北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

〝まとい振り〟でアピール【新ひだか】

無火災、無災害を祈りまといを振る消防団員

【新ひだか】新年を迎え、静内消防団(阿部幸男団長)の「まとい隊」による防災祈願セレモニーが7日、ピュア前広場で開かれ、団員がまとい振りの伝統演技を披露し、今年1年の無火災、無災害を祈願した。

 この日は雪が舞い散る中、まとい隊が吉野通りから国道、本町通りへ市中パレード。

 ピュア前での防災祈願セレモニーでは、熊谷哲夫副団長が集まった約60人を前に「今年こそ火災を1件も出さない年にしたい。消防団員も頑張っているが、町民の皆さんの協力もなければ無火災はできないこと」と呼び掛けた。

 続いて、静内染退太鼓が「出陣太鼓」などの初打ちで新年を祝い、はっぴ姿の12人のまとい隊団員が「祝い木やり唄」に合わせて凛々しくまといを振り、町民らから拍手が送られた。

 最後にもちまきが行われ、子どもから高齢者まで幅広く振る舞われた。

関連記事

日高報知新聞

ミスシンザ ンを募集【浦河】

 浦河町のシンザンフェスティバル実行委は、7月27、28日に西舎のJRA日高育成牧場内特設会場で開催の「第34回シンザンフェスティバル」に花を添えるミスシンザン2人を6月19日まで募集する。  応募資格...

日高報知新聞

馬上結婚式のカップル【浦河】

 浦河町のシンザンフェスティバル実行委員会(中島雅春実行委員長)は、7月27日に西舎のJRA日高育成牧場内特設会場で開催する「第34回シンザンフェスティバル」のサラブレッド馬上結婚式のカップル2組...

苫小牧民報

右肩に人工関節入れ、手術後も弓道に励む 苫小牧の山内もとさん(85)

 昨年1月、右肩に人工関節を入れる手術を受けた後も、37年間打ち込んできた弓道に励み、11月に札幌市で開かれる全道大会への出場を目指す女性がいる。苫小牧市木場町の山内もとさん(85)。全日本弓道...

苫小牧民報

かつての高校球児ら青春再び マスターズ甲子園OB定期戦

 高校野球のOBらでつくるマスターズ甲子園北海道・道央支部主催のOB定期戦が19日、苫小牧駒大グラウンドで開かれた。苫小牧市内の高校出身者を中心に10~60代の元高校球児ら20人以上が集まって交...

室蘭民報

音楽劇「カイ」が26日公演の本番前に全員で稽古【登別】

 室蘭VOX主催の北加伊道物語音楽劇「カイ」が26日午後4時半から、登別市富士町の市民会館大ホールで開かれる。出演する北海道出身のお笑いコンビ「アップダウン」の阿部浩貴さんと竹森巧さん、室蘭、登...