北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

障害者就労支援施設製品の校内販売続け20年-苫東高ボランティア部

るーぷの商品を販売するボランティア部の生徒(左)

 苫小牧東高校ボランティア部は、障害者就労支援施設ワークセンターるーぷとよかわ(苫小牧市豊川町)が製造するクッキーやパウンドケーキなどの校内販売を開始し、今年で20年になる。身近な場所から障害への理解を広げたい―と始めた活動で、年数回のイベントや学校行事に合わせた販売会を重ねる。堂ノ下未華部長(2年)は「部にとっても大切な活動の一つ。これからも積極的に取り組みたい」と語る。

 ワークセンターるーぷは、知的障害者や家族、支援者などでつくるNPO法人市手をつなぐ育成会が運営。市内に3カ所あり、日の出町と豊川町の施設は就労継続支援B型事業所として障害者がクッキーやパウンドケーキの他、どら焼き、かりんとうなど菓子作りをしている。

 同部は施設について知ってもらう活動の一環で、1999年度から「るーぷ」の商品を校内で販売。当初は学校側に商品を預け、部員のみで販売会を切り盛りしていたが社会経験に―と、数年前からは施設利用者も参加している。

 今年度も昨年5月と10月に「とよかわ」と「ひので」の商品の販売会を開催。同年7月の学校祭では、生徒以外の来校者にも商品をアピールした。

 昨年12月には1、2年生の部員12人と「るーぷ」の4人が昼休みに合わせ、校内ホールに販売ブースを設置。クリスマスシーズンを意識したガトーショコラや長靴やツリー型のクッキーなどがお目見えし、生徒たちが長蛇の列をつくった。

 るーぷ商品ファンの保護者に頼まれたとして、両手いっぱいにクッキーを抱える生徒の姿もあった。部員たちは次々に訪れる生徒たちの注文にてきぱきと対応していた。

 るーぷとよかわの佐藤和子マネジャー(41)は「私たちの商品を校内で売ってくれているのは東高の生徒たちだけ。学校の協力と部員の熱い思いがあってこそ継続できている」と感謝。堂ノ下部長は「部員も毎回、販売できる日を楽しみにしている。生徒のみんなに協力してもらい、この先もずっと続けていきたい」と話した。

関連記事

苫小牧民報

日本を代表する選手を 駒大苫高女子硬式野球部、監督・ユニホーム発表

 駒大苫小牧高校(笹嶋清治校長)は20日、来年4月に創部する女子硬式野球部の監督就任の決定とユニホーム発表の記者会見を同校で開いた。監督に決まった茶木圭介男子野球部副部長(41)は「女子野球の発...

苫小牧民報

豪空軍の戦闘機到着 日豪共同訓練、関係の成長と強化を-空自千歳基地

 航空自衛隊がオーストラリア空軍と国内を拠点に実施する初の日豪共同訓練、「武士道ガーディアン19」に参加する豪空軍戦闘機6機が20日、航空自衛隊千歳基地に到着した。同基地で出迎え行事が行われ、豪...

苫小牧民報

熱く応援、快勝に歓声 ラグビーW杯、新千歳でPV

 新千歳空港の旅客ビル会社、新千歳空港ターミナルビルディングは20日、開幕したラグビーワールドカップ日本大会の日本―ロシア戦のパブリックビューイング(PV)を国内線ターミナルビル4階の映画館「新千...

日高報知新聞

野々村社長の予想も【日高】

【日高】「北海道コンサドーレ札幌DAY」が17日、ホッカイドウ競馬開催中の門別競馬場で開かれた。  当日のレースは12R北海道コンサドーレ札幌特別、2Rドーレくん賞、4R宮の沢白い恋人サッカー場...

日高報知新聞

小学生42人が参加し【浦河】

 自然体験事業「うらかわサマーキャンプ」が14、15の両日、浦河町野深の自然体験実習館「柏陽館」で開かれた。  町内の小学校3~6年生42人(男子15人、女子27人)が参加して学校間交流や自然体験学習...