北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

農高発どら焼きエア・ドゥで 管内3校原料提供【十勝】

「雪化粧かぼちゃ」を提供した士幌高校の生徒たち

 AIRDO(エア・ドゥ)は、道内の農業高校生らが育てた「雪化粧かぼちゃ」を使ったどら焼きを開発した。十勝からは帯広農業高、更別農業高、士幌高が原料を提供。すでに一部の便で機内サービスとして無料提供を始めており、22日から28日まで帯広-東京線でも配布される。

 生産から消費までの流れを高校生に感じてもらい、道内の農業を担う人材育成につなげようと企画。「空飛ぶパンプキンプロジェクト」と題し、昨年12月13日から今月28日まで、道内各地と東京を結ぶ一部の路線で順次展開している。

機内で提供しているどら焼き

 どら焼きは、「雪化粧かぼちゃ」と道内小豆を使ったあんを組み合わせた。カボチャの甘味が引き立つよう仕上げ、ホクホクとした食感も楽しめるのが特徴だ。カボチャは道内14校から1000玉が出荷された。

 このうち士幌高では、フードシステム科1年の生徒たちが栽培した50玉(約100キロ分)を提供。今年は天候不順に悩まされ、収量は前年をやや下回ったが、品質は例年並みに落ち着いたという。このほか、更別農業高も50玉、帯広農業高は120玉を提供した。

 どら焼きを試食した士幌高1年の男子生徒は「カボチャの甘味が強くておいしかった。自分たちが育てた作物が商品になるのはうれしい」と話している。

 同社ではこれを皮切りに、今後も道内農業高校の作物を使った機内販売用の商品の開発に力を入れていく考えだ。

関連記事

十勝毎日新聞

「十勝晴れ」味わう茶 タイ産花で青色表現【帯広】

 プロコム北海道(帯広)は、プライベートブランド(PB)の新商品として「十勝あおぞら茶」を発売した。近年話題の植物バタフライピーを配合し、お茶にすると見た目が青色となるユニークなフルーツティーで、...

十勝毎日新聞

「ロケットパン」開発で連携 満寿屋と大樹高生【大樹】

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広、杉山雅則社長)は町内の小・中学生、高校生と協力して「ロケットパン」の開発を進めている。13日には杉山社長が大樹高校(青木祐治校長、生徒142人)を訪れ、生徒たちと...

十勝毎日新聞

全国よりすぐりの味覚が藤丸に集合 うまいもの大会【帯広】

 藤丸7階催事場で12日、恒例の全国うまいもの大会が始まった。新規4店を含む49店が出店、大勢の買い物客でにぎわっている。第1弾は17日まで。  うまいもの大会は年2回開催。北海道から沖縄まで...

室蘭民報

種類豊富な豆とパスタ…自家焙煎珈琲家・胡亜羅【室蘭】

 自家焙煎の珈琲専門店。お薦めは店主・熊谷勉さん(66)の好みに合わせたコクのある「オリジナルブレンド珈琲(税込み500円)」。ブラジルサントスやグアテマラ、ペルーと十数種類の豆を取りそろえる...

室蘭民報

関内小児童が学校で育てたトウモロコシを販売【伊達】

 伊達市関内小学校(森晶子校長、33人)の3~6年生27人は9日、伊達市末永町のくみあいマーケット本店で、学校で育てたトウモロコシを販売し、地域住民や保護者らに好評を得ていた。  総合学習の一...