北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

荒くれ羽球部所属の星・田村組が全日本V【室蘭】

全国優勝した田村(右)と星

 室蘭のバドミントンチーム、荒くれ羽球部の星千春(45)と田村隆紀(同)が、第35回全日本シニアバドミントン選手権大会の45歳以上混合ダブルスの部で優勝した。混合ではチーム初の全国制覇。互いの持ち味を引き出すコンビネーションで栄冠を飾った。

 同部には119ペアが出場した。決勝では、国際大会で優勝を重ね、東京五輪の出場を目指す常山幹太(トナミ運輸)の両親、兼二・美由紀ペアと対戦。第1セットを制したが、第2セットは先にマッチポイントを取りながらも22―24で逆転負け。最終セットは21―13で勝ち切った。

 ペアでの出場は6年目を迎え、戦術を見直して今大会を迎えた。田村は、左利きの星がフォアハンドで返しやすいようラリーを組み立てた。星は体重を13キロ絞った上、チームメートの男子選手と練習を重ね、運動量に磨きをかけた。

 それでも苦戦を強いられた決勝。最終セットは、田村が威力に自信があるスマッシュから緩急をつけたショットに切り替えて相手を前後左右に揺さぶると、星が果敢に前衛に出てチャンスを逃さなかった。

 田村は「決勝はスタミナが切れて途中で2位でもいいかなと思いかけたが、やれるだけのプレーをしたかった」と笑顔。星は「昨年の大会で札幌の仲間のペアが優勝したので、この1年間で練習量を増やした。普段から男子と練習できたおかげ」と喜んだ。2人は、荒くれ羽球部の創設メンバー。「次は2連覇を」と、今年も栄冠を持ち帰る決意を見せた。

関連記事

函館新聞

シーニックdeナイトのキャンドル製作体験会【函館】

 手作りキャンドルの明かりで街を彩る「シーニックdeナイト2020」(実行委主催)が2月1日から始まるのを前に18日、五稜郭タワーアトリウムでワックスキャンドルの製作体験会が開かれた。親子連れや...

函館新聞

春の彩り、JALカウンターに琉球寒緋桜お目見え【函館】

 函館空港の日本航空(JAL)チェックインカウンターに、今年も沖縄県本部(もとぶ)町から贈られた「琉球寒緋桜(りゅうきゅうかんひざくら)」がお目見えした。同社函館支店は「日本一早い春の便りを楽し...

十勝毎日新聞

「パン甲子園」2年連続グランプリ報告 清水高 鈴木知事も絶賛【札幌】

 昨年10月の「パン甲子園2019」(実行委主催)で2年連続グランプリに輝いた清水高校の3人が17日、鈴木直道知事を表敬訪問した。共に3年の山田晧太さん、藤田成之介さん、曽根拓馬さんらが鈴木知...

十勝毎日新聞

障害者アート 大型絵本に ポプケ利用者協力【帯広】

 帯広大谷短大の学生たちは17日、帯広市内の地域活動拠点popke(ポプケ、西21南2)で同施設の利用者らと共に、アールブリュット作品を使った大型絵本の表紙作りに取り組んだ。絵本は同短大で2月に初...

十勝毎日新聞

坂本直行の風景画 未公開作品を展示【幕別】

 幕別町内のカフェ「シェモア」(札内新北町40、舟越智子代表)で、十勝ゆかりの画家坂本直行の作品展が開かれている。未公開とされる道東の風景11点が店内に花を添えている。2月末まで。  管内在...