北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

十勝牛とろ丼3位 ご当地どんぶり選手権【清水】

トップ3の記念撮影で左手を高々と挙げる藤田社長(右)

 全国のご当地食材を使った自慢の丼メニューで人気を競う「第10回全国ご当地どんぶり選手権」の結果発表が20日、会場となった東京ドームで行われた。十勝スロウフード(清水町、藤田惠社長)の「十勝牛とろ丼」は第3位となり、昨年より一つ順位を下げたものの、過去に殿堂入りした三つの丼を上回り、来年のシード権を手にした。

 同選手権は「ふるさと祭り東京2019-日本のまつり・故郷の味」(実行委員会主催)のメインイベントとして実施。今回は過去の選手権で2度グランプリを受賞した三つの「殿堂入りどんぶり(殿丼)」も参戦し、過去最多の18どんぶりで10日間、1杯500円の品を客がどれだけ食べ、投票してくれるかを競い合った。

 7回目の出場で、16、17年に3位、昨年は2位と順位を上げ、今年はトップを目指していた「牛とろ丼」。15日には阿部一男清水町長らも激励のため会場を訪れた。3位という結果を受け、藤田社長は「接戦という感覚はあり、非常に苦しい戦いだったが、殿丼も参戦した中での3位。何とか踏みとどまることができたと思う」とホッとした表情を浮かべた。

 表彰式には、牛とろ丼に力を入れていた清水ドライブイン運営の山下観光社長だった故野崎勝敏さんの写真を抱え、臨んだ。「会場でも温かい声援を掛けていただき、食べ方のアドバイスなどもいただいた。次回はさらにレベルアップしたものを提供できるよう、工夫を重ねていきたい」と来年への意気込みを語った。

 グランプリは「のどぐろ丼」(島根)、2位は「志布志発かごしま黒豚三昧」(鹿児島)だった。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝の風景クッキーに 実現へCF開始【帯広】

 帯広市内の十勝菓子工房菓音(東11南15)は、十勝の四季を描いたクッキーの商品化に向け、クラウドファンディング(CF)を始めた。クッキーを絵画、ギフト箱を額縁に見立てて作るユニークな商品。1...

十勝毎日新聞

「甘くて軟らか」ウニ給食 小・中・高【広尾】

 広尾の海岸で取れたエゾバフンウニが17日、町内の小・中学校、高校の給食で「うにの茶わん蒸し」として振る舞われた。  地域産食材を使った特別メニューを提供する「ふるさと給食」の一環。ウニが給...

十勝毎日新聞

市外初のクランベリー 札内店オープンに行列【幕別】

 菓子製造販売の「クランベリー」(帯広、水戸部公平社長)の札内店が19日、幕別町札内豊町47にオープンした。帯広市外の出店は初。観光での需要増を見込み、十勝東部での販売を強化する。  コープ...

十勝毎日新聞

十勝産素材でチーズまん ハピオフーズ第2弾【音更】

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するスーパー「ハピオ」(音更町木野大通西7、石田晴久店長)が4日から、十勝産チーズと小麦を使ったチーズまんじゅう「ハピまんチーズ」の販売を始めた。同店の...

十勝毎日新聞

ベジ料理に管内産ゴボウだし【十勝】

 ベジタリアン向けの飲食コンサルティングや商品開発を行う「Tokachi Diversity Project」(=とかち・ダイバーシティー・プロジェクト)は、商品化第1弾として、十勝産ゴボウを使...