北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

たくあんは萩沢正美さん【新ひだか】

【新ひだか】JAみついし女性部(田上ひろみ部長)主催の第35回漬物コンクールが11日、本桐基幹集落センターで開かれ、35人が参加して出品した漬物の味くらべをした。

 コンクールは「たくあんの部」など計9部門で、農家の女性が67品の自慢の味を出品。今回も定番のたくあんやいずしのほか、オリジナルの漬物やお菓子が会場に並んだ。

 開会で田上部長は「このコンクールは、家庭の味や、地域の味を伝えていこうとの思いで開催されており、漬物は昔からおもてなしに使われています。漬物を囲むと会話も弾むもので、今日は1日楽しく過ごしてほしい」とあいさつ。

 来賓の大野克之町長、酒井薫みついし農協組合長も女性部の活動をねぎらい、出品された漬物へ期待の言葉を送った。

 審査は来賓のほか、参加者と農協職員らも行い、一つひとつ皿に取りながら味や色彩などを見て、各部門に2票ずつ投票。

 講評では、審査を務めた日高振興局の松浦英則局長が「たくあんが大好きで、すごくおいしかった。手づくりのおいしい漬物をいただき感動しました」と絶賛した。

 しょうゆ漬けと加工品の2部門で優勝した村中幸子さん(川上)は「今年は味も良く仕上がった。しょうゆ漬けは2回漬けをしており、おいしいと言ってもらえてうれしい」と話していた。

 成績は次の通り。

 ▽たくあん(7品)①萩沢正美(大根)②下屋敷麻子(同)③京野節子(同)

 ▽粕漬け(10品)①京野節子(セロリ)②片山秀子(ヤーコン)③山本美恵子(きゅうり)

 ▽しょうゆ漬け(8品)①村中幸子(きゅうり)②山本美恵子(大根)③萩沢正美(同)

 ▽その他大根(13品)①萩沢正美(やみつき大根)②谷越すみえ(大根のくんせい)③下屋敷麻子(かぼちゃ漬け)

 ▽その他漬物・葉物(6品)①下屋敷麻子(梅ジャムしそのキャベツ)②同(行者ニンニクのキムチ漬け)③角幸子(白菜のサワー漬け)

 ▽いずし(6品)①片山秀子(鮭)②山本美恵子(同)③木田恵子(サーモン)

 ▽アイデア(5品)①下屋敷麻子(大根巻のサバ漬け)②同(かぼす入りピクルス)③村中幸子(お揚げの和風ピザ)

 ▽加工品(7品)①村中幸子(ようかん)②京野節子(にんにくみそ)③山本美恵子(ようかん)

 ▽お菓子(5品)①萩沢正美(りんごケーキ)②村中幸子(アーモンドのミニパウンドケーキ)③同(香ばしいチョコチップクッキー)

出品された漬物(いずしの部)の味くらべをする参加者たち

関連記事

根室新聞

震災建築物の危険度判定を容易に―青年建築士がマニュアル作成【根室】

 根室市内の建築士で作る一般社団法人北海道建築士会根室支部青年委員会(海老名秀貴委員長)は、地震発生時に専門的な知識がなくても施設の安全点検ができる「だれでもわかる震災建築物の簡易危険度判定マ...

根室新聞

24日「別院寄席」地元出身の三遊亭金八さんプロデュース【根室】

 根室出身の落語家・三遊亭金八さんがプロデュースする第17回別院寄席「歌でつづる戦後歌謡史2019」=ポスター写真=が24日、真宗大谷派根室別院会館で開かれる。今年は「歌まね」で史上初めて文化庁芸術祭優秀...

苫小牧民報

6年連続「億トン港」 震災の影響を最小限に

 苫小牧港の2018年(1~12月)の貨物取扱量が速報値ベースで1億744万4278トンとなった。03~08年の記録と並ぶ6年連続の1億トン超え。ただ、昨年9月に起きた胆振東部地震の影響で前年比...

日高報知新聞

漁業とアザラシの共存を【えりも】

【えりも】日高振興局は17日、日高山脈襟裳国定公園の観光拠点、襟裳岬・風の館で「親子で考えよう!ゼニガタアザラシ学習観察会」を開き、管内7町から親子44人が参加した。岬に棲むゼニガタアザラシの生態...

日高報知新聞

管内7校で388人が合格

 18日は道内公立高校の合格発表日。日高管内でも午前10時に全日制6校、定時制1校で一斉に合格発表が行われ、全日制381人と定時制7人の計388人(前年421人)が合格の栄冠を勝ち取った。  各...