北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

白老の武田さん、天体撮影楽しむ 自作レンズで部分日食も

自作の超望遠レンズと武田さん

 白老町大町の武田明也さん(64)は、自作した超望遠レンズを使い天体撮影を楽しんでいる。6日には部分日食の撮影にも成功して「とてもうれしい。自分で作ったレンズでの撮影は最高です」と満足そうに語った。

 武田さんは、子供の頃からの天体観測好き。小学生の頃から望遠鏡で月や金星などを見て、中学生になってからは一眼レフカメラで星座の写真を撮影し始めた。大人になっても趣味として天体観測は続けていたが、2013年11月に太陽に接近したアイソン彗星(すいせい)を市販の250ミリ望遠レンズを使用して撮影に成功した。

 これをきっかけに「もっと本格的に天体撮影をしたい」と思うようになり、翌年さらに星を大きく写せる超望遠レンズの自作を決意。ホームセンターで購入した塩化ビニール管を筒にして先端に市販のクローズアップレンズを装着。筒の中にはつや消しブラックの塗料を塗り、リング状に切り抜いた黒い厚紙を内周に貼り付けるなど乱反射防止の工夫も施した。筒の末端には、金属製のアダプターを付けてカメラと接合できるようにした。長さ47センチ、直径7センチ。望遠500ミリf10相当のレンズになった。使用時にはさらに焦点距離が2倍になる市販のアダプターを取り付けて1000ミリ相当の超望遠にする。レンズ完成後、日食や月食の撮影に使ってきた。

 6日の部分日食時には、自宅の庭でカメラとレンズを三脚にセットして撮影に臨んだ。レンズには強すぎる太陽光を減少させる特種なフィルターを装着。当初、太陽には雲が掛かっていたが、午前10時20分すぎに雲の切れ間から姿を現し、その欠けた様子の撮影に成功した。

 武田さんは「天体観測にはロマンがある。超望遠レンズは買うと高いので、安く自作できたのもうれしい。これからも観測と撮影は続けたい」と語った。

自作レンズで撮影した部分日食=6日午前10時22分ごろ

関連記事

根室新聞

ビザなし交流、色丹島へ 歴史・文化専門家は国後島で調査【根室】

 今年度日本側から第2陣となるビザなし交流訪問団(中川昭一団長、65人)が24日朝、色丹島へ向けて根室港から四島交流専用船「えとぴりか」(1124トン)で出発した。一行は3泊4日の日程で、27...

日高報知新聞

草間美恵さんが100歳に【様似】

【様似】17日に100歳の誕生日を迎えた冬島の草間美恵さんに同日、町から敬老金10万円、町社会福祉協議会と町老人クラブ連合会から記念品が贈られ、同居する息子夫婦や遊びに来た玄孫(やしゃご)、関係者...

日高報知新聞

最新の設備で能力向上【様似】

【様似】新日本電工(本社・東京、白須達朗社長)は、平成27年(2015年)から着手していた幌満川発電所の更新工事が完了し、22日、現地の第3発電所で竣工式を行い完成を祝った。  発電設備の更新工事...

室蘭民報

扇子に広がる個性豊か…墨蘭会が水墨画展【室蘭】

 室蘭市の水墨画同好会、墨蘭会(柴口みちる会長)の「第42回水墨画展」が23日、幸町の室蘭市民美術館で始まった。会員らが制作した個性豊かな40点が展示され、来場者を楽しませている。  同会は月...

十勝毎日新聞

「ハピまん」2万個販売 チーズ伸びて大ヒット【音更】

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するスーパー「ハピオ」(音更町木野大通西7、石田晴久店長)が4月から販売している、チーズまんじゅう「ハピまんチーズ」の売れ行きが好調だ。これまでに2万個を...