北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

AIハヤブサが最新検査ロボットを東京の展示会に出展【函館】

細かな傷や微妙な色むらを識別するAIハヤブサの外観検査ロボット(同社提供)

 函館市内のITベンチャー「AIハヤブサ」(村松洋明社長)は16日から3日間、東京ビッグサイトで開かれる最新ロボットの展示会「第3回ロボデックス」で、人工知能(AI)を活用した外観検査ロボットを出展する。製造業の生産ラインで製品の細かい傷に加え、微妙な色むらまで識別できるのが最大の特徴。会場ではデモンストレーションを通してニーズを調査し、2019年中の実用化を目指す。

 AI搭載型外観検査ロボットの開発は、同社が国から「地域中核企業創出・支援事業」の採択を受け、昨年8月に着手。公立はこだて未来大学と函館高専、市内外の4社と連携し、同12月に完成させた。

 同社は、既存のロボットでは検査精度が不十分な色むらに着目。コンピューターのディープラーニング(深層学習)を活用し、AIによって高精度な画像解析を実現した。

 メッキや塗装、革製品などの色むらに対応し、携帯電話のケースから自動車のドアまで、形状を問わず検査が可能。人の目に頼っていた欠陥検査が省力化され、生産現場で深刻化する人手不足の解消が期待できる。

 展示会には約200社が参加する予定。出展後は製造業の関係者から聞き取った要望を基に外観検査ロボットの性能を磨き上げ、速やかに販売を始めたい考え。

 同社は、光学機器製造会社「ミラック光学」(東京)の村松社長と、公立はこだて未来大の松原仁教授がおととし共同で設立し、市産業支援センター内に拠点を開設。将来は函館市内で工場建設を視野に入れる。

 村松社長は「大手企業と差別化を図るため、色むらのように一つのテーマを掘り下げ、AIを活用した検査装置などで事業を展開したい」と話している。

関連記事

根室新聞

震災建築物の危険度判定を容易に―青年建築士がマニュアル作成【根室】

 根室市内の建築士で作る一般社団法人北海道建築士会根室支部青年委員会(海老名秀貴委員長)は、地震発生時に専門的な知識がなくても施設の安全点検ができる「だれでもわかる震災建築物の簡易危険度判定マ...

根室新聞

24日「別院寄席」地元出身の三遊亭金八さんプロデュース【根室】

 根室出身の落語家・三遊亭金八さんがプロデュースする第17回別院寄席「歌でつづる戦後歌謡史2019」=ポスター写真=が24日、真宗大谷派根室別院会館で開かれる。今年は「歌まね」で史上初めて文化庁芸術祭優秀...

苫小牧民報

6年連続「億トン港」 震災の影響を最小限に

 苫小牧港の2018年(1~12月)の貨物取扱量が速報値ベースで1億744万4278トンとなった。03~08年の記録と並ぶ6年連続の1億トン超え。ただ、昨年9月に起きた胆振東部地震の影響で前年比...

日高報知新聞

漁業とアザラシの共存を【えりも】

【えりも】日高振興局は17日、日高山脈襟裳国定公園の観光拠点、襟裳岬・風の館で「親子で考えよう!ゼニガタアザラシ学習観察会」を開き、管内7町から親子44人が参加した。岬に棲むゼニガタアザラシの生態...

日高報知新聞

管内7校で388人が合格

 18日は道内公立高校の合格発表日。日高管内でも午前10時に全日制6校、定時制1校で一斉に合格発表が行われ、全日制381人と定時制7人の計388人(前年421人)が合格の栄冠を勝ち取った。  各...