北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

根高・防災教室 ゲームで避難所運営学ぶ【根室】

避難所運営ゲーム北海道版(Doはぐ)で避難所運営を学ぶ生徒ら=根室市提供

 根室高等学校(唐川智幸校長)の3年生を対象に28日、防災教室(避難所運営ゲーム)が開かれた。生徒らは専用のカードを使い、避難所である同校でも起こるようなさまざまな出来事を想定し、試行錯誤しながらその対応方法を模擬体験した。

 同教室では今回、避難所運営ゲーム北海道版(Doはぐ)を使って、避難所運営で起こる状況の理解と適切な対応について学ぼうと実施。同北海道版は、静岡県で開発された避難所運営ゲーム(HUG)に北海道の積雪寒冷の厳しい気候面などを加え、道民に避難所生活・運営を自分事として捉え、地域の防災対策の課題を見つけやすくすることを目的に、道が作成した。

 生徒らは視聴覚室、社会科教室、会議室に分かれてゲームを実施。カードには名前、年齢、性別、家族構成のほか、インフルエンザの疑い、車椅子の利用などが書かれ、避難所である校内のどこにいてもらうかを考えた。さらに、イベントカードには、暖房器具や食料などが複数届き、それをどこに保管するか、などが書かれており、生徒らは話し合いながら適切に配置した。

 参加した生徒らからは「どこに配置するかが難しかった」、「インフルエンザにかかった人をどうするかというのが難しかった」などの声が聞かれ、ゲームを通して避難所運営について学んだ。

関連記事

苫小牧民報

「民族の歴史伝えたい」 舞台「アイヌ旺征露」英公演

 仙台市を拠点に、英劇作家のシェークスピア作品を東北弁で上演する劇団「シェイクスピア・カンパニー」が8月、ロンドンの老舗舞台、タラ劇場で「アイヌ旺征露(オセロ)」を上演する。この公演でただ一人、...

十勝毎日新聞

柴田牧場の看板も なつぞらロケ地25日公開【新得】

 新得NHK連続テレビ小説「なつぞら」の町内のロケ地が、25日から一般公開される。主人公「なつ」の心象に刻み込まれた牧草地など、ドラマのイメージそのままの風景が広がる。  公開を始めるのは新得...

十勝毎日新聞

畜大にパン開発講座 「敷島」と連携発展【帯広】

 帯広畜産大学と大手製パン会社の敷島製パン(名古屋)は23日、製パンに関する共同研究講座を設置したと発表した。これまでの連携を発展させ、北海道発のパン開発や国産小麦拡大による食料自給率向上を図る。...

十勝毎日新聞

村にアート体験出前 武蔵野美大と契約【中札内】

 中札内村教育委員会は、武蔵野美術大学(東京)と産学共同プロジェクトの受託研究契約を結んだ。8月には村内の小中学校でワークショップを行うほか、黒板に作品を描く「黒板ジャックライブ」を道の駅なかさつ...

函館新聞

遺愛ホワイトハウス一般公開始まる 24日まで【函館】

 遺愛学院(福島基輝校長)で23日、同学院内にある「旧宣教師館(ホワイトハウス)」の一般公開が始まった。市民ら約80人が来場。同校生徒が案内し、歴史を感じさせる館に思いを馳せながら施設内を見学し...