北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

室蘭市が「まちプロ」始動、空き家や空き地活用へ【室蘭】

中央町の商店街を歩き、空き物件を調べる室蘭市職員

 昨年3月に国交省の地方再生モデル都市の一つに選ばれた室蘭市で、市と市民が協力し中央地区の商店街エリアを総合的にプロデュースするプロジェクト「まちプロ」が動き出している。昨年12月のまちづくりトークイベント開催に続き、空き家などの調査に着手した。市民が空き家や空き地を活用できるような環境構築が狙いだ。市は「まずはやってみようの精神で市民と一緒に取り組みたい」としている。

 市の役割として、市の計画を策定する「将来のビジョンづくり」、まちづくりファンドを検討する「行政的サポート」などがあるが、要となるのが「担い手発掘」だ。民間に仲間づくりを働き掛けることで、空き家や空き地を活用する事業を市民が実施できる環境をつくる。年明けに空き物件を探し、活用できる20軒(1月30日現在)を選び出し、名義や空き家台帳の有無、所有者の意思などを確認した。

 耐震性や防火性などに問題のあるケースが多く、市が活用できると判断した物件は数軒。ただ、担当者は「問題があった建物も決して可能性がないわけではない。何かやりたいとの思いを持った人が集まり、そこから広がりを持たせることが大切だ」という。

 まちづくりトークイベントは仲間づくりの場として今後も継続していく。会員制交流サイトのフェイスブックでも取り組みの一部を紹介している。「まちプロ」を進める市都市政策推進室の北村祐貴さんは「市と市民が継続し長く関わっていくことを考えなければいけない」と話した。自治体の都市再生に詳しい芝浦工業大学大学院の谷口博昭客員教授は「市民のサポートがなければ計画倒れになる」と指摘している。

 市は、まちづくり会社の設立もにらみ、さらに団体が国から支援を受けられる「都市再生推進法人」に認定されるよう支援する。2022年までの5年間を一区切りとする。

関連記事

十勝毎日新聞

ラテアートにトークショー 藤丸「ミルク&チーズフェア」【帯広】

 帯広市内の藤丸で21日まで開催中の「ミルク&ナチュラルチーズフェア」に、ラテアートの世界大会で優勝したことのある大磯悟さんのコーヒー店「スタンダードコーヒーラボ」(札幌)が出店している。 世界...

十勝毎日新聞

特定健診受診3年連続十勝一 全道は3位【陸別】

 陸別町の2018年度の特定健診受診率が71.3%と過去最高を記録し、全道の自治体で3位、十勝では3年連続で1位となった。野尻秀隆町長は「町民の健康増進のため、保健福祉センターや町民課、国保診療所...

十勝毎日新聞

今年は「氷」が主役 少雪で迷路登場 エコパ冬まつり【音更】

 雪遊びイベント「エコパ冬まつり」が19日、音更町十勝川温泉の道立十勝エコロジーパークで開かれた。記録的な少雪のためイベントの半分が中止となったが、子どもたちは代わりに登場した氷の迷路などを楽し...

函館新聞

シーニックdeナイトのキャンドル製作体験会【函館】

 手作りキャンドルの明かりで街を彩る「シーニックdeナイト2020」(実行委主催)が2月1日から始まるのを前に18日、五稜郭タワーアトリウムでワックスキャンドルの製作体験会が開かれた。親子連れや...

函館新聞

春の彩り、JALカウンターに琉球寒緋桜お目見え【函館】

 函館空港の日本航空(JAL)チェックインカウンターに、今年も沖縄県本部(もとぶ)町から贈られた「琉球寒緋桜(りゅうきゅうかんひざくら)」がお目見えした。同社函館支店は「日本一早い春の便りを楽し...