北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

渡部智佳子さんが3部門1位【えりも】

【えりも】自家製の漬物の味を競う「第55回つけものコンクール」が14日、町福祉センターで開かれ、町内女性が出品した漬物で自慢の味を競いあった。町女性団体連絡協議会(川﨑尚子会長)が主催し、町教委が後援。

 川﨑会長は「今年で55回の節目を迎えて、味覚・視覚にも時の移りを感じるが、各家庭が伝統の味を守り続けようとしている意気込みを審査で感じ取って欲しい」と審査員に呼び掛けた。

 大西正紀町長は「平成最後の元旦に襟裳岬のご来光を拝めて穏やかな年になりそう。町内主婦らの手で半世紀以上も続いているつけものコンクールに敬意を表する。昨年はコンブ、秋サケ共にまずまずの生産を確保できて安堵。地元産食材を豊富に使った各家庭自慢の逸品を堪能させてもらう」と期待した。

 今回は、たくあん、かぼちゃ漬け、サケいずしなど7部門に14人が30品目を出品。大西町長、川上松美町教育長、斉藤譲二日高振興局副局長、若槻恵美子日高地区漁協女性部連絡協議会副会長、住野谷張貴えりも漁協専務など15人の審査員が各部門を受け持って、お茶で味覚を整えながら、味、香り、見た目などを1品ずつ慎重に審査。

出品者自慢の味を慎重に試食する審査員

 審査は、各部門の出品数に応じて1~3位までの順位となったが、コンクール出品常連で、毎年のいずしづくりの講師も務めている渡部智佳子さん=本町=が3部門で1位を獲得した。渡部さんは「毎年漬けるのが楽しみです。幼い頃の〝おふくろの味”を思い出して続けてきました」と話していた。表彰式の後は、審査員や一般参加を含む55人が、主催者が用意したご飯とふのりの味噌汁で、出品漬物をおかずに昼食会を楽しんだ。

 各部門の入賞者は次の通り。

 ▽たくあんの部 ①渡部千鳥▽かぼちゃ漬けの部 ①渡部智佳子▽かす漬けの部 ①吉田洋子▽工夫の部 ①芳賀寿子②同▽即席の部 ①川﨑尚子②渡部智佳子③長内里香▽いずし「さけ」の部 ①渡部智佳子②川﨑舞子▽いずし「その他」の部 ①渡部智佳子②同

関連記事

日高報知新聞

中男73㌔以下は佐藤選手

 公益社団法人北海道柔道整復師会日胆ブロック主催の第33回日胆柔道スポーツ少年団交流大会兼第28回文部科学大臣杯争奪北整選抜少年柔道大会選考会(浦河柔道連盟主管)が14日、浦河町ファミリースポーツセンタ...

日高報知新聞

開幕日のレース楽しむ【浦河】

 17日に日高町の門別競馬場で開幕したホッカイドウ競馬を盛り上げる「応援ビアバーティーin・Aiba浦河」が同日夜、浦河町の浦河ウエリントンホテルで開かれた。この日は全道的に6月から夏並みに気温...

苫小牧民報

安平に復興シンボル、道の駅オープン 地元の食求めにぎわう

 安平町追分地区で19日、道の駅「あびらD51(デゴイチ)ステーション」がオープンした。"鉄道のまち"をアピールする鉄道資料館を併設し、地元の新鮮な農産物や特産品を並べた施設は、開業と同時に町内外...

苫小牧民報

ワーカム北海道、独身寮再建へ 来年6月完成-むかわ

 いすゞ自動車は、胆振東部地震で被災したグループ会社「ワーカム北海道」(本社・むかわ町)の独身寮(むかわ町文京)を再建する。災害に備えて耐震性を高めて、非常用電源なども備えていく。災害時は住民に...

室蘭民報

市ふれあい市民農園オープン、農作業に心地よい汗【室蘭】

 室蘭市崎守町の市ふれあい市民農園が17日開園した。利用者は晴天の下、農作業に入り、心地よい汗を流していた。11月17日まで開園しており、2019年度は121人が申し込んだ。内訳は50平方メート...