

根室新聞

震災建築物の危険度判定を容易に―青年建築士がマニュアル作成【根室】

 根室市内の建築士で作る一般社団法人北海道建築士会根室支部青年委員会(海老名秀貴委員長)は、地震発生時に専門的な知識がなくても施設の安全点検ができる「だれでもわかる震災建築物の簡易危険度判定マ...

根室新聞

24日「別院寄席」地元出身の三遊亭金八さんプロデュース【根室】

 根室出身の落語家・三遊亭金八さんがプロデュースする第17回別院寄席「歌でつづる戦後歌謡史2019」=ポスター写真=が24日、真宗大谷派根室別院会館で開かれる。今年は「歌まね」で史上初めて文化庁芸術祭優秀...

苫小牧民報

6年連続「億トン港」 震災の影響を最小限に

 苫小牧港の2018年(1~12月)の貨物取扱量が速報値ベースで1億744万4278トンとなった。03~08年の記録と並ぶ6年連続の1億トン超え。ただ、昨年9月に起きた胆振東部地震の影響で前年比...

日高報知新聞

漁業とアザラシの共存を【えりも】

【えりも】日高振興局は17日、日高山脈襟裳国定公園の観光拠点、襟裳岬・風の館で「親子で考えよう!ゼニガタアザラシ学習観察会」を開き、管内7町から親子44人が参加した。岬に棲むゼニガタアザラシの生態...

日高報知新聞

管内7校で388人が合格

 18日は道内公立高校の合格発表日。日高管内でも午前10時に全日制6校、定時制1校で一斉に合格発表が行われ、全日制381人と定時制7人の計388人(前年421人)が合格の栄冠を勝ち取った。  各...