北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

本格始動前に14日 プレイベント 苫小牧の中心街活性化目指す女性グループ

発足後初のイベントをPRする「はじめのIPPO」メンバー

 苫小牧市の中心市街地活性化を目指す女性グループ「できることからはじめのIPPO(いっぽ)」は14日午前10時から、市内表町のまちなか交流センター・ココトマで初の子育てイベントを開く。今春からの活動本格化を前にしたプレイベントの位置付け。子育て講演会やアナログゲームの体験会、大型遊具の開放などを予定している。午後3時まで。

 イベントはココトマとの共催で、市などが後援。「アナログ」をテーマに、ココトマのラウンジとスタジオ2室で各種イベントを同時展開する。入場料は、1家族500円。

 ラウンジでは、約90種類のアナログゲームや木のおもちゃを並べて自由に体験してもらうほか、拳玉のワークショップも随時実施。スタジオでは白老町で長年、子育て支援に関わってきたNPO法人お助けネットの中谷通恵代表による講演会(午前10時半~11時半・受講料500円)やお金の使い方を楽しく学べるゲーム(午後1時~同3時・同500円)、エア遊具の開放(午後1時半~3時・入場料子ども1人200円)を行う。講演会、「お金のゲーム」は要予約。

 「はじめのIPPO」は市の中心市街地の活性化プロジェクトに参加し、にぎわい創出策を議論してきた子育て中の母親ら10人で、昨年9月に発足。今春から子どもの遊び場づくりや親子イベント、親子カフェなどを定期開催していく。プレイベントで取り組みを多くの市民に知ってもらい、協力者や仲間を増やしたい考えだ。

 代表の小金澤綾美さん(29)は「中心市街地でこんなことができないか―と考えている人や企業、団体と共にイベントを作り上げ、まちなかに活気を呼び込みたい」と意気込む。

 講演会と「お金のゲーム」以外は当日参加も可能だが来場者数把握のため、事前申し込みの協力を呼び掛けている。

 申し込み、問い合わせは、フェイスブックの「はじめのIPPO」イベントページで受け付けている。

関連記事

日高報知新聞

定数を2人オーバーか【えりも】

【えりも】町選挙管理委員会(山中智彰委員長)は20日、町役場で4月16日告示、同21日投開票の町議会議員選挙立候補予定者説明会を開き、現職本人と後援会関係者、新人立候補予定者など21人が出席した。  ...

日高報知新聞

新たに3事業所8商品【新ひだか】

【新ひだか】町内で生産される優れた産品を推奨品として認証する「新ひだか推奨品認証制度」の認証書交付式が19日、JR静内駅併設の町観光情報センターで開かれ、3事業所8商品を新たに認証したほか、平成28年...

十勝毎日新聞

感謝の思い胸に 小学校卒業式【帯広】

 十勝管内の多くの小学校で22日、卒業式が行われた。卒業生は4月から通う中学校の制服に身を包み、晴れて学びやを巣立った。  この日、式が行われたのは管内全小学校(93校)の約9割に当たる81...

十勝毎日新聞

イチロー引退 ねぎらう声 用具で縁、交流も【十勝】

 21日に現役引退を表明した米大リーグ・マリナーズのイチロー選手は、キャンプ地での交流やバット用の木材提供などを通じて十勝とも縁があった。数々の記録を打ち立てた偉大な選手の引退に、管内の関係者はね...

十勝毎日新聞

タイムカプセル 15年後に開封へ 西上音更小閉校【士幌】

 JA士幌町西上事業所集落センターで19日、西上音更小学校(川上裕明校長、児童11人)閉校事業実行委による「タイムカプセル保管式」が行われ、児童や地域住民らが参加した。  実行委事業部長の曽...