北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

室蘭バイオマス発電所の建設工事が8月から本格化【室蘭】

関係者らが神事で工事の無事を願った室蘭バイオマス発電所の安全祈願祭

 JXTGエネルギー(東京)が2020年春の運転開始を目指す「室蘭バイオマス発電所」の建設工事が、8月から本格化する。7月21日には室蘭市港北町(中卯ふ頭)の建設現場で安全祈願祭が行われ、工事関係者らが無災害を願った。同発電所はパームヤシ殻(PKS)を燃料とし、発電出力7万5千キロワットでPKS専焼バイオマスとしては国内最大級となる。

 祈願祭には、同社の原享取締役常務執行役員はじめ、工事元請けの日揮(横浜)の川名浩一取締役副会長、発電設備の循環流動層ボイラー(CFB)を受注した住友重機械工業(東京)の別川俊介代表取締役社長ら約50人が出席。神事で工事の安全と無事完成を祈った。

 同発電所は旧JXエネルギー(JXTGエネルギーの前身)との合併を前に旧東燃ゼネラル石油と日揮が共同出資して設立した室蘭バイオマス発電合同会社が運営。マレーシアなど東南アジアから輸入したヤシ殻を燃料に、一般家庭7万5千世帯分に相当する7万5千キロワット、年間6億キロワットを発電し、全量を売電する計画。

 建設場所の中卯ふ頭は、旧東燃ゼネラルの油槽所があった敷地約4万平方メートル。ボイラー棟と蒸気タービン棟、事務所を建設し、騒音や振動対策としてJR室蘭本線側に緑地帯を整備する。総事業費は250億~300億円。ヤシ殻は本輪西ふ頭に陸揚げし、カバー付きのベルトコンベヤーで発電設備に運ぶ。

 すでに建設資材を搬入する本輪西ふ頭との連絡橋の架設など事前工事が終了し、8月から本工事に着手。19年11月に試運転を始める予定。本工事開始とともに合同会社を建設地に移転する。

 式典後、合同会社の榎田真之社長は「港があり、再生可能エネルギーなどの環境産業に力を入れる室蘭だからこそ実現できた事業。迷惑を掛けないよう地域の理解と協力をいただきながら、まずは試運転を目指していきたい」と気を引き締めていた。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝の風景クッキーに 実現へCF開始【帯広】

 帯広市内の十勝菓子工房菓音(東11南15)は、十勝の四季を描いたクッキーの商品化に向け、クラウドファンディング(CF)を始めた。クッキーを絵画、ギフト箱を額縁に見立てて作るユニークな商品。1...

十勝毎日新聞

「甘くて軟らか」ウニ給食 小・中・高【広尾】

 広尾の海岸で取れたエゾバフンウニが17日、町内の小・中学校、高校の給食で「うにの茶わん蒸し」として振る舞われた。  地域産食材を使った特別メニューを提供する「ふるさと給食」の一環。ウニが給...

十勝毎日新聞

延長51メートル大型滑り台も 里見が丘公園複合遊具完成【足寄】

 足寄町が里見が丘公園遊戯広場内に整備していた大型遊具「お山の複合遊具」が完成し、27日にオープンする。延長51メートル、落差10メートルの滑り台やネット遊具が子どもたちを出迎える。  広大...

函館新聞

観光シーズン到来 箱館ハイカラ號運行開始【函館】

 明治時代の客車を復元した「箱館ハイカラ號(ごう)」の今季の運行が20日から始まった。赤を基調としたレトロな車両は今年も健在で、街に本格的な観光シーズンの訪れを告げた。  当初は15日...

函館新聞

〝日本一小さな〟道の駅江差がリニューアルオープン【江差】

 【江差】町尾山町1の「道の駅江差」が20日、リニューアルオープンした。コンパクトな建物内の両側に販売所と展示コーナーを新たに配置。本格的な観光シーズンに向けて、新たな情報発信拠点としての...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス