北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

「どれがいいかな…」アーニスでカレンダー市【登別】

お気に入りを探す買い物客でにぎわうカレンダーリサイクル市

 カレンダーリサイクル市が11日、登別市中央町の登別中央ショッピングセンター・アーニスで始まった。多種多様な形状、デザインのカレンダーが並び、市民がお気に入りを買い求めていた。益金は市内の地域福祉活動に活用される。きょう12日まで。

 登別市社会福祉協議会とアーニスの共催で、5回目を迎える。市民や企業から使用しないカレンダーを募り、昨年と同規模の3千点が集まった。

 日めくりや卓上、掛け軸風の壁掛けなどタイプはさまざま。一枚に3カ月分の暦が記されていたり、暖房・ガス器具の取り扱いや交通安全を呼び掛けるメッセージを取り入れるなど多彩。デザインも国内外の風景・自然や名所、動物、アニメキャラクターなど豊富だ。

 今年の干支(えと)・亥(い)をあしらったタイプは見た目にもかわいらしい。午前10時の開店と同時に多くの買い物客が詰め掛けて、掘り出し物を探していた。カレンダーは一部に付き100円以上で提供している。

 最終日の12日は午前10時~午後4時。

関連記事

室蘭民報

22、23日に洋ラン100点の作品展示会【室蘭】

 室蘭蘭友会(栗林芳枝会長)主催の第27回洋ラン作品展示会が23、24の両日、室蘭市輪西町の市民会館で開かれる。セロジネやカトレア、コチョウラン、ギンギアナムなど、洋ラン約100点が並ぶ。 ...

室蘭民報

市民美術館で「昭和に芽生えた作風」始まる【室蘭】

 室蘭市幸町の市民美術館(工藤善蔵館長)の企画展「昭和に芽生えた多彩な作風―野本先生と同時期の作家たち」が、19日から同館で始まった。伊達市に在住した道内の抽象画家の第一人者で、今年1月に亡くな...

十勝毎日新聞

全国から「星の絵はがき」 銀河の森天文台に249点展示【陸別】

 りくべつ宇宙地球科学館・銀河の森天文台(上出洋介館長)が初めて企画した「星の絵はがきコンテスト」で、予想を大きく上回る249点の作品が全国から寄せられた。24日まで同館内で展示している。 ...

室蘭民報

油彩や水彩、秀逸な作品…美術協会新人展始まる【室蘭】

 第37回室蘭美術協会新人展が14日から、室蘭市幸町の市民美術館で始まった。同協会会員になって3年目以内の新人と、昨年の第83回公募展受賞者たちの個性あふれる油彩や水彩、日本画、アクリル画が並...

室蘭民報

フルート・篠笛奏者で室蘭市出身の宮川さんが16日にライブ【室蘭】

 室蘭市出身のフルート・篠笛奏者の宮川悦子さん=埼玉県草加市=の投げ銭ライブが、あす16日午前11時から室蘭市中央町2の蘭西ギャラリーで開かれる。20本以上の笛を所有し、クラシックや民謡、ポッ...