北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

たくあんは萩沢正美さん【新ひだか】

【新ひだか】JAみついし女性部(田上ひろみ部長)主催の第35回漬物コンクールが11日、本桐基幹集落センターで開かれ、35人が参加して出品した漬物の味くらべをした。

 コンクールは「たくあんの部」など計9部門で、農家の女性が67品の自慢の味を出品。今回も定番のたくあんやいずしのほか、オリジナルの漬物やお菓子が会場に並んだ。

 開会で田上部長は「このコンクールは、家庭の味や、地域の味を伝えていこうとの思いで開催されており、漬物は昔からおもてなしに使われています。漬物を囲むと会話も弾むもので、今日は1日楽しく過ごしてほしい」とあいさつ。

 来賓の大野克之町長、酒井薫みついし農協組合長も女性部の活動をねぎらい、出品された漬物へ期待の言葉を送った。

 審査は来賓のほか、参加者と農協職員らも行い、一つひとつ皿に取りながら味や色彩などを見て、各部門に2票ずつ投票。

 講評では、審査を務めた日高振興局の松浦英則局長が「たくあんが大好きで、すごくおいしかった。手づくりのおいしい漬物をいただき感動しました」と絶賛した。

 しょうゆ漬けと加工品の2部門で優勝した村中幸子さん(川上)は「今年は味も良く仕上がった。しょうゆ漬けは2回漬けをしており、おいしいと言ってもらえてうれしい」と話していた。

 成績は次の通り。

 ▽たくあん(7品)①萩沢正美(大根)②下屋敷麻子(同)③京野節子(同)

 ▽粕漬け(10品)①京野節子(セロリ)②片山秀子(ヤーコン)③山本美恵子(きゅうり)

 ▽しょうゆ漬け(8品)①村中幸子(きゅうり)②山本美恵子(大根)③萩沢正美(同)

 ▽その他大根(13品)①萩沢正美(やみつき大根)②谷越すみえ(大根のくんせい)③下屋敷麻子(かぼちゃ漬け)

 ▽その他漬物・葉物(6品)①下屋敷麻子(梅ジャムしそのキャベツ)②同(行者ニンニクのキムチ漬け)③角幸子(白菜のサワー漬け)

 ▽いずし(6品)①片山秀子(鮭)②山本美恵子(同)③木田恵子(サーモン)

 ▽アイデア(5品)①下屋敷麻子(大根巻のサバ漬け)②同(かぼす入りピクルス)③村中幸子(お揚げの和風ピザ)

 ▽加工品(7品)①村中幸子(ようかん)②京野節子(にんにくみそ)③山本美恵子(ようかん)

 ▽お菓子(5品)①萩沢正美(りんごケーキ)②村中幸子(アーモンドのミニパウンドケーキ)③同(香ばしいチョコチップクッキー)

出品された漬物(いずしの部)の味くらべをする参加者たち

関連記事

根室新聞

サンマ初水揚げ 花咲港に中型船帰港【根室】

 農林水産大臣許可の第2陣として今月15日に出漁した20トン以上100トン未満の中型サンマ棒受け網漁船5隻が22日、花咲港にサンマを初水揚げした。このうち、午前7時から行われたセリでは4隻が発...

根室新聞

24日 道の駅で限定販売「ハスカップのサワーケーキ」【根室】

 道の駅スワン44ねむろで24日午前11時から販売する今月のスイーツに、JR根室駅前の移住交流推進拠点カフェ・ボストークが作る「ハスカップのサワーケーキ」=写真=が15個限定で登場する。  スワンと...

根室新聞

中西進氏講演会「オホーツク文化から日本を見る」開催へ【根室】

 万葉集研究の第一人者で日本とアジアの比較文化研究の権威、中西進氏(富山県立高志の国文学館館長)の講演会が、9月18日午後6時半から市総合文化会館小ホールで開かれることが決まった。演題は「オホーツ...

日高報知新聞

光ケーブル網を整備【新冠】

【新冠】国の補助を受け、町は本年度と来年度以降の2年間、約12億円をかけ町内全域に延長200㌔以上の光ケーブル網を整備し、光ケーブル整備済みの市街地と情報通信で格差のあった周辺部へ高速インターネット...

日高報知新聞

続縄文時代の配石遺構【様似】

【様似】町教委が発掘調査している冬島遺跡で、平行に石を並べ、間に砂を敷き詰めた直列配石の遺構が出土した。約2200年前ころの続縄文文化期の地層で、同文化期の遺跡では道内で前例がないという。  冬...