北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

文芸誌「視線」第9号発行 過去最大ボリュームに【函館】

文芸誌「視線」の最新号を完成させた編集長の和田さん

 函館の文芸同人「視線の会」が発行する文芸誌「視線」の第9号が完成した。客員同人で、国際啄木学会元会長の近藤典彦さんが「郁雨は啄木最悪の友となった-絶好とその後の真実-」と題して特別寄稿。詩や短歌、小説、童話、評論と幅広く、過去最大のボリュームある1冊となった。

 近藤さんの評論は、石川啄木の妻節子と、啄木を物心ともに支援した宮崎郁雨(大四郎)との関係を1911(明治44)年6月と9月の出来事を中心に再検証する内容。編集長で元市文学館館長の和田裕さん(71)は「郁雨と節子が深い関係にあったことは以前から言われていることだが、啄木の日記に基づいて検証した。『興味深く読んだ』と読者からの反響が多い」と話す。

 元道南歌人協会会長の俵祐二さんは啄木の短歌を用い、函館の芸妓が歌った「函館さのさ」のいわれについての随想を執筆。水関清さんは随想以外にも、「万引き家族」(是枝裕和監督)など3作品の映画評論を書いた。麻生直子さんは詩集「端境の海」から「降り積もる霧の砂」、鳴海公美恵さんは「氷点橋」と題して短歌十首を寄せた。小説は5人が心境小説などを書いた。

 次号は2010年の復刊から10冊目となる。和田さんは「郷土に根ざしたゆかりのある作品を載せていきたい。第10号では青函連絡船についての作品を載せたい。書いていただける方がいればご連絡をいただければ」と話している。

 A5判、200ページ。300部発行。一部500円で、三省堂書店川原店(川原町4)で販売している。問い合わせは和田さん(0138・32・6844)へ。

関連記事

日高報知新聞

災害乗り越え実績上げる【平取】

【平取】びらとり野菜生産振興会トマト・胡瓜部会(石浦政司部会長、会員163人)の第30回定期総会と反省会が18日、びらとり農協本所2階大会議室で開かれた。  開会で石浦部会長は「5月の連休前の大雪、...

根室新聞

胆振東部地震から復興を支援 緑町商店街が応援セール【根室】

 緑町商店街振興組合(日沼茂人理事長)は2月2、3日の2日間、胆振東部地震の商店街を応援する「心を一つに!北海道胆振東部地震復興支援応援セール」=ポスター写真=を市内緑町のまちなかサロン恋問で開催...

日高報知新聞

信号機倒し通行止め【新ひだか】

【新ひだか】18日午後0時10分ごろ、新ひだか町春立の国道235号で、コンクリートミキサー車が信号機に接触し、信号機が根元から折れ曲がって道路を塞ぐ事故が発生した。幸い、けが人はいなかったものの、国道...

根室新聞

混声合唱団クール・エコー 創立50周年記念演奏会開く【根室】

 根室混声合唱団クール・エコー(田村昌也団長)は20日、創立50周年を記念した演奏会を市総合文化会館で開いた。約200人が来場し、同団のほか、ゲスト出演したOB、OGや子どもたちの歌声が会場に響いた。...

根室新聞

世代超えて親睦 第88回芭蕉同窓会開く【根室】

 根室高等学校の卒業生で組織する芭蕉同窓会(松浦宗信会長)は20日、第88回総会及び親睦会を根室グランドホテルで開いた。卒業生や関係者など約350人が出席し、総会では伝統ある3つの校歌を高らかに斉唱。...