北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

白老の武田さん、天体撮影楽しむ 自作レンズで部分日食も

自作の超望遠レンズと武田さん

 白老町大町の武田明也さん(64)は、自作した超望遠レンズを使い天体撮影を楽しんでいる。6日には部分日食の撮影にも成功して「とてもうれしい。自分で作ったレンズでの撮影は最高です」と満足そうに語った。

 武田さんは、子供の頃からの天体観測好き。小学生の頃から望遠鏡で月や金星などを見て、中学生になってからは一眼レフカメラで星座の写真を撮影し始めた。大人になっても趣味として天体観測は続けていたが、2013年11月に太陽に接近したアイソン彗星(すいせい)を市販の250ミリ望遠レンズを使用して撮影に成功した。

 これをきっかけに「もっと本格的に天体撮影をしたい」と思うようになり、翌年さらに星を大きく写せる超望遠レンズの自作を決意。ホームセンターで購入した塩化ビニール管を筒にして先端に市販のクローズアップレンズを装着。筒の中にはつや消しブラックの塗料を塗り、リング状に切り抜いた黒い厚紙を内周に貼り付けるなど乱反射防止の工夫も施した。筒の末端には、金属製のアダプターを付けてカメラと接合できるようにした。長さ47センチ、直径7センチ。望遠500ミリf10相当のレンズになった。使用時にはさらに焦点距離が2倍になる市販のアダプターを取り付けて1000ミリ相当の超望遠にする。レンズ完成後、日食や月食の撮影に使ってきた。

 6日の部分日食時には、自宅の庭でカメラとレンズを三脚にセットして撮影に臨んだ。レンズには強すぎる太陽光を減少させる特種なフィルターを装着。当初、太陽には雲が掛かっていたが、午前10時20分すぎに雲の切れ間から姿を現し、その欠けた様子の撮影に成功した。

 武田さんは「天体観測にはロマンがある。超望遠レンズは買うと高いので、安く自作できたのもうれしい。これからも観測と撮影は続けたい」と語った。

自作レンズで撮影した部分日食=6日午前10時22分ごろ

関連記事

日高報知新聞

災害乗り越え実績上げる【平取】

【平取】びらとり野菜生産振興会トマト・胡瓜部会(石浦政司部会長、会員163人)の第30回定期総会と反省会が18日、びらとり農協本所2階大会議室で開かれた。  開会で石浦部会長は「5月の連休前の大雪、...

根室新聞

胆振東部地震から復興を支援 緑町商店街が応援セール【根室】

 緑町商店街振興組合(日沼茂人理事長)は2月2、3日の2日間、胆振東部地震の商店街を応援する「心を一つに!北海道胆振東部地震復興支援応援セール」=ポスター写真=を市内緑町のまちなかサロン恋問で開催...

日高報知新聞

信号機倒し通行止め【新ひだか】

【新ひだか】18日午後0時10分ごろ、新ひだか町春立の国道235号で、コンクリートミキサー車が信号機に接触し、信号機が根元から折れ曲がって道路を塞ぐ事故が発生した。幸い、けが人はいなかったものの、国道...

根室新聞

混声合唱団クール・エコー 創立50周年記念演奏会開く【根室】

 根室混声合唱団クール・エコー(田村昌也団長)は20日、創立50周年を記念した演奏会を市総合文化会館で開いた。約200人が来場し、同団のほか、ゲスト出演したOB、OGや子どもたちの歌声が会場に響いた。...

根室新聞

世代超えて親睦 第88回芭蕉同窓会開く【根室】

 根室高等学校の卒業生で組織する芭蕉同窓会(松浦宗信会長)は20日、第88回総会及び親睦会を根室グランドホテルで開いた。卒業生や関係者など約350人が出席し、総会では伝統ある3つの校歌を高らかに斉唱。...