北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

函館市がロードヒーティング改修に着手【函館】

函館市西部地区の南部坂。今年度中にロードヒーティングを改修する

 函館市は今年度、電気やガスで路面の温度を上げて雪を解かすロードヒーティングの改良工事に着手した。本庁管内の市道56路線の車道で設置分のうち、老朽化で損傷が激しい13路線で計画的に補修する方針。一方、市は今後、坂道が多い西部地区で居住と観光が融合した再整備事業に取り組むが、一部で要望があるロードヒーティングの新規設置は多額な費用がかかることから、困難となっている。

 市内のロードヒーティングは、スパイクタイヤの使用を規制する法律が制定された1990年代以降、2005年までに順次整備。老朽化などが要因で、一部箇所では現在、部分的に融雪されないなどの問題が生じている。

 市は改修に当たり、17年度に現場調査を実施。設置後の経過年数や損傷程度を基に4つのランクに分けた。このうち、整備後20年以上の路線で補修履歴が多い東山墓園線、公園通(高砂通)など13路線を最優先と位置づけ、今年度は改修費用の予算として約7000万円を確保。元町19号(南部坂)など3カ所で工事を進め、今後5年程度で完了させる。

 ロードヒーティングを巡っては、光熱費など維持費に多額の費用がかかることから、道路の通行量を調査した上で廃止する自治体もある。市内では老朽化を背景に維持管理費が増加傾向にあり、昨年度は約2億1740万円を支出した。

 こうした中、今年度末を目標とする再整備事業の基本方針策定に向け、昨年12月に市民参加で西部地区の今後の在り方を話し合った「西部まちぐらし創造会議」では、同地区の象徴でもある坂道の活用に関する意見が多く挙がった。この中で「冬でも安心して歩けるまちに整備する」といった声もあり、今後はロードヒーティングの設置を求める声が一層高まることも予想される。

 ただ、市土木部によると、新設した場合は1平方メートル当たり8万円程度の整備費がかかり、2年連続で減債基金を取り崩した市の厳しい財政を考慮すると、現状では実現が難しいという。市道路建設課は「西部地区再整備の状況も踏まえながら、当面は砂や凍結防止剤の散布で冬期間の安全を確保したい」としている。

関連記事

十勝毎日新聞

自慢のそり 忠類快走【幕別】

 自作そりでコースを滑り降りる「第36回忠類ナウマン全道そり大会」(実行委主催)が17日、幕別町営忠類白銀台スキー場の特設会場で開かれた。管内外から39台のオリジナルそりが登場し、観客から大き...

十勝毎日新聞

ばんえい史上初20連勝 ホクショウマサル【帯広】

 ばんえい十勝のホクショウマサル(牡8歳)は16日の第11レースで1着となり、ばんえい競馬史上初の20連勝を達成した。記録更新は1999年以来、20年ぶり。  ホクショウマサルは坂本東一厩舎...

十勝毎日新聞

藤丸が大改装へ 新ブランドも導入【帯広】

 藤丸(藤本長章社長)は3月にかけて、売り場強化の一環として各フロアの改装に取り組む。新たなブランドを導入し、人気家具コーナーを大幅に拡充する。昨年春以来の大幅リニューアルで、同社は「魅力ある...

函館新聞

縄文大使就任とトークイベントにぎわう 17日も

 北海道・北東北の縄文遺跡群の世界遺産登録実現への機運を盛り上げる「道南縄文応援大使」の任命式が16日、函館蔦屋書店で開かれた。道南縄文文化推進協議会の境勝則会長が、大使の3人にたすきと委嘱状を...

函館新聞

高専の3、4年生が英語プレゼンコンで好成績

 1月末に神戸市であった「第12回全国高専英語プレゼンテーションコンテスト」(全国高専連合会など主催)で、チーム部門に出場した函館高専の3年生3人のチームが準優勝を果たし、特別賞も受賞する活躍をみ...