北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

飲むのが楽しみ 北の勝「搾りたて」発売【根室】

搾りたて約100本が5分で完売となったマルシェ・デ・キッチン

 管内唯一の地酒「北の勝」の醸造元・碓氷勝三郎商店(碓氷ミナ子店主)は23日、「北の勝 搾りたて」を発売した。市内酒店やスーパーなどでは、人気の限定酒を手に入れようと長蛇の列ができた。このうち市内大正町のマルシェ・デ・キッチンでは約100本を販売し、わずか5分ほどで完売した。

 今年も山形県産の酒造米「はえぬき」を使用し、もろみを絞ったまま熱殺菌を加えずに仕上げた生酒。例年、市内の小売店では発売を待ちかねた愛好者らが長蛇の列を作る人気となっている。

 今年の販売本数は、前年同様の1万7,700本。搾りたてのアルコール度数は18度以上19度未満。同商店によると、穏やかな一年であることを願い、例年より新々(あらあら)しさを抑え、穏やかな口当たりのよい酒に仕上がった。

 マルシェ・デ・キッチンでは、午前7時半には約150人もの列ができ、同8時半ごろに店舗を開けた。販売時間の同10時になると、店員から一人一本ずつ「北の勝搾りたて」が手渡された。用意した約100本は5分で完売した。

 最前列に並んでいた40代女性は、夫婦・飲み仲間らと釧路から足を運び、搾りたてを楽しみに深夜1時半に根室入り。早朝4時ごろから同店前に並んで、「この時期限定でしか飲むことはできない。他の日本酒よりもおいしく感じる」と話し「まずは今夜飲んでから、週末に友人と飲む」と、「搾りたて」を楽しみにしていた。

 同店によると、昨年までは午前8時半の時点で完売となる列にはならなかったが、今年は1時間早い午前7時半の時点で、100人を超える列ができていたという。

関連記事

根室新聞

ベニザケ海面養殖試験 港内にいけすを設置【根室】

 根室市ベニザケ養殖協議会(会長・大坂鉄夫根室漁協組合長)は17日、根室港中防波堤付近に海面でのベニザケ養殖実証試験を行うためのいけすを設置した。事務局によると、18日にベニザケの稚魚の搬入を予定...

根室新聞

色丹島で発見 繰り返し津波の痕跡か=専門家訪問団【根室】

 色丹島で調査を行っていた地震津波専門家交流の訪問団が15日、根室港に戻った。帰港後の記者会見では、30地点で詳しい地層の観察作業を行い、巨大地震の痕跡とみられる津波堆積物候補を確認したことを...

日高報知新聞

日本一の夏イチゴをPR【浦河】

 全国一の生産量を誇る夏イチゴをアピールする「夏いちごの日」のイベントが15日、浦河町基幹集落センター堺町会館で開かれ、パック詰め放題やイチゴのスイーツづくりなどイチゴづくしの催しに約400人の...

根室新聞

ビザなし交流 四島から日本語習得に19人受け入れ【根室】

 ビザなし交流で日本語習得を目的とした四島在住ロシア人19人が16日、四島交流専用船「えとぴりか」(1124トン)で根室港に到着した。一行は8月13日まで札幌市に滞在して日本語を学び、15日に...

日高報知新聞

4年に1度 世界再認定審査【様似】

【様似】2015年(平成27年)9月に国内8番目の世界ジオパークに認定された「アポイ岳ジオパーク」で、15日から4年に1度の再認定審査が始まった。英国と中国から2人の審査員が来町し、16日から18日ま...