北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

「どれがいいかな…」アーニスでカレンダー市【登別】

お気に入りを探す買い物客でにぎわうカレンダーリサイクル市

 カレンダーリサイクル市が11日、登別市中央町の登別中央ショッピングセンター・アーニスで始まった。多種多様な形状、デザインのカレンダーが並び、市民がお気に入りを買い求めていた。益金は市内の地域福祉活動に活用される。きょう12日まで。

 登別市社会福祉協議会とアーニスの共催で、5回目を迎える。市民や企業から使用しないカレンダーを募り、昨年と同規模の3千点が集まった。

 日めくりや卓上、掛け軸風の壁掛けなどタイプはさまざま。一枚に3カ月分の暦が記されていたり、暖房・ガス器具の取り扱いや交通安全を呼び掛けるメッセージを取り入れるなど多彩。デザインも国内外の風景・自然や名所、動物、アニメキャラクターなど豊富だ。

 今年の干支(えと)・亥(い)をあしらったタイプは見た目にもかわいらしい。午前10時の開店と同時に多くの買い物客が詰め掛けて、掘り出し物を探していた。カレンダーは一部に付き100円以上で提供している。

 最終日の12日は午前10時~午後4時。

関連記事

十勝毎日新聞

チームラボ 開幕1週間で5千人に【帯広】

 道立帯広美術館で開催中の体験型デジタルアート展「チームラボ 学ぶ!未来の遊園地と、花と共に生きる動物達」(十勝毎日新聞創刊100年記念事業、実行委主催)の来場者が13日午前11時ごろ、500...

室蘭民報

150年史を朗読劇で…劇団パラムが14日に定期公演【伊逹】

 伊達市の市民劇団「劇団パラム」の第24回定期公演が14日、市内松ヶ枝町のだて歴史の杜カルチャーセンターで開かれる。伊達150年の節目となる今回は、明治期に北海道に渡ってきた亘理伊達家の移住経緯...

室蘭民報

らいらっくが20日まで作品展、来場者の心癒やす【室蘭】

 室蘭のパステル画サークル「らいらっく」のパステル画展が20日まで、中島町の市生涯学習センター・きらんで開かれている。繊細で優しいタッチが特徴の作品群が、来場者の心を癒やしている。  メンバ...

室蘭民報

21日にみたらで港の写生会、小中学生対象に多くの参加募る【室蘭】

 室蘭市民美術館をささえる会(丸山貴陸会長)主催の第16回港の写生会が21日、室蘭市祝津町の道の駅みたら室蘭で開かれる。小中学生を対象に、多くの参加者を募集している。  写生会はむろらん港まつ...

室蘭民報

8月3日に市民会館で「守谷弘の音楽展20in室蘭」【室蘭】

 「守谷弘の音楽展20in室蘭」(同実行委主催)が8月3日、室蘭市輪西町の市民会館で開かれる。コンサートでは室蘭の美しい景色を荘厳なハーモニーで表現した交響合唱曲「室蘭」(光城健悦作詞)が披露され...