北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

日光印刷が大型DM対応のフチ糊圧着折機導入【室蘭】

フチ糊圧着折機を使って製作したDMの試作品=写真は一部加工しています

日光印刷が導入したフチ糊圧着折機

 日光印刷(室蘭市寿町、佐藤俊一代表取締役社長)は、A4サイズなど大型DMに対応したフチ糊(のり)圧着折機を新規導入した。道内の印刷会社では初めて。現在は透明袋に印刷物を入れるDMが主流だが、印刷物自体を折って糊付け封かんしたDMにすることで、材料や作業コスト削減、短納期が実現できるという。

 合わせて同機械でフチ糊圧着した厚手のDMにも直接印字できる宛名プリンターも購入。昨年に取得した個人情報取り扱いのお墨付き・プライバシーマーク認証の信頼度も売りに、新規受注を目指す方針だ。

 同社によると、これまで大型のDMを受注した場合、チラシなどを透明の袋に封かんし、宛名ラベルを貼り付け、発送する例がほとんどだった。フチ糊圧着を希望する顧客には、機械を持つ本州の事業者に外注することもあった。

 しかし、受注のメインとなっていた透明袋を使ったDMでは、封入用袋や宛名貼り付けの経費が発生するほか、封入・封かん作業も必要になることから、コストや納期短縮の課題解消が必要となっていた。フチ糊圧着折機、宛名印字プリンター合わせた導入経費は約2千万円。封書サイズやA4判などのDMにも対応している。昨年11月に設置し、12月から稼働した。

 例えば、従来はA4サイズのチラシ2枚を透明袋に入れて宛名を貼り付けていたDMが、A3サイズ(A4サイズ2面)を二つ折りしてフチ糊圧着し、A4サイズのDMとして発送することが可能になる。

 発注者側としても利点は「大きい」。印刷代はどちらも「ほぼ変わらない」が、透明袋代や宛名ラベル代、封入・封かん作業費が不要で、納期も「従来の半分以下になる」という。

 佐藤社長は「クーポン券なども1枚の用紙の中に印刷することで、経費削減が可能です。小売業界では特定顧客へのアプローチを強めており、需要はある。設備をPRし、受注拡大につなげたい」と話している。

関連記事

十勝毎日新聞

自慢のそり 忠類快走【幕別】

 自作そりでコースを滑り降りる「第36回忠類ナウマン全道そり大会」(実行委主催)が17日、幕別町営忠類白銀台スキー場の特設会場で開かれた。管内外から39台のオリジナルそりが登場し、観客から大き...

十勝毎日新聞

ばんえい史上初20連勝 ホクショウマサル【帯広】

 ばんえい十勝のホクショウマサル(牡8歳)は16日の第11レースで1着となり、ばんえい競馬史上初の20連勝を達成した。記録更新は1999年以来、20年ぶり。  ホクショウマサルは坂本東一厩舎...

十勝毎日新聞

藤丸が大改装へ 新ブランドも導入【帯広】

 藤丸(藤本長章社長)は3月にかけて、売り場強化の一環として各フロアの改装に取り組む。新たなブランドを導入し、人気家具コーナーを大幅に拡充する。昨年春以来の大幅リニューアルで、同社は「魅力ある...

函館新聞

縄文大使就任とトークイベントにぎわう 17日も

 北海道・北東北の縄文遺跡群の世界遺産登録実現への機運を盛り上げる「道南縄文応援大使」の任命式が16日、函館蔦屋書店で開かれた。道南縄文文化推進協議会の境勝則会長が、大使の3人にたすきと委嘱状を...

函館新聞

高専の3、4年生が英語プレゼンコンで好成績

 1月末に神戸市であった「第12回全国高専英語プレゼンテーションコンテスト」(全国高専連合会など主催)で、チーム部門に出場した函館高専の3年生3人のチームが準優勝を果たし、特別賞も受賞する活躍をみ...