北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

音楽と歴史融合、23日チェンバロコンサート【室蘭】

チェンバロ演奏を披露し、北前船の歴史や功績を語る明楽さん=提供写真

 みなとまちづくり女性ネットワーク室蘭(立野了子代表)主催の海の日チェンバロコンサート「歴史と音楽のひととき」が23日、室蘭市絵鞆町のエンルムマリーナ室蘭2階で開かれる。札幌のチェンバロ奏者で、江戸―明治時代に活躍した「北前船」船主の子孫である明楽みゆきさんが出演。バロック音楽を披露し、北前船の歴史や功績を語る。

 チェンバロは400年前のルネサンス時代にイタリアで生まれた鍵盤楽器。形はピアノに似ているが、歴史はピアノより古い。音楽史でいうバロック時代の16~18世紀に西洋で栄えた。

 時を同じくして江戸―明治時代に活躍した北前船。大阪を起点に、日本海側の主要な港と蝦夷(えぞ)をつなぐ重要な貿易船だった。物と人、文化を運び、近代日本の礎を築いた。

 明楽さんの実家は京都の呉服店で、5代前は北前船3隻を持つ船主だった。その背景から、演奏と歴史レクチャーを兼ねたコンサートを道内外で開催している。

 「チェンバロは宮廷にバロック音楽が流れ、シェークスピアが活躍した時代に愛された鍵盤楽器。繊細な音色を聴きながら東西の文化の歴史に触れませんか」と来場を呼び掛けている。

 同ネットワーク室蘭が明楽さんを招くのは2013年(平成25年)以来。前回は室蘭八幡宮拝殿でコンサートを開いた。立野代表は「日本の物流を担い、各港の活況の原動力となった北前船。そのフロンティア精神を現代によみがえらせ、地域の港まちが元気になることを願って開催したい」と話している。

 午後2時開演。入場料は千円。問い合わせは立野代表、電話0143・23局7770番へ。

関連記事

十勝毎日新聞

全国から「星の絵はがき」 銀河の森天文台に249点展示【陸別】

 りくべつ宇宙地球科学館・銀河の森天文台(上出洋介館長)が初めて企画した「星の絵はがきコンテスト」で、予想を大きく上回る249点の作品が全国から寄せられた。24日まで同館内で展示している。 ...

室蘭民報

油彩や水彩、秀逸な作品…美術協会新人展始まる【室蘭】

 第37回室蘭美術協会新人展が14日から、室蘭市幸町の市民美術館で始まった。同協会会員になって3年目以内の新人と、昨年の第83回公募展受賞者たちの個性あふれる油彩や水彩、日本画、アクリル画が並...

室蘭民報

フルート・篠笛奏者で室蘭市出身の宮川さんが16日にライブ【室蘭】

 室蘭市出身のフルート・篠笛奏者の宮川悦子さん=埼玉県草加市=の投げ銭ライブが、あす16日午前11時から室蘭市中央町2の蘭西ギャラリーで開かれる。20本以上の笛を所有し、クラシックや民謡、ポッ...

室蘭民報

ホタテづくし北の収穫祭、釣り大会白熱【豊浦】

 第17回まるごと豊浦「北の収穫祭」(同実行委員会主催)が10日、豊浦町浜町のふるさとドームで開かれた。世界ホタテ釣り選手権大会をはじめ、特産品のホタテづくしのイベントで盛り上がった。  ...

十勝毎日新聞

活躍馬と騎手に「一票を」 ばんえい投票、プレゼントも【帯広】

 ばんえい十勝(帯広市主催)は、今年度に活躍した競走馬、生産者、騎手、調教師を表彰する「ばんえいアワード2018」を実施している。4部門のうち、競走馬を選ぶ「ベストホース」、騎手を選ぶ「ベストジョ...