北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

のぼりべつクマ牧場に氷柱オブジェが初登場【登別】

つららが連なり氷柱オブジェが誕生した子グマ牧場

 のぼりべつクマ牧場(登別市登別温泉町、片桐俊次支配人)の子グマ牧場に、氷柱オブジェが初めて誕生した。厳しい寒さを生かして、断続的にまいた水が、水滴から大きなつららへと変貌。木の柱や枝から長さ数メートルほどのつららが誕生。観光客の注目も高く人気スポットとして好評だ。

 子グマ牧場は、ロープウエーに乗ってたどり着く山頂クマ山にある。ロープウエーを降りると、来場者が真っ先に目にする位置にある。夏場には子グマたちが戯れる場所として人気だが、寒くなるとバックヤードに移動するため子グマ牧場は冬期間閉鎖している。山頂の玄関口でもある子グマ牧場を活用できないかと飼育員が考え、候補に上がったのが氷柱オブジェだ。

 雪や氷を見て喜んでいる訪日客も多いことから、昨年12月31日夜から散水を開始した。スプリンクラーを用いて継続的に水をまいた。山頂は連日冷え込みが続き、冬場は常時マイナス10度ほどに達する。水滴はすぐに氷へと変化。1月8日朝まで繰り返すうちに、最大で長さ数メートルのつららになった。

 子グマ牧場は通常、アスレチック風に組み合わせた木の柱や岩場などがあり、子グマたちの格好の遊び場所。氷柱の登場で雰囲気は一変。木登り用の柱やロープなどあらゆる場所につららが連なり、さながら氷のカーテンのよう。木の枝を新たに配置して立体感ある仕上がりにした工夫も光る。

 一眼レフを携えた観光客も多く、氷柱オブジェを発見すると驚きの表情を見せているほか、記念撮影したりと早くも好評だ。担当者は「子グマ牧場は一番風通しがいい場所なので、すぐに水が凍りました。雪のない地域の人たちにも楽しんでもらいたいですね」と話している。

関連記事

日高報知新聞

災害乗り越え実績上げる【平取】

【平取】びらとり野菜生産振興会トマト・胡瓜部会(石浦政司部会長、会員163人)の第30回定期総会と反省会が18日、びらとり農協本所2階大会議室で開かれた。  開会で石浦部会長は「5月の連休前の大雪、...

根室新聞

胆振東部地震から復興を支援 緑町商店街が応援セール【根室】

 緑町商店街振興組合(日沼茂人理事長)は2月2、3日の2日間、胆振東部地震の商店街を応援する「心を一つに!北海道胆振東部地震復興支援応援セール」=ポスター写真=を市内緑町のまちなかサロン恋問で開催...

日高報知新聞

信号機倒し通行止め【新ひだか】

【新ひだか】18日午後0時10分ごろ、新ひだか町春立の国道235号で、コンクリートミキサー車が信号機に接触し、信号機が根元から折れ曲がって道路を塞ぐ事故が発生した。幸い、けが人はいなかったものの、国道...

根室新聞

混声合唱団クール・エコー 創立50周年記念演奏会開く【根室】

 根室混声合唱団クール・エコー(田村昌也団長)は20日、創立50周年を記念した演奏会を市総合文化会館で開いた。約200人が来場し、同団のほか、ゲスト出演したOB、OGや子どもたちの歌声が会場に響いた。...

根室新聞

世代超えて親睦 第88回芭蕉同窓会開く【根室】

 根室高等学校の卒業生で組織する芭蕉同窓会(松浦宗信会長)は20日、第88回総会及び親睦会を根室グランドホテルで開いた。卒業生や関係者など約350人が出席し、総会では伝統ある3つの校歌を高らかに斉唱。...