北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

試験放流始まり、見学会開催・サンルダム【下川】

ダムの試験放水を間近で見学した参加者たち

 町内で建設中の国直轄サンルダムは、3日に試験湛水(たんすい)で最高水位に到達、試験放流が始まった。8日には旭川開発建設部サンルダム建設事業所(正国之弘所長)主催で、放流の見学会が開かれた。

 サンルダムは、合理化を図った「台形CSGダム」で堤高46メートル、堤頂350メートル、総貯水容量5720万立方メートル。治水、利水の他、ほくでんエコエナジーで水力発電(最大1100kW)も行う。2014年から本体に着工。昨年6月29日から試験湛水を開始した。試験湛水は、ダムの本運用前に貯水位を上昇、下降させ、ダム堤体、基礎地盤、貯水池周辺の地山などの安全性を確認するもの。3日午前8時に洪水時に到達可能性がある最高の水位(標高179・22メートル)に到達。4日午前0時には、ダム堤頂部に設置された非常用洪水吐からの越流(試験放流)が始まった。9日には放水量を増やして少しずつ水位を下げ、今月下旬に平常水位まで下がる見込み。ダムや周辺の安全性が確認できれば試験完了。平常水位で保ち運用となる。

 8日には、サンルダム建設事業所(町内西町)から往復するバスを4便出し、ダム堤体下流からの試験放流見学会が開かれた。最高水位からの放流は本来「100年に一度あるかないか」といわれる大規模な洪水時に起こるため、試験時でなければ見られない。貴重な瞬間を一目見ようと、午前2便に33人が参加。ダムから大きな滝のように「ゴゴゴ…」と音を響かせる放流を眺め、目に焼き付けていた。

 現地会場には、試験放流時の記念撮影用に、ダムカードやインスタグラムのフォトフレームも設置され、撮影し合う様子が見られた。

関連記事

函館新聞

いさ鉄まもなく開業3周年 函館駅などで記念イベント【函館】

 道南いさりび鉄道(小上一郎社長)が開業3年を迎える。北海道新幹線とともに2016年3月26日、五稜郭―木古内間(37・8キロ)で開業。「いさ鉄」の愛称で親しまれ、沿線住民の足としてだけでなく...

函館新聞

8歳で英検準1級合格 附属小の小笠原君【函館】

 道教育大附属函館小学校3年の小笠原煌(こう)君が、8歳で実用英語技能検定(英検)の準1級に合格した。大学中級程度の英語力が求められ、8歳での合格は全国的も珍しいという。煌君は「達成感でいっぱい...

苫小牧民報

さよなら地球体験館 100人駆け付け閉館惜しむ-むかわ

 昨年9月の胆振東部地震で被災して今月末で閉館が決まったむかわ町穂別の「地球体験館」の最後のイベントが21日にあった。町内外から約100人が訪れて27年にわたって親しまれた施設に感謝と別れを告げ...

日高報知新聞

237人の特例申請が無効に【浦河】

 浦河町ふるさと納税への寄付者が確定申告が不要となる「ワンストップ特例制度」の町側事務処理ミスで、5946人分の申請データが未処理だった問題で、町は22日、臨時記者会見を開き、1都2県の237人の特...

日高報知新聞

珍しい〝暖〟ボールアート【様似】

【様似】札幌在住の桑折廣幸さん(68)のダンボールをキャンバスに制作した絵画展示「ひろ・くわおり〝暖”ボールアート 北の浮世絵展」が、町中央公民館ギャラリー21で始まり、入館者の目を引いている。31日まで...