北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

災害から温泉街守れ、関係者らセミナーで備え学ぶ【登別】

災害対応、復興に必要な知識を学ぶ参加者

 観光の観点から災害対策を学ぶセミナーが23日、登別市登別温泉町の登別グランドホテルで行われた。宿泊施設のスタッフや観光ボランティアガイドのメンバーらが、胆振東部地震と道内全域に広がった停電(ブラックアウト)を踏まえ、危機対応への備えや災害発生後に観光産業を立て直すための基本事項などに理解を深めた。

 登別国際観光コンベンション協会主催、日本観光振興協会共催。観光専門のシンクタンクであるJTB総合研究所上席研究理事・観光危機管理研究室長の高松正人氏が講師を務めた。高松氏は同日午前に温泉街関係者からヒアリングを実施。寄せられた意見をベースに、午後からセミナーを行った。

 高松氏は減災から準備、災害への対応、復興とつながる観光危機管理のスキームを示した。減災については「例えば調理ワゴンを使用中に地震が発生すると、火を上げて走り回る凶器になる。ストッパーを確実に活用して動かないようにすることだけでも、減災になる」と呼び掛けた。起こりうる最大被害の想定、トップ不在でも対応できる事前意思決定の重要性も説いた。災害発生時には、現場でできる観光客への対応として、簡単な言葉や表情で落ち着かせること、必要な情報収集・提供、帰宅困難者の受け入れなどをアドバイスした。

 「観光復興は、災害後の観光地のマーケティングの基本。誰に、何を、どのように伝えるかが大事」と述べ、登別を訪れた観光客が楽しんでいることを市場に発信するほか、リピーター層への働き掛け、予約を取り消した客へのアプローチ、マスコミや旅行会社を通じた情報発信による信頼性向上などを示した。キャンセル、新規予約数をベースとしたプロモーション展開のタイミングを見極めることも重要視した。最後に「安全安心な観光を目指して、魅力ある登別にしてほしい」と呼び掛けた。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝の風景クッキーに 実現へCF開始【帯広】

 帯広市内の十勝菓子工房菓音(東11南15)は、十勝の四季を描いたクッキーの商品化に向け、クラウドファンディング(CF)を始めた。クッキーを絵画、ギフト箱を額縁に見立てて作るユニークな商品。1...

十勝毎日新聞

「甘くて軟らか」ウニ給食 小・中・高【広尾】

 広尾の海岸で取れたエゾバフンウニが17日、町内の小・中学校、高校の給食で「うにの茶わん蒸し」として振る舞われた。  地域産食材を使った特別メニューを提供する「ふるさと給食」の一環。ウニが給...

十勝毎日新聞

延長51メートル大型滑り台も 里見が丘公園複合遊具完成【足寄】

 足寄町が里見が丘公園遊戯広場内に整備していた大型遊具「お山の複合遊具」が完成し、27日にオープンする。延長51メートル、落差10メートルの滑り台やネット遊具が子どもたちを出迎える。  広大...

函館新聞

観光シーズン到来 箱館ハイカラ號運行開始【函館】

 明治時代の客車を復元した「箱館ハイカラ號(ごう)」の今季の運行が20日から始まった。赤を基調としたレトロな車両は今年も健在で、街に本格的な観光シーズンの訪れを告げた。  当初は15日...

函館新聞

〝日本一小さな〟道の駅江差がリニューアルオープン【江差】

 【江差】町尾山町1の「道の駅江差」が20日、リニューアルオープンした。コンパクトな建物内の両側に販売所と展示コーナーを新たに配置。本格的な観光シーズンに向けて、新たな情報発信拠点としての...