北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

道南バスが4月に市内西部中心に39便減便方針【苫小牧】

4月からの市内バス12路線の減便が議論された公共交通協議会

 苫小牧市公共交通協議会(会長・下多村光弘苫小牧高専教授)が22日、市役所で開かれ、市内で路線バスを運行する道南バスは4月1日のダイヤ改正で西部地域を中心とした12路線、39便を減便する方針を説明した。ニーズが高い沼ノ端方面の路線は7便増やすことで、利便性の向上を図るとしている。

 同社の説明によると、減便となるのは平日が▽鉄北北口線▽澄川錦岡線▽川沿ときわ線▽錦西文化公園線▽有珠の沢線▽宮の森線▽錦岡線▽啓北山手線▽日の出町線▽勇払線。土日・祝日が▽澄川錦岡線▽川沿ときわ線▽宮の森線▽市立病院港町循環線▽勇払線▽沼ノ端線となっており、朝と夜の時間帯を中心に各路線で1~3便減らす。

 路線の減便については利用率や採算性、乗務員不足対策などを総合的に判断した。1便当たりの乗客は20~30人を採算ラインとしており、数人しか乗車がない時間帯や複数のバス路線が同一ルートを走っているケースを集約化、効率の良い運行ダイヤとした。一方、沼ノ端方面からの通学、通勤者が増加しており、JR沼ノ端駅北口を通るバスを平日3便、土日・祝日4便増やすことにしている。

 この日の協議会では「減便が市内の西側に集中しており、利用者の目線に立つべき」「始発が遅くなれば影響がある」「バスがなければ移動できない」などの意見が出た。同社営業本部の木村徹也本部長は「他の路線でも対応できる便もあり、今後も公共交通を確保するため取り組んでいきたい」と理解を求めた。

関連記事

十勝毎日新聞

自慢のそり 忠類快走【幕別】

 自作そりでコースを滑り降りる「第36回忠類ナウマン全道そり大会」(実行委主催)が17日、幕別町営忠類白銀台スキー場の特設会場で開かれた。管内外から39台のオリジナルそりが登場し、観客から大き...

十勝毎日新聞

ばんえい史上初20連勝 ホクショウマサル【帯広】

 ばんえい十勝のホクショウマサル(牡8歳)は16日の第11レースで1着となり、ばんえい競馬史上初の20連勝を達成した。記録更新は1999年以来、20年ぶり。  ホクショウマサルは坂本東一厩舎...

十勝毎日新聞

藤丸が大改装へ 新ブランドも導入【帯広】

 藤丸(藤本長章社長)は3月にかけて、売り場強化の一環として各フロアの改装に取り組む。新たなブランドを導入し、人気家具コーナーを大幅に拡充する。昨年春以来の大幅リニューアルで、同社は「魅力ある...

函館新聞

縄文大使就任とトークイベントにぎわう 17日も

 北海道・北東北の縄文遺跡群の世界遺産登録実現への機運を盛り上げる「道南縄文応援大使」の任命式が16日、函館蔦屋書店で開かれた。道南縄文文化推進協議会の境勝則会長が、大使の3人にたすきと委嘱状を...

函館新聞

高専の3、4年生が英語プレゼンコンで好成績

 1月末に神戸市であった「第12回全国高専英語プレゼンテーションコンテスト」(全国高専連合会など主催)で、チーム部門に出場した函館高専の3年生3人のチームが準優勝を果たし、特別賞も受賞する活躍をみ...