北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

ジャンプ、コンバインドで熱戦・北海道スキー選手権【名寄】

ジャンプ女子組2位と健闘した勢藤選手のフォーム

 第74回北海道スキー選手権大会(ジャンプ・コンバインド競技)が8日、ピヤシリシャンツェノーマルヒル(HS100、K点90メートル)、なよろ健康の森クロスカントリー競技場(10キロ)で開かれた。地元下川勢が健闘し、ジャンプ競技女子組は勢藤理桜選手(下川商業高校)が1本目86メートル、2本目85・5メートルを飛び2位。ノルディックコンバインドでは、千葉悠希選手(下川商業高校)が少年組(高校南・北)で2位に輝いた。

 ジャンプ競技には、男女合わせて36人(成年A・B、少年)、ノルディックコンバインドには12人(成年A、少年)が出場。競技中は終始降雪に見舞われるコンディションとなったが、ジャンプ競技では選手一人一人が練習成果を発揮し、果敢な飛躍を披露。女子組では、岩佐明香選手(日本大学)が1本目86メートル、2本目86・5メートルの206・0点で優勝。勢藤選手は岩佐選手にわずか1点差で2位。津志田雛さん(下川ジャンプ少年団)が4位、中山和さん(同)が5位。男子組は清水礼留飛選手(雪印メグミルクスキー部)が1本目92・5メートル、2本目91メートルの232・5点で優勝。少年組で地元の工藤漱太選手(下川商業高校)が4位、二階堂蓮選手(同)が5位。成年A組で安澤翔一選手(名寄ジャンプクラブ)が7位となった。

 ノルディックコンバインドでは、前半ジャンプを2位で折り返した尾形優也選手(東海大学)が、クロスカントリーでも安定した走りを見せて総合優勝。高校北クラスに唯一の出場となった下川商業高校の千葉選手は、前半ジャンプを成年・高校南北も合わせた総合9位で折り返し。後半クロスカントリーは、持ち前のスタミナとスピードを発揮して1位のタイムで駆け抜け、少年組で2位、総合では4位に輝く健闘を見せた。

関連記事

苫小牧民報

日本を代表する選手を 駒大苫高女子硬式野球部、監督・ユニホーム発表

 駒大苫小牧高校(笹嶋清治校長)は20日、来年4月に創部する女子硬式野球部の監督就任の決定とユニホーム発表の記者会見を同校で開いた。監督に決まった茶木圭介男子野球部副部長(41)は「女子野球の発...

苫小牧民報

豪空軍の戦闘機到着 日豪共同訓練、関係の成長と強化を-空自千歳基地

 航空自衛隊がオーストラリア空軍と国内を拠点に実施する初の日豪共同訓練、「武士道ガーディアン19」に参加する豪空軍戦闘機6機が20日、航空自衛隊千歳基地に到着した。同基地で出迎え行事が行われ、豪...

苫小牧民報

熱く応援、快勝に歓声 ラグビーW杯、新千歳でPV

 新千歳空港の旅客ビル会社、新千歳空港ターミナルビルディングは20日、開幕したラグビーワールドカップ日本大会の日本―ロシア戦のパブリックビューイング(PV)を国内線ターミナルビル4階の映画館「新千...

日高報知新聞

野々村社長の予想も【日高】

【日高】「北海道コンサドーレ札幌DAY」が17日、ホッカイドウ競馬開催中の門別競馬場で開かれた。  当日のレースは12R北海道コンサドーレ札幌特別、2Rドーレくん賞、4R宮の沢白い恋人サッカー場...

日高報知新聞

小学生42人が参加し【浦河】

 自然体験事業「うらかわサマーキャンプ」が14、15の両日、浦河町野深の自然体験実習館「柏陽館」で開かれた。  町内の小学校3~6年生42人(男子15人、女子27人)が参加して学校間交流や自然体験学習...