北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

本格始動前に14日 プレイベント 苫小牧の中心街活性化目指す女性グループ

発足後初のイベントをPRする「はじめのIPPO」メンバー

 苫小牧市の中心市街地活性化を目指す女性グループ「できることからはじめのIPPO(いっぽ)」は14日午前10時から、市内表町のまちなか交流センター・ココトマで初の子育てイベントを開く。今春からの活動本格化を前にしたプレイベントの位置付け。子育て講演会やアナログゲームの体験会、大型遊具の開放などを予定している。午後3時まで。

 イベントはココトマとの共催で、市などが後援。「アナログ」をテーマに、ココトマのラウンジとスタジオ2室で各種イベントを同時展開する。入場料は、1家族500円。

 ラウンジでは、約90種類のアナログゲームや木のおもちゃを並べて自由に体験してもらうほか、拳玉のワークショップも随時実施。スタジオでは白老町で長年、子育て支援に関わってきたNPO法人お助けネットの中谷通恵代表による講演会(午前10時半~11時半・受講料500円)やお金の使い方を楽しく学べるゲーム(午後1時~同3時・同500円)、エア遊具の開放(午後1時半~3時・入場料子ども1人200円)を行う。講演会、「お金のゲーム」は要予約。

 「はじめのIPPO」は市の中心市街地の活性化プロジェクトに参加し、にぎわい創出策を議論してきた子育て中の母親ら10人で、昨年9月に発足。今春から子どもの遊び場づくりや親子イベント、親子カフェなどを定期開催していく。プレイベントで取り組みを多くの市民に知ってもらい、協力者や仲間を増やしたい考えだ。

 代表の小金澤綾美さん(29)は「中心市街地でこんなことができないか―と考えている人や企業、団体と共にイベントを作り上げ、まちなかに活気を呼び込みたい」と意気込む。

 講演会と「お金のゲーム」以外は当日参加も可能だが来場者数把握のため、事前申し込みの協力を呼び掛けている。

 申し込み、問い合わせは、フェイスブックの「はじめのIPPO」イベントページで受け付けている。

関連記事

日高報知新聞

災害乗り越え実績上げる【平取】

【平取】びらとり野菜生産振興会トマト・胡瓜部会(石浦政司部会長、会員163人)の第30回定期総会と反省会が18日、びらとり農協本所2階大会議室で開かれた。  開会で石浦部会長は「5月の連休前の大雪、...

根室新聞

胆振東部地震から復興を支援 緑町商店街が応援セール【根室】

 緑町商店街振興組合(日沼茂人理事長)は2月2、3日の2日間、胆振東部地震の商店街を応援する「心を一つに!北海道胆振東部地震復興支援応援セール」=ポスター写真=を市内緑町のまちなかサロン恋問で開催...

日高報知新聞

信号機倒し通行止め【新ひだか】

【新ひだか】18日午後0時10分ごろ、新ひだか町春立の国道235号で、コンクリートミキサー車が信号機に接触し、信号機が根元から折れ曲がって道路を塞ぐ事故が発生した。幸い、けが人はいなかったものの、国道...

根室新聞

混声合唱団クール・エコー 創立50周年記念演奏会開く【根室】

 根室混声合唱団クール・エコー(田村昌也団長)は20日、創立50周年を記念した演奏会を市総合文化会館で開いた。約200人が来場し、同団のほか、ゲスト出演したOB、OGや子どもたちの歌声が会場に響いた。...

根室新聞

世代超えて親睦 第88回芭蕉同窓会開く【根室】

 根室高等学校の卒業生で組織する芭蕉同窓会(松浦宗信会長)は20日、第88回総会及び親睦会を根室グランドホテルで開いた。卒業生や関係者など約350人が出席し、総会では伝統ある3つの校歌を高らかに斉唱。...