北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

文芸誌「視線」第9号発行 過去最大ボリュームに【函館】

文芸誌「視線」の最新号を完成させた編集長の和田さん

 函館の文芸同人「視線の会」が発行する文芸誌「視線」の第9号が完成した。客員同人で、国際啄木学会元会長の近藤典彦さんが「郁雨は啄木最悪の友となった-絶好とその後の真実-」と題して特別寄稿。詩や短歌、小説、童話、評論と幅広く、過去最大のボリュームある1冊となった。

 近藤さんの評論は、石川啄木の妻節子と、啄木を物心ともに支援した宮崎郁雨(大四郎)との関係を1911(明治44)年6月と9月の出来事を中心に再検証する内容。編集長で元市文学館館長の和田裕さん(71)は「郁雨と節子が深い関係にあったことは以前から言われていることだが、啄木の日記に基づいて検証した。『興味深く読んだ』と読者からの反響が多い」と話す。

 元道南歌人協会会長の俵祐二さんは啄木の短歌を用い、函館の芸妓が歌った「函館さのさ」のいわれについての随想を執筆。水関清さんは随想以外にも、「万引き家族」(是枝裕和監督)など3作品の映画評論を書いた。麻生直子さんは詩集「端境の海」から「降り積もる霧の砂」、鳴海公美恵さんは「氷点橋」と題して短歌十首を寄せた。小説は5人が心境小説などを書いた。

 次号は2010年の復刊から10冊目となる。和田さんは「郷土に根ざしたゆかりのある作品を載せていきたい。第10号では青函連絡船についての作品を載せたい。書いていただける方がいればご連絡をいただければ」と話している。

 A5判、200ページ。300部発行。一部500円で、三省堂書店川原店(川原町4)で販売している。問い合わせは和田さん(0138・32・6844)へ。

関連記事

函館新聞

はこだて国際科学祭が開幕 食テーマに11回目【函館】

 楽しみながら科学と社会の関係を考える「はこだて国際科学祭」(サイエンス・サポート函館主催)が17日、五稜郭タワーアトリウムを主会場に始まった。11回目の今年は「『食』が育む、函館の未来。」をテ...

函館新聞

秋のバル街9月1日 過去2番目76店が参加【函館】

 函館市西部地区をスペインの立ち飲み居酒屋「バル」に見立て、はしご酒を楽しむイベント「函館西部地区バル街」(実行委主催)が9月1日、同地区で開かれる。秋のバル街としては最も早い開催で、過去2番目...

根室新聞

写友会が写真展 24日まで【根室】

 市内の写真サークル「写友会」(小林正輔会長)の写真展が17日、市総合文化会館エントランスホールで始まった。会員5人が各10作品を展示し、野生動物や自然現象を切り取った写真でカメラテクニックを...

根室新聞

参院選10代投票率 過去最低に【根室】

 7月21日に投開票が行われた第25回参議院議員通常選挙の根室市内の10代(18、19歳)の投票率は2282パーセントで、18歳選挙権が導入された平成28年の第24回参院選以降の各級選挙を通じて、...

苫小牧民報

モデルの椿梨央さんサプライズで始球式 太陽杯軟式全道少年野球胆振支部予選..

 太陽グループ杯争奪第26回全道少年軟式野球選抜大会胆振支部予選大会は17日午前、苫小牧市営少年野球場で開幕した。2日間にわたって胆振地区の小学生たちが全道大会への1枠を懸けてトーナメント戦を繰...