北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

のぼりべつクマ牧場に氷柱オブジェが初登場【登別】

つららが連なり氷柱オブジェが誕生した子グマ牧場

 のぼりべつクマ牧場(登別市登別温泉町、片桐俊次支配人)の子グマ牧場に、氷柱オブジェが初めて誕生した。厳しい寒さを生かして、断続的にまいた水が、水滴から大きなつららへと変貌。木の柱や枝から長さ数メートルほどのつららが誕生。観光客の注目も高く人気スポットとして好評だ。

 子グマ牧場は、ロープウエーに乗ってたどり着く山頂クマ山にある。ロープウエーを降りると、来場者が真っ先に目にする位置にある。夏場には子グマたちが戯れる場所として人気だが、寒くなるとバックヤードに移動するため子グマ牧場は冬期間閉鎖している。山頂の玄関口でもある子グマ牧場を活用できないかと飼育員が考え、候補に上がったのが氷柱オブジェだ。

 雪や氷を見て喜んでいる訪日客も多いことから、昨年12月31日夜から散水を開始した。スプリンクラーを用いて継続的に水をまいた。山頂は連日冷え込みが続き、冬場は常時マイナス10度ほどに達する。水滴はすぐに氷へと変化。1月8日朝まで繰り返すうちに、最大で長さ数メートルのつららになった。

 子グマ牧場は通常、アスレチック風に組み合わせた木の柱や岩場などがあり、子グマたちの格好の遊び場所。氷柱の登場で雰囲気は一変。木登り用の柱やロープなどあらゆる場所につららが連なり、さながら氷のカーテンのよう。木の枝を新たに配置して立体感ある仕上がりにした工夫も光る。

 一眼レフを携えた観光客も多く、氷柱オブジェを発見すると驚きの表情を見せているほか、記念撮影したりと早くも好評だ。担当者は「子グマ牧場は一番風通しがいい場所なので、すぐに水が凍りました。雪のない地域の人たちにも楽しんでもらいたいですね」と話している。

関連記事

函館新聞

はこだて国際科学祭が開幕 食テーマに11回目【函館】

 楽しみながら科学と社会の関係を考える「はこだて国際科学祭」(サイエンス・サポート函館主催)が17日、五稜郭タワーアトリウムを主会場に始まった。11回目の今年は「『食』が育む、函館の未来。」をテ...

函館新聞

秋のバル街9月1日 過去2番目76店が参加【函館】

 函館市西部地区をスペインの立ち飲み居酒屋「バル」に見立て、はしご酒を楽しむイベント「函館西部地区バル街」(実行委主催)が9月1日、同地区で開かれる。秋のバル街としては最も早い開催で、過去2番目...

根室新聞

写友会が写真展 24日まで【根室】

 市内の写真サークル「写友会」(小林正輔会長)の写真展が17日、市総合文化会館エントランスホールで始まった。会員5人が各10作品を展示し、野生動物や自然現象を切り取った写真でカメラテクニックを...

根室新聞

参院選10代投票率 過去最低に【根室】

 7月21日に投開票が行われた第25回参議院議員通常選挙の根室市内の10代(18、19歳)の投票率は2282パーセントで、18歳選挙権が導入された平成28年の第24回参院選以降の各級選挙を通じて、...

苫小牧民報

モデルの椿梨央さんサプライズで始球式 太陽杯軟式全道少年野球胆振支部予選..

 太陽グループ杯争奪第26回全道少年軟式野球選抜大会胆振支部予選大会は17日午前、苫小牧市営少年野球場で開幕した。2日間にわたって胆振地区の小学生たちが全道大会への1枠を懸けてトーナメント戦を繰...