北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

農高発どら焼きエア・ドゥで 管内3校原料提供【十勝】

「雪化粧かぼちゃ」を提供した士幌高校の生徒たち

 AIRDO(エア・ドゥ)は、道内の農業高校生らが育てた「雪化粧かぼちゃ」を使ったどら焼きを開発した。十勝からは帯広農業高、更別農業高、士幌高が原料を提供。すでに一部の便で機内サービスとして無料提供を始めており、22日から28日まで帯広-東京線でも配布される。

 生産から消費までの流れを高校生に感じてもらい、道内の農業を担う人材育成につなげようと企画。「空飛ぶパンプキンプロジェクト」と題し、昨年12月13日から今月28日まで、道内各地と東京を結ぶ一部の路線で順次展開している。

機内で提供しているどら焼き

 どら焼きは、「雪化粧かぼちゃ」と道内小豆を使ったあんを組み合わせた。カボチャの甘味が引き立つよう仕上げ、ホクホクとした食感も楽しめるのが特徴だ。カボチャは道内14校から1000玉が出荷された。

 このうち士幌高では、フードシステム科1年の生徒たちが栽培した50玉(約100キロ分)を提供。今年は天候不順に悩まされ、収量は前年をやや下回ったが、品質は例年並みに落ち着いたという。このほか、更別農業高も50玉、帯広農業高は120玉を提供した。

 どら焼きを試食した士幌高1年の男子生徒は「カボチャの甘味が強くておいしかった。自分たちが育てた作物が商品になるのはうれしい」と話している。

 同社ではこれを皮切りに、今後も道内農業高校の作物を使った機内販売用の商品の開発に力を入れていく考えだ。

関連記事

十勝毎日新聞

「優しいあんこ」食べて魅力発信 なつぞら応援推進協【十勝】

 NHK連続テレビ小説「なつぞら」応援推進協議会(梶原雅仁会長)は19日、ドラマの主題歌でスピッツの新曲「優しいあの子」の発売に合わせ、スイーツ王国・十勝の魅力を発信する「優しいあんこ」企画をスタ...

十勝毎日新聞

芽室名物「コーンチャーハン」販売 25日から【十勝】

 コンビニエンスストアのセブンイレブン(本社東京)は25日から、芽室町名物「コーンチャーハン」を十勝管内限定で販売する。  同町の日本罐詰から仕入れたコーンを使用。バターやしょうゆで味付けし、...

室蘭民報

コープさっぽろ室蘭支部が西胆振地場産品の販売強化【室蘭】

 生活協同組合コープさっぽろ室蘭地区本部は、地域密着をキーワードにエリア内店舗で西胆振の地場産品の取り扱いを強化している。今年から地区本部管内7店舗で一部の商品をコーナー化するなど販売を促進。日...

室蘭民報

えんプロ市今年初開催、地域住民でにぎわう【洞爺湖】

 洞爺湖、豊浦、壮瞥各町の若手農家によるグループ「えんプロジェクト」(小林裕司代表)の農産品を販売するえんプロ市が15日、洞爺湖町の虻田ふれ合いセンター駐車場であった。軽トラックの荷台に並んだ新...

室蘭民報

道の駅みたらで新メニューうずらんパフェを17日から販売【室蘭】

 リニューアルに合わせて開発された「うずらんソフトクリーム」が好評の道の駅みたら室蘭(室蘭市祝津町)で、17日から新メニュー「うずらんパフェ」3種類が販売される。  室蘭うずら園(石川町)のウ...