北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

然別コタン 準備着々 26日「開村」【鹿追】

 厳冬期限定の氷と雪の村「しかりべつ湖コタン」(町・実行委主催)が26日に開村する。会場の設営作業が、然別湖畔園地と結氷した湖上で急ピッチで進められている。

スタッフに差し入れを届けて激励する松本副町長(左)ら

 今年で38回目を迎える冬の北海道を代表するイベントとして定着。結氷した湖から切り出した厚さ約40センチの氷を積み上げ、雪で補強しながらアイスバーやコンサートホール、露天風呂、チャペル、イグルーなどを造成する。3月21日まで、音楽ライブや氷のグラス作り、スノーモービル、アイスロッジ宿泊などさまざまなアクティビティーを体験することができ、昨年は約3万人もの観光客が訪れた。

 年明けから厳しい寒さの中、実行委員の然別湖ネイチャーセンタースタッフや台湾など国内外からのボランティア、自衛隊員など約30人がイグルーなど施設の建設作業に励んでいる。今年は少雪の影響があり、例年より雪のブロック作りに時間がかかるという。

 17日には松本新吾副町長、造営支援している陸上自衛隊鹿追駐屯地の矢野和徳司令、町観光協会の井上貴生副会長が慰問した。

 松本副町長は「多くのスタッフやボランティアに支えられて開催できる。たくさんの人に、感動を伝えて」と作業の安全を願いながら激励し、差し入れを届けた。齊藤慎吾実行委員長は「期待に沿えるように頑張りたい」と、お礼と決意を述べた。

 愛知県名古屋市から、友人とボランティアに参加している男子大学生(19)は「初めて訪れた冬の北海道で、身を切る寒さなど貴重な体験をしている」と笑顔で話した。

 開村式は、前夜の25日午後7時から開かれる。

関連記事

十勝毎日新聞

最大級餅まきに過去最高の人出 みのり祭り【浦幌】

 秋の味覚を楽しむ浦幌町のイベント「第44回うらほろふるさとのみのり祭り」(同町観光協会主催)が22日午前10時から、町内のうらほろ森林公園で開かれた。開町120年を記念した祭りは、家族連れら過...

十勝毎日新聞

ゾウの草履で熱戦 卓球大会歓声包む【幕別】

 「第5回全世界ナウマンぞうり卓球大会in忠類」が22日、幕別町忠類の十勝ナウマン温泉ホテルアルコで開かれた。町内外の老若男女72人が熱戦を繰り広げた。  忠類地域魅力発信事業実行委員会イベン...

十勝毎日新聞

ラリー北海道 疾走 しぶき豪快 競技スタート、22日まで【陸別】

 「ラリー北海道2019」(アジアパシフィックラリー選手権第7戦、全日本ラリー選手権第8戦、日本スーパーラリーシリーズ第4戦)が20日、帯広市内の北愛国サービスパークで開幕した。21日には陸別...

釧路新聞

JR花咲線5駅が100年 スタンプラリー企画【釧路・根室】

根室市内を中心とした鉄道愛好家でつくる「花咲線を盛り上げる会」は、11月にJR花咲線で開業100周年を迎える五つの駅と、根室、厚岸駅を加えた7駅を巡るスタンプラリーを企画した。全駅を回って写真共有...

十勝毎日新聞

ラリー北海道2019 市内で公式車検、今夕開幕【帯広】

 初秋の十勝を舞台に熱い走りを繰り広げる「ラリー北海道2019」は、20日夕に開幕する。競技に先立って19、20の両日、帯広市内のスーパーピット中央店(西8南9)で出場車両の公式車検が行われた...