北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

観光客入込は120万人

 日高振興局は平成30年度上半期(4~9月)の日高管内観光客の入込客数をまとめた。管内7町の合計は前年度比2・2%増の120万8200人で、前年同期の118万2200人に比べ道外客、宿泊客は減少し、日勝峠の再開通で道内客は増加した。町別は日高、新冠、えりも3町で増加し、平取、新ひだか、浦河、様似4町で減少している。

 入込数は道の調査要綱に基づき、管内7町が実施した調査結果を集計。町別調査のため1人が3町を訪問した場合は「3人」と集計している。

 上半期実績は、道外客は前年比1・3%減の23万6000人(前年同期23万9200人)で全体の19・5%。道内客は3・1%増の97万2200人(同94万3000人)。うち、日帰り客は全体の90・6%を占める109万4200人で、前年同期の105万4800人から3・7%増加、宿泊客は11万4000人(前年比1万3400人、10・5%減)と通過型観光が続いている。

 町別入込は、日高町は26万7900人(前年同期19万8900人)で前年同期比134・7%増。昨年10月まで1年以上不通となっていた日勝峠の通行再開などで、道の駅「樹海ロード日高」の利用者が10万人以上増えた。

 平取町は14万800人(同15万1600人)で同92・9%。9月の台風と胆振東部地震で「びらとり沙流川まつり」(29年1万5000人来場)の中止などが影響した。

 新冠町は26万8800人(前年同期26万2700人)で前年同期比102・3%。太陽地区のディマシオ美術館の来館が1万1284人と前年同期より7000人以上増え、道の駅「サラブレッドロード新冠」は17万1028人と2%ほど来場者が増えた。

 新ひだか町は21万3700人(同24万8000人)で同86・2%。天候不良で一大イベントの「桜まつり」は約5万人減の10万3831人、「みついし蓬莱山まつり」は約4000人で3000人近く減少した。

 浦河町は10万4400人(前年同期10万5600人)で前年同期比98・9%。西舎のサクラ並木・優駿サクラロードの花見客が前年から4800人増の1万2800人と大きく増加。優駿ビレッジ・アエルは9月の胆振東部地震以降の利用減が入込客数に影響した。

 様似町は7万3700人(同7万9000人)で93・3%。アポイの火まつりの入り込みは1000人増の2万1000人だったが、天候不良などで親子岩ふれあいビーチやキャンプ場の利用が減った。

 えりも町は13万8900人(同13万6400人)で101・8%。メディアで襟裳岬の紹介などあり岬観光が5000人以上増加の10万6043人、うに祭りも1500人増の7500人と来場者が増えた。

浦河町優駿さくらロードの「百年桜」も隠れ人気スポット

関連記事

根室新聞

震災建築物の危険度判定を容易に―青年建築士がマニュアル作成【根室】

 根室市内の建築士で作る一般社団法人北海道建築士会根室支部青年委員会(海老名秀貴委員長)は、地震発生時に専門的な知識がなくても施設の安全点検ができる「だれでもわかる震災建築物の簡易危険度判定マ...

根室新聞

24日「別院寄席」地元出身の三遊亭金八さんプロデュース【根室】

 根室出身の落語家・三遊亭金八さんがプロデュースする第17回別院寄席「歌でつづる戦後歌謡史2019」=ポスター写真=が24日、真宗大谷派根室別院会館で開かれる。今年は「歌まね」で史上初めて文化庁芸術祭優秀...

苫小牧民報

6年連続「億トン港」 震災の影響を最小限に

 苫小牧港の2018年(1~12月)の貨物取扱量が速報値ベースで1億744万4278トンとなった。03~08年の記録と並ぶ6年連続の1億トン超え。ただ、昨年9月に起きた胆振東部地震の影響で前年比...

日高報知新聞

漁業とアザラシの共存を【えりも】

【えりも】日高振興局は17日、日高山脈襟裳国定公園の観光拠点、襟裳岬・風の館で「親子で考えよう!ゼニガタアザラシ学習観察会」を開き、管内7町から親子44人が参加した。岬に棲むゼニガタアザラシの生態...

日高報知新聞

管内7校で388人が合格

 18日は道内公立高校の合格発表日。日高管内でも午前10時に全日制6校、定時制1校で一斉に合格発表が行われ、全日制381人と定時制7人の計388人(前年421人)が合格の栄冠を勝ち取った。  各...