北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

徘徊の夫捜索にご近所さんの温かさに感謝【室蘭】

周囲の皆さんに感謝の思いを語る佐藤さん

 「主人が助かったのは、周りの方のおかげ。本当にありがたいです」。室蘭市港北町に住む佐藤友子さん(68)は感謝する。友子さんのご主人、薫さん(81)が徘徊(はいかい)してまち中で動けなくなった時、周囲の人の助けで一命を取り留めたのだ。薫さんの認知症を近隣が知っていたため、大事には至らなかったケースだった。

 薫さんがアルツハイマー型認知症を発症したのは7年前。徐々に症状は進行している。以前は散歩をしていたが、現在は毎週デイサービスに行く時を除き一人で外出することもなく、家から出ることはほぼない。

 19日午前8時、友子さんが勤め先に出た30分後、薫さんが外出する姿を向かいに住むご主人が目撃した。「上着も着ていないし、軽い散歩だろう」と思っていたが、1時間以上たっても戻ってこないので不審に思い、隣宅の奥さんとともに捜索を開始した。

 JR本輪西駅や信用金庫などを探したが姿は見えない。二手に分かれさらに捜索を続けると、コンビニエンスストア向かいの美容室前で倒れ、動けなくなっている薫さんを奥さんが発見。声を掛けると、薫さんは「ああ、奥さん」と応えたという。救急車で搬送された薫さんは右足を骨折しており、現在入院しているが命に別条はないという。

 友子さんは「当日はマイナス気温が続き、低体温症になっていたかと思うとぞっとします」と振り返る。薫さんの主治医である本輪西ファミリークリニックの佐藤弘太郎院長の勧めに従い、普段から友子さんが周囲の人に薫さんの認知症を話していたため、捜索が早期に行われ大事には至らなかった。

 集合住宅が一般的になり核家族化も進んだ昨今、隣に誰が住んでいるかも分からない状態が日常化、隣人トラブルが多発している。しかし日本には「遠くの親戚より近くの他人」ということわざがあるように、人と人の温かいつながりが大切にされてきた。まずはあいさつから始めてみてはどうだろうか。

関連記事

根室新聞

写友会が写真展 24日まで【根室】

 市内の写真サークル「写友会」(小林正輔会長)の写真展が17日、市総合文化会館エントランスホールで始まった。会員5人が各10作品を展示し、野生動物や自然現象を切り取った写真でカメラテクニックを...

根室新聞

参院選10代投票率 過去最低に【根室】

 7月21日に投開票が行われた第25回参議院議員通常選挙の根室市内の10代(18、19歳)の投票率は2282パーセントで、18歳選挙権が導入された平成28年の第24回参院選以降の各級選挙を通じて、...

苫小牧民報

モデルの椿梨央さんサプライズで始球式 太陽杯軟式全道少年野球胆振支部予選..

 太陽グループ杯争奪第26回全道少年軟式野球選抜大会胆振支部予選大会は17日午前、苫小牧市営少年野球場で開幕した。2日間にわたって胆振地区の小学生たちが全道大会への1枠を懸けてトーナメント戦を繰...

苫小牧民報

ウガンダ軍の工兵対象に技能指導 国連PKO支援部隊で現地へ-新千歳

 国連平和維持活動(PKO)支援部隊早期展開プロジェクトに参加するため、陸上自衛隊からアフリカのウガンダに赴く教官団の見送り行事が16日、新千歳空港国内線ターミナルビル内で行われた。陸自第3施設...

苫小牧民報

山線資料見つかる 詩人の故斉藤征義さん蔵書

 年内の開館に向けて蔵書整理が進む苫小牧市王子町1の「斉藤征義の宮沢賢治と詩の世界館」設立準備室で、王子軽便鉄道(通称・山線)に関する資料約300点が見つかった。列車の設計図や地図、写真などで、...