北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

エゾシカとの共生考えよう きょうからイベント【函館】

チラシを手にイベントへの参加を呼び掛ける金森さん

 エゾシカとの共生、有効活用を考えるイベント「Dear Deer(ディア・ディア=親愛なるシカ)」(実行委主催)が13~20日、函館市と七飯町で開かれる。人間とシカの関わりを「観(み)る」「食べる」「触れる」「出会う」の4方向から体感する企画で、シカ肉薬膳カレーの販売や写真展、鹿角ホイッスル作りなど、盛りだくさんの内容を用意。委員長の金森春菜さん(35)=七飯町在住=は「エゾシカの魅力を知ってもらう機会にしたい」と意気込む。

 函館市内4店舗でシカ肉を扱うコープさっぽろが協力、渡島総合振興局が後援。イベントは、根室管内羅臼町のガイドツアー会社「知床らうすリンクル」が昨年9~10月、同町で開催したのに続き、今回が2回目。同社はシカ捕獲も行っており、金森さんが女性ハンターとして活動している縁で、道南での開催が決まった。

 シカ肉薬膳カレーは、ノーボーダーズカフェ(羅臼町)のスタッフが作り、道の駅「なないろ・ななえ」内のいももちやで14~16日に販売。14日は正午から、15、16両日は午前9時から提供する。

 写真展は、リンクルのガイドで写真家の高林紗弥香さんが撮りためたシカの生と死を見つめた力作がそろう。15~20日、まるたまスクエア(元町)で午前11時~午後9時(最終日は同3時)。観覧無料。

 鹿角ホイッスル作りは15、16両日午前10時~午後3時で、場所は15日がいももちや、16日がまるたまスクエアで。体験料2000円で、ワンオーダーが必要。申し込み不要。

 このほか、大沼流山牧場(七飯町東大沼)で13、14日、1泊2日の日程でエゾシカガイドツアー(申し込み終了)を行い、わなの掛け方体験やシカ肉とワインの夕べ、牧場体験などを楽しむ。

 金森さんは「身近な存在のエゾシカを食材だけでなく、多面的な視点から知ってほしい。ハンターの仕事もアピールしたい」と話している。

関連記事

根室新聞

震災建築物の危険度判定を容易に―青年建築士がマニュアル作成【根室】

 根室市内の建築士で作る一般社団法人北海道建築士会根室支部青年委員会(海老名秀貴委員長)は、地震発生時に専門的な知識がなくても施設の安全点検ができる「だれでもわかる震災建築物の簡易危険度判定マ...

根室新聞

24日「別院寄席」地元出身の三遊亭金八さんプロデュース【根室】

 根室出身の落語家・三遊亭金八さんがプロデュースする第17回別院寄席「歌でつづる戦後歌謡史2019」=ポスター写真=が24日、真宗大谷派根室別院会館で開かれる。今年は「歌まね」で史上初めて文化庁芸術祭優秀...

苫小牧民報

6年連続「億トン港」 震災の影響を最小限に

 苫小牧港の2018年(1~12月)の貨物取扱量が速報値ベースで1億744万4278トンとなった。03~08年の記録と並ぶ6年連続の1億トン超え。ただ、昨年9月に起きた胆振東部地震の影響で前年比...

日高報知新聞

漁業とアザラシの共存を【えりも】

【えりも】日高振興局は17日、日高山脈襟裳国定公園の観光拠点、襟裳岬・風の館で「親子で考えよう!ゼニガタアザラシ学習観察会」を開き、管内7町から親子44人が参加した。岬に棲むゼニガタアザラシの生態...

日高報知新聞

管内7校で388人が合格

 18日は道内公立高校の合格発表日。日高管内でも午前10時に全日制6校、定時制1校で一斉に合格発表が行われ、全日制381人と定時制7人の計388人(前年421人)が合格の栄冠を勝ち取った。  各...