北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

彫刻家・坂本さんが製鉄病院で作品展【室蘭】

展示されている彫刻作品の一部と坂本さん

 室蘭市宮の森町の彫刻家・坂本正太郎さん(38)の作品展が、市内知利別町の製鉄記念室蘭病院ギャラリーで開かれている。ブロンズや鉄、アルミによる感性豊かな作品が8点並び、来院者の目を楽しませている。展示は2月1日まで。

 坂本さんは室蘭栄高校卒。北海道大谷室蘭高校、北海道福祉教育専門学校で非常勤講師を務める。昨年、セミをモチーフにした彫刻「カナカナ」が、道内最大規模の美術公募展「第93回道展」(北海道美術協会主催)で佳作賞を受賞した。

 展示会場では「カナカナ」を披露。胴体はブロンズ、羽は銅線、台座は鉄で作られ、鋳造やろう付け、溶接の技術を生かした。セミ自体の大きさは30センチ余り。特徴をよく観察した精巧な仕上がりだが、足を付けないなどデフォルメした。

 アルミサッシを溶かし、使い古したくぎと一緒に鋳造したエコな作品もある。太陽と月をイメージして丸くかたどられ、シルバーとむき出しの鉄さびの色合いが味わい深い。

 坂本さんは「全体的な作品の雰囲気を楽しんでほしい」と話している。

関連記事

室蘭民報

22、23日に洋ラン100点の作品展示会【室蘭】

 室蘭蘭友会(栗林芳枝会長)主催の第27回洋ラン作品展示会が23、24の両日、室蘭市輪西町の市民会館で開かれる。セロジネやカトレア、コチョウラン、ギンギアナムなど、洋ラン約100点が並ぶ。 ...

室蘭民報

市民美術館で「昭和に芽生えた作風」始まる【室蘭】

 室蘭市幸町の市民美術館(工藤善蔵館長)の企画展「昭和に芽生えた多彩な作風―野本先生と同時期の作家たち」が、19日から同館で始まった。伊達市に在住した道内の抽象画家の第一人者で、今年1月に亡くな...

十勝毎日新聞

全国から「星の絵はがき」 銀河の森天文台に249点展示【陸別】

 りくべつ宇宙地球科学館・銀河の森天文台(上出洋介館長)が初めて企画した「星の絵はがきコンテスト」で、予想を大きく上回る249点の作品が全国から寄せられた。24日まで同館内で展示している。 ...

室蘭民報

油彩や水彩、秀逸な作品…美術協会新人展始まる【室蘭】

 第37回室蘭美術協会新人展が14日から、室蘭市幸町の市民美術館で始まった。同協会会員になって3年目以内の新人と、昨年の第83回公募展受賞者たちの個性あふれる油彩や水彩、日本画、アクリル画が並...

室蘭民報

フルート・篠笛奏者で室蘭市出身の宮川さんが16日にライブ【室蘭】

 室蘭市出身のフルート・篠笛奏者の宮川悦子さん=埼玉県草加市=の投げ銭ライブが、あす16日午前11時から室蘭市中央町2の蘭西ギャラリーで開かれる。20本以上の笛を所有し、クラシックや民謡、ポッ...