北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

農高発どら焼きエア・ドゥで 管内3校原料提供【十勝】

「雪化粧かぼちゃ」を提供した士幌高校の生徒たち

 AIRDO(エア・ドゥ)は、道内の農業高校生らが育てた「雪化粧かぼちゃ」を使ったどら焼きを開発した。十勝からは帯広農業高、更別農業高、士幌高が原料を提供。すでに一部の便で機内サービスとして無料提供を始めており、22日から28日まで帯広-東京線でも配布される。

 生産から消費までの流れを高校生に感じてもらい、道内の農業を担う人材育成につなげようと企画。「空飛ぶパンプキンプロジェクト」と題し、昨年12月13日から今月28日まで、道内各地と東京を結ぶ一部の路線で順次展開している。

機内で提供しているどら焼き

 どら焼きは、「雪化粧かぼちゃ」と道内小豆を使ったあんを組み合わせた。カボチャの甘味が引き立つよう仕上げ、ホクホクとした食感も楽しめるのが特徴だ。カボチャは道内14校から1000玉が出荷された。

 このうち士幌高では、フードシステム科1年の生徒たちが栽培した50玉(約100キロ分)を提供。今年は天候不順に悩まされ、収量は前年をやや下回ったが、品質は例年並みに落ち着いたという。このほか、更別農業高も50玉、帯広農業高は120玉を提供した。

 どら焼きを試食した士幌高1年の男子生徒は「カボチャの甘味が強くておいしかった。自分たちが育てた作物が商品になるのはうれしい」と話している。

 同社ではこれを皮切りに、今後も道内農業高校の作物を使った機内販売用の商品の開発に力を入れていく考えだ。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝の風景クッキーに 実現へCF開始【帯広】

 帯広市内の十勝菓子工房菓音(東11南15)は、十勝の四季を描いたクッキーの商品化に向け、クラウドファンディング(CF)を始めた。クッキーを絵画、ギフト箱を額縁に見立てて作るユニークな商品。1...

十勝毎日新聞

「甘くて軟らか」ウニ給食 小・中・高【広尾】

 広尾の海岸で取れたエゾバフンウニが17日、町内の小・中学校、高校の給食で「うにの茶わん蒸し」として振る舞われた。  地域産食材を使った特別メニューを提供する「ふるさと給食」の一環。ウニが給...

十勝毎日新聞

市外初のクランベリー 札内店オープンに行列【幕別】

 菓子製造販売の「クランベリー」(帯広、水戸部公平社長)の札内店が19日、幕別町札内豊町47にオープンした。帯広市外の出店は初。観光での需要増を見込み、十勝東部での販売を強化する。  コープ...

十勝毎日新聞

十勝産素材でチーズまん ハピオフーズ第2弾【音更】

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するスーパー「ハピオ」(音更町木野大通西7、石田晴久店長)が4日から、十勝産チーズと小麦を使ったチーズまんじゅう「ハピまんチーズ」の販売を始めた。同店の...

十勝毎日新聞

ベジ料理に管内産ゴボウだし【十勝】

 ベジタリアン向けの飲食コンサルティングや商品開発を行う「Tokachi Diversity Project」(=とかち・ダイバーシティー・プロジェクト)は、商品化第1弾として、十勝産ゴボウを使...