北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

本格始動前に14日 プレイベント 苫小牧の中心街活性化目指す女性グループ

発足後初のイベントをPRする「はじめのIPPO」メンバー

 苫小牧市の中心市街地活性化を目指す女性グループ「できることからはじめのIPPO(いっぽ)」は14日午前10時から、市内表町のまちなか交流センター・ココトマで初の子育てイベントを開く。今春からの活動本格化を前にしたプレイベントの位置付け。子育て講演会やアナログゲームの体験会、大型遊具の開放などを予定している。午後3時まで。

 イベントはココトマとの共催で、市などが後援。「アナログ」をテーマに、ココトマのラウンジとスタジオ2室で各種イベントを同時展開する。入場料は、1家族500円。

 ラウンジでは、約90種類のアナログゲームや木のおもちゃを並べて自由に体験してもらうほか、拳玉のワークショップも随時実施。スタジオでは白老町で長年、子育て支援に関わってきたNPO法人お助けネットの中谷通恵代表による講演会(午前10時半~11時半・受講料500円)やお金の使い方を楽しく学べるゲーム(午後1時~同3時・同500円)、エア遊具の開放(午後1時半~3時・入場料子ども1人200円)を行う。講演会、「お金のゲーム」は要予約。

 「はじめのIPPO」は市の中心市街地の活性化プロジェクトに参加し、にぎわい創出策を議論してきた子育て中の母親ら10人で、昨年9月に発足。今春から子どもの遊び場づくりや親子イベント、親子カフェなどを定期開催していく。プレイベントで取り組みを多くの市民に知ってもらい、協力者や仲間を増やしたい考えだ。

 代表の小金澤綾美さん(29)は「中心市街地でこんなことができないか―と考えている人や企業、団体と共にイベントを作り上げ、まちなかに活気を呼び込みたい」と意気込む。

 講演会と「お金のゲーム」以外は当日参加も可能だが来場者数把握のため、事前申し込みの協力を呼び掛けている。

 申し込み、問い合わせは、フェイスブックの「はじめのIPPO」イベントページで受け付けている。

関連記事

根室新聞

「日本一遅く咲く桜並木」歯舞でチシマザクラ見頃【根室】

 歯舞地区マリンビジョン協議会(会長・小倉啓一歯舞漁協組合長)の「日本一遅く咲く桜並木の整備」事業で、同組合の背後地に植樹したチシマザクラが開花した。  チシマザクラの植樹は、地区のマリンビ...

根室新聞

ヒグマ目撃多発「山菜採りなど十分注意を」【根室】

 4月以降、ヒグマの目撃情報が相次いでいる。30年度は過去10年で最多の44件の目撃情報が寄せられたが、今年は25日までに11件と、すでに昨年同期を4件上回っている。幸い市内ではヒグマによる人身被...

苫小牧民報

若手声優が地元愛発揮 千歳出身・花井美春さんパーソナリティー-STVラジオ

 千歳市出身の声優、花井美春さん(21)が、STVラジオで放送中のラジオ番組「なまらぶ?」(毎週月曜午前3時から30分間)でパーソナリティーを務めている。本道出身の若手声優が、地元愛を発揮しながら...

苫小牧民報

元気の秘訣はウド作り 穂別の86歳の山下さん-むかわ

 むかわ町でウドを栽培し、苫小牧や札幌の市場に卸している女性が穂別地区にいる。「山下のばあちゃん」の愛称で地元のみならず全国各地にその名を知られる山下冨美子さん(86)。高齢になってなお元気な姿...

苫小牧民報

被災で今月限り閉鎖 龍の舞ビッグスギゴルフ倶楽部-むかわ

 むかわ町春日にある「龍の舞ビッグスギゴルフ倶楽部」が、今月限りで閉鎖することになった。昨年9月に発生した胆振東部地震でコースに大きな爪痕が残り、復旧費用の確保が難しいと判断した。  同ゴルフ...