北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

障害者就労支援施設製品の校内販売続け20年-苫東高ボランティア部

るーぷの商品を販売するボランティア部の生徒(左)

 苫小牧東高校ボランティア部は、障害者就労支援施設ワークセンターるーぷとよかわ(苫小牧市豊川町)が製造するクッキーやパウンドケーキなどの校内販売を開始し、今年で20年になる。身近な場所から障害への理解を広げたい―と始めた活動で、年数回のイベントや学校行事に合わせた販売会を重ねる。堂ノ下未華部長(2年)は「部にとっても大切な活動の一つ。これからも積極的に取り組みたい」と語る。

 ワークセンターるーぷは、知的障害者や家族、支援者などでつくるNPO法人市手をつなぐ育成会が運営。市内に3カ所あり、日の出町と豊川町の施設は就労継続支援B型事業所として障害者がクッキーやパウンドケーキの他、どら焼き、かりんとうなど菓子作りをしている。

 同部は施設について知ってもらう活動の一環で、1999年度から「るーぷ」の商品を校内で販売。当初は学校側に商品を預け、部員のみで販売会を切り盛りしていたが社会経験に―と、数年前からは施設利用者も参加している。

 今年度も昨年5月と10月に「とよかわ」と「ひので」の商品の販売会を開催。同年7月の学校祭では、生徒以外の来校者にも商品をアピールした。

 昨年12月には1、2年生の部員12人と「るーぷ」の4人が昼休みに合わせ、校内ホールに販売ブースを設置。クリスマスシーズンを意識したガトーショコラや長靴やツリー型のクッキーなどがお目見えし、生徒たちが長蛇の列をつくった。

 るーぷ商品ファンの保護者に頼まれたとして、両手いっぱいにクッキーを抱える生徒の姿もあった。部員たちは次々に訪れる生徒たちの注文にてきぱきと対応していた。

 るーぷとよかわの佐藤和子マネジャー(41)は「私たちの商品を校内で売ってくれているのは東高の生徒たちだけ。学校の協力と部員の熱い思いがあってこそ継続できている」と感謝。堂ノ下部長は「部員も毎回、販売できる日を楽しみにしている。生徒のみんなに協力してもらい、この先もずっと続けていきたい」と話した。

関連記事

根室新聞

ビザなし交流、色丹島へ 歴史・文化専門家は国後島で調査【根室】

 今年度日本側から第2陣となるビザなし交流訪問団(中川昭一団長、65人)が24日朝、色丹島へ向けて根室港から四島交流専用船「えとぴりか」(1124トン)で出発した。一行は3泊4日の日程で、27...

日高報知新聞

草間美恵さんが100歳に【様似】

【様似】17日に100歳の誕生日を迎えた冬島の草間美恵さんに同日、町から敬老金10万円、町社会福祉協議会と町老人クラブ連合会から記念品が贈られ、同居する息子夫婦や遊びに来た玄孫(やしゃご)、関係者...

日高報知新聞

最新の設備で能力向上【様似】

【様似】新日本電工(本社・東京、白須達朗社長)は、平成27年(2015年)から着手していた幌満川発電所の更新工事が完了し、22日、現地の第3発電所で竣工式を行い完成を祝った。  発電設備の更新工事...

室蘭民報

扇子に広がる個性豊か…墨蘭会が水墨画展【室蘭】

 室蘭市の水墨画同好会、墨蘭会(柴口みちる会長)の「第42回水墨画展」が23日、幸町の室蘭市民美術館で始まった。会員らが制作した個性豊かな40点が展示され、来場者を楽しませている。  同会は月...

十勝毎日新聞

「ハピまん」2万個販売 チーズ伸びて大ヒット【音更】

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するスーパー「ハピオ」(音更町木野大通西7、石田晴久店長)が4月から販売している、チーズまんじゅう「ハピまんチーズ」の売れ行きが好調だ。これまでに2万個を...