北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

障害者就労支援施設製品の校内販売続け20年-苫東高ボランティア部

るーぷの商品を販売するボランティア部の生徒(左)

 苫小牧東高校ボランティア部は、障害者就労支援施設ワークセンターるーぷとよかわ(苫小牧市豊川町)が製造するクッキーやパウンドケーキなどの校内販売を開始し、今年で20年になる。身近な場所から障害への理解を広げたい―と始めた活動で、年数回のイベントや学校行事に合わせた販売会を重ねる。堂ノ下未華部長(2年)は「部にとっても大切な活動の一つ。これからも積極的に取り組みたい」と語る。

 ワークセンターるーぷは、知的障害者や家族、支援者などでつくるNPO法人市手をつなぐ育成会が運営。市内に3カ所あり、日の出町と豊川町の施設は就労継続支援B型事業所として障害者がクッキーやパウンドケーキの他、どら焼き、かりんとうなど菓子作りをしている。

 同部は施設について知ってもらう活動の一環で、1999年度から「るーぷ」の商品を校内で販売。当初は学校側に商品を預け、部員のみで販売会を切り盛りしていたが社会経験に―と、数年前からは施設利用者も参加している。

 今年度も昨年5月と10月に「とよかわ」と「ひので」の商品の販売会を開催。同年7月の学校祭では、生徒以外の来校者にも商品をアピールした。

 昨年12月には1、2年生の部員12人と「るーぷ」の4人が昼休みに合わせ、校内ホールに販売ブースを設置。クリスマスシーズンを意識したガトーショコラや長靴やツリー型のクッキーなどがお目見えし、生徒たちが長蛇の列をつくった。

 るーぷ商品ファンの保護者に頼まれたとして、両手いっぱいにクッキーを抱える生徒の姿もあった。部員たちは次々に訪れる生徒たちの注文にてきぱきと対応していた。

 るーぷとよかわの佐藤和子マネジャー(41)は「私たちの商品を校内で売ってくれているのは東高の生徒たちだけ。学校の協力と部員の熱い思いがあってこそ継続できている」と感謝。堂ノ下部長は「部員も毎回、販売できる日を楽しみにしている。生徒のみんなに協力してもらい、この先もずっと続けていきたい」と話した。

関連記事

日高報知新聞

災害乗り越え実績上げる【平取】

【平取】びらとり野菜生産振興会トマト・胡瓜部会(石浦政司部会長、会員163人)の第30回定期総会と反省会が18日、びらとり農協本所2階大会議室で開かれた。  開会で石浦部会長は「5月の連休前の大雪、...

根室新聞

胆振東部地震から復興を支援 緑町商店街が応援セール【根室】

 緑町商店街振興組合(日沼茂人理事長)は2月2、3日の2日間、胆振東部地震の商店街を応援する「心を一つに!北海道胆振東部地震復興支援応援セール」=ポスター写真=を市内緑町のまちなかサロン恋問で開催...

日高報知新聞

信号機倒し通行止め【新ひだか】

【新ひだか】18日午後0時10分ごろ、新ひだか町春立の国道235号で、コンクリートミキサー車が信号機に接触し、信号機が根元から折れ曲がって道路を塞ぐ事故が発生した。幸い、けが人はいなかったものの、国道...

根室新聞

混声合唱団クール・エコー 創立50周年記念演奏会開く【根室】

 根室混声合唱団クール・エコー(田村昌也団長)は20日、創立50周年を記念した演奏会を市総合文化会館で開いた。約200人が来場し、同団のほか、ゲスト出演したOB、OGや子どもたちの歌声が会場に響いた。...

根室新聞

世代超えて親睦 第88回芭蕉同窓会開く【根室】

 根室高等学校の卒業生で組織する芭蕉同窓会(松浦宗信会長)は20日、第88回総会及び親睦会を根室グランドホテルで開いた。卒業生や関係者など約350人が出席し、総会では伝統ある3つの校歌を高らかに斉唱。...