北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

渡部智佳子さんが3部門1位【えりも】

【えりも】自家製の漬物の味を競う「第55回つけものコンクール」が14日、町福祉センターで開かれ、町内女性が出品した漬物で自慢の味を競いあった。町女性団体連絡協議会(川﨑尚子会長)が主催し、町教委が後援。

 川﨑会長は「今年で55回の節目を迎えて、味覚・視覚にも時の移りを感じるが、各家庭が伝統の味を守り続けようとしている意気込みを審査で感じ取って欲しい」と審査員に呼び掛けた。

 大西正紀町長は「平成最後の元旦に襟裳岬のご来光を拝めて穏やかな年になりそう。町内主婦らの手で半世紀以上も続いているつけものコンクールに敬意を表する。昨年はコンブ、秋サケ共にまずまずの生産を確保できて安堵。地元産食材を豊富に使った各家庭自慢の逸品を堪能させてもらう」と期待した。

 今回は、たくあん、かぼちゃ漬け、サケいずしなど7部門に14人が30品目を出品。大西町長、川上松美町教育長、斉藤譲二日高振興局副局長、若槻恵美子日高地区漁協女性部連絡協議会副会長、住野谷張貴えりも漁協専務など15人の審査員が各部門を受け持って、お茶で味覚を整えながら、味、香り、見た目などを1品ずつ慎重に審査。

出品者自慢の味を慎重に試食する審査員

 審査は、各部門の出品数に応じて1~3位までの順位となったが、コンクール出品常連で、毎年のいずしづくりの講師も務めている渡部智佳子さん=本町=が3部門で1位を獲得した。渡部さんは「毎年漬けるのが楽しみです。幼い頃の〝おふくろの味”を思い出して続けてきました」と話していた。表彰式の後は、審査員や一般参加を含む55人が、主催者が用意したご飯とふのりの味噌汁で、出品漬物をおかずに昼食会を楽しんだ。

 各部門の入賞者は次の通り。

 ▽たくあんの部 ①渡部千鳥▽かぼちゃ漬けの部 ①渡部智佳子▽かす漬けの部 ①吉田洋子▽工夫の部 ①芳賀寿子②同▽即席の部 ①川﨑尚子②渡部智佳子③長内里香▽いずし「さけ」の部 ①渡部智佳子②川﨑舞子▽いずし「その他」の部 ①渡部智佳子②同

関連記事

根室新聞

EPJO 10日に冬ライブ開催 ゲストに川口千里さんら【根室】

 イースト・ポイント・ジャズ・オーケストラ(EPJO、丸山一之代表)による冬ライブ「流氷Part4 with 川口千里」が、3月10日午後3時から道立北方四島交流センターニ・ホ・ロで開かれる。今年も女子大生ド...

根室新聞

市児童・生徒造形作品展 25日まで【根室】

 根室市教育研究会図工・美術サークル(宮田玲二部長)による、第40回根室市児童・生徒造形作品展が23日から、市総合文化会館多目的ホールで始まった。市内各校の児童生徒らから合計532作品が集まり、市民の...

根室新聞

光陽堂友の会が写真展 会員35人の作品一堂に【根室】

 光陽堂友の会(藤井昭作代表)主催の写真展が23日から、市総合文化会館エントランスホールで始まった。市内の写真愛好者35人からネイチャーフォトなど56点が出品されている。3月1日まで。  同会は、市...

苫小牧民報

災害ボランティア活躍 精力的に住民支援-厚真

 胆振地方中東部を震源とした21日の地震で、最大震度6弱を観測した厚真町の災害ボランティアセンター(松田敏彦センター長)が住民の支援活動に乗りだしている。23日は朝から、ボランティアや職員らが2...

苫小牧民報

厚真の断水 復旧のめど立たず

 21日夜発生した胆振地方中東部を震源とした地震で、最大震度6弱を観測した厚真町の豊沢地区では、水道管からの水漏れによるとみられる断水が続いている。徐々に回復しているものの、今もなお60戸以上で...