北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

災害から温泉街守れ、関係者らセミナーで備え学ぶ【登別】

災害対応、復興に必要な知識を学ぶ参加者

 観光の観点から災害対策を学ぶセミナーが23日、登別市登別温泉町の登別グランドホテルで行われた。宿泊施設のスタッフや観光ボランティアガイドのメンバーらが、胆振東部地震と道内全域に広がった停電(ブラックアウト)を踏まえ、危機対応への備えや災害発生後に観光産業を立て直すための基本事項などに理解を深めた。

 登別国際観光コンベンション協会主催、日本観光振興協会共催。観光専門のシンクタンクであるJTB総合研究所上席研究理事・観光危機管理研究室長の高松正人氏が講師を務めた。高松氏は同日午前に温泉街関係者からヒアリングを実施。寄せられた意見をベースに、午後からセミナーを行った。

 高松氏は減災から準備、災害への対応、復興とつながる観光危機管理のスキームを示した。減災については「例えば調理ワゴンを使用中に地震が発生すると、火を上げて走り回る凶器になる。ストッパーを確実に活用して動かないようにすることだけでも、減災になる」と呼び掛けた。起こりうる最大被害の想定、トップ不在でも対応できる事前意思決定の重要性も説いた。災害発生時には、現場でできる観光客への対応として、簡単な言葉や表情で落ち着かせること、必要な情報収集・提供、帰宅困難者の受け入れなどをアドバイスした。

 「観光復興は、災害後の観光地のマーケティングの基本。誰に、何を、どのように伝えるかが大事」と述べ、登別を訪れた観光客が楽しんでいることを市場に発信するほか、リピーター層への働き掛け、予約を取り消した客へのアプローチ、マスコミや旅行会社を通じた情報発信による信頼性向上などを示した。キャンセル、新規予約数をベースとしたプロモーション展開のタイミングを見極めることも重要視した。最後に「安全安心な観光を目指して、魅力ある登別にしてほしい」と呼び掛けた。

関連記事

十勝毎日新聞

自慢のそり 忠類快走【幕別】

 自作そりでコースを滑り降りる「第36回忠類ナウマン全道そり大会」(実行委主催)が17日、幕別町営忠類白銀台スキー場の特設会場で開かれた。管内外から39台のオリジナルそりが登場し、観客から大き...

十勝毎日新聞

ばんえい史上初20連勝 ホクショウマサル【帯広】

 ばんえい十勝のホクショウマサル(牡8歳)は16日の第11レースで1着となり、ばんえい競馬史上初の20連勝を達成した。記録更新は1999年以来、20年ぶり。  ホクショウマサルは坂本東一厩舎...

十勝毎日新聞

藤丸が大改装へ 新ブランドも導入【帯広】

 藤丸(藤本長章社長)は3月にかけて、売り場強化の一環として各フロアの改装に取り組む。新たなブランドを導入し、人気家具コーナーを大幅に拡充する。昨年春以来の大幅リニューアルで、同社は「魅力ある...

函館新聞

縄文大使就任とトークイベントにぎわう 17日も

 北海道・北東北の縄文遺跡群の世界遺産登録実現への機運を盛り上げる「道南縄文応援大使」の任命式が16日、函館蔦屋書店で開かれた。道南縄文文化推進協議会の境勝則会長が、大使の3人にたすきと委嘱状を...

函館新聞

高専の3、4年生が英語プレゼンコンで好成績

 1月末に神戸市であった「第12回全国高専英語プレゼンテーションコンテスト」(全国高専連合会など主催)で、チーム部門に出場した函館高専の3年生3人のチームが準優勝を果たし、特別賞も受賞する活躍をみ...