北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

音と光 迫力の6000発 冬花火【浦幌】

開町120年を祝して、6000発が打ち上げられた花火

 浦幌開町120年を祝う「うらほろ冬花火」(町観光協会・十勝毎日新聞社主催)が26日夜、浦幌町民球場(東山町22)で開かれた。町内外から訪れた約3000人(主催者発表)の見物客らが25分間にわたって真冬の澄んだ夜空に打ち上げられた大小6000発の花火を楽しんだ。

 同日午後6時45分から打ち上げ開始。音と光で演出するデジタルリンク花火を中心に、地元の児童らが考えたプログラムを含む4部構成で行われた。球場のレフト側から打ち上げられ、来場者はライト側で観覧し、間近で迫力の花火を堪能した。FM-JAGAの栗谷昌宏さんが総合司会を務め会場を盛り上げ、地元の若者有志らがシカ肉シチューを販売した。

 浦幌町在住の会社員伊藤健一郎さん(24)と会社員菅原里紗さん(27)は「こんなに近くで花火を見たのは初めて。音や震動まで体に伝わった」と感動していた。友達同士で見に来た浦幌小学校6年生の男子児童2人は「近くて怖いぐらいの距離で見ることができてすごくきれいだった」と満面に笑みを浮かべた。

 帯広市内から駆け付けた団体職員中島裕二郎さん(25)と歯科衛生士永井美咲さん(22)は「真上に上がる花火は迫力があり、見に来たかいがあった」と喜んでいた。

関連記事

名寄新聞

野外ライブはChageさん・7月28日にてっしフェス【名寄】

 てっし名寄まつり実行委員会(実行委員長・吉田肇なよろ観光まちづくり協会会長)の第1回会合が14日に「よろーな」で開かれた。今夏の「てっしフェスティバル」は、7月28日午後1時から天塩川河川敷で開催さ...

苫小牧民報

震災からの復興願い厚真町民吹奏楽団も演奏 7月7日、野外音楽イベント「沼..

 苫小牧市や近郊で活躍するアーティストらによる野外音楽イベント「沼フェス」(実行委員会主催)が7月7日午前11時から、市内北栄町の新栄公園で開かれる。今年は紅白歌合戦に出場経験のあるヒップホップ...

十勝毎日新聞

小麦と豆 味わって 15日「山忠祭」【音更】

 雑穀卸や小麦製粉などを手掛ける山本忠信商店(音更町木野西通7、山本英明社長)は15日午前10時から午後2時まで、同社敷地内で「山忠(ヤマチュウ)祭」を開く。今年のテーマは「おいしい たのしい ...

室蘭民報

ホテル平安で来月から夏の風物詩、ビアガーデン始まる【登別】

 登別の夏の風物詩・ホテル平安(登別市中央町5)のビアガーデンが7月1日から始まる。鈴木景介支配人は「今年も暑い夏を大いに盛り上げます。お得な前売りチケット=写真=の販売も開始しました。皆さまお...

室蘭民報

地震被害で開催ピンチも、あつま田舎まつり支援呼び掛け【厚真】

 胆振東部地震で大きな被害を受けた厚真町で、秋の豊作を祈願する「第47回あつま田舎まつり」(同まつり運営実行委員会主催)が15、16の両日、町内本郷のかしわ公園野球場で開かれる。昨年までの表町公...