北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

試験放流始まり、見学会開催・サンルダム【下川】

ダムの試験放水を間近で見学した参加者たち

 町内で建設中の国直轄サンルダムは、3日に試験湛水(たんすい)で最高水位に到達、試験放流が始まった。8日には旭川開発建設部サンルダム建設事業所(正国之弘所長)主催で、放流の見学会が開かれた。

 サンルダムは、合理化を図った「台形CSGダム」で堤高46メートル、堤頂350メートル、総貯水容量5720万立方メートル。治水、利水の他、ほくでんエコエナジーで水力発電(最大1100kW)も行う。2014年から本体に着工。昨年6月29日から試験湛水を開始した。試験湛水は、ダムの本運用前に貯水位を上昇、下降させ、ダム堤体、基礎地盤、貯水池周辺の地山などの安全性を確認するもの。3日午前8時に洪水時に到達可能性がある最高の水位(標高179・22メートル)に到達。4日午前0時には、ダム堤頂部に設置された非常用洪水吐からの越流(試験放流)が始まった。9日には放水量を増やして少しずつ水位を下げ、今月下旬に平常水位まで下がる見込み。ダムや周辺の安全性が確認できれば試験完了。平常水位で保ち運用となる。

 8日には、サンルダム建設事業所(町内西町)から往復するバスを4便出し、ダム堤体下流からの試験放流見学会が開かれた。最高水位からの放流は本来「100年に一度あるかないか」といわれる大規模な洪水時に起こるため、試験時でなければ見られない。貴重な瞬間を一目見ようと、午前2便に33人が参加。ダムから大きな滝のように「ゴゴゴ…」と音を響かせる放流を眺め、目に焼き付けていた。

 現地会場には、試験放流時の記念撮影用に、ダムカードやインスタグラムのフォトフレームも設置され、撮影し合う様子が見られた。

関連記事

日高報知新聞

災害乗り越え実績上げる【平取】

【平取】びらとり野菜生産振興会トマト・胡瓜部会(石浦政司部会長、会員163人)の第30回定期総会と反省会が18日、びらとり農協本所2階大会議室で開かれた。  開会で石浦部会長は「5月の連休前の大雪、...

根室新聞

胆振東部地震から復興を支援 緑町商店街が応援セール【根室】

 緑町商店街振興組合(日沼茂人理事長)は2月2、3日の2日間、胆振東部地震の商店街を応援する「心を一つに!北海道胆振東部地震復興支援応援セール」=ポスター写真=を市内緑町のまちなかサロン恋問で開催...

日高報知新聞

信号機倒し通行止め【新ひだか】

【新ひだか】18日午後0時10分ごろ、新ひだか町春立の国道235号で、コンクリートミキサー車が信号機に接触し、信号機が根元から折れ曲がって道路を塞ぐ事故が発生した。幸い、けが人はいなかったものの、国道...

根室新聞

混声合唱団クール・エコー 創立50周年記念演奏会開く【根室】

 根室混声合唱団クール・エコー(田村昌也団長)は20日、創立50周年を記念した演奏会を市総合文化会館で開いた。約200人が来場し、同団のほか、ゲスト出演したOB、OGや子どもたちの歌声が会場に響いた。...

根室新聞

世代超えて親睦 第88回芭蕉同窓会開く【根室】

 根室高等学校の卒業生で組織する芭蕉同窓会(松浦宗信会長)は20日、第88回総会及び親睦会を根室グランドホテルで開いた。卒業生や関係者など約350人が出席し、総会では伝統ある3つの校歌を高らかに斉唱。...