北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

荒くれ羽球部所属の星・田村組が全日本V【室蘭】

全国優勝した田村(右)と星

 室蘭のバドミントンチーム、荒くれ羽球部の星千春(45)と田村隆紀(同)が、第35回全日本シニアバドミントン選手権大会の45歳以上混合ダブルスの部で優勝した。混合ではチーム初の全国制覇。互いの持ち味を引き出すコンビネーションで栄冠を飾った。

 同部には119ペアが出場した。決勝では、国際大会で優勝を重ね、東京五輪の出場を目指す常山幹太(トナミ運輸)の両親、兼二・美由紀ペアと対戦。第1セットを制したが、第2セットは先にマッチポイントを取りながらも22―24で逆転負け。最終セットは21―13で勝ち切った。

 ペアでの出場は6年目を迎え、戦術を見直して今大会を迎えた。田村は、左利きの星がフォアハンドで返しやすいようラリーを組み立てた。星は体重を13キロ絞った上、チームメートの男子選手と練習を重ね、運動量に磨きをかけた。

 それでも苦戦を強いられた決勝。最終セットは、田村が威力に自信があるスマッシュから緩急をつけたショットに切り替えて相手を前後左右に揺さぶると、星が果敢に前衛に出てチャンスを逃さなかった。

 田村は「決勝はスタミナが切れて途中で2位でもいいかなと思いかけたが、やれるだけのプレーをしたかった」と笑顔。星は「昨年の大会で札幌の仲間のペアが優勝したので、この1年間で練習量を増やした。普段から男子と練習できたおかげ」と喜んだ。2人は、荒くれ羽球部の創設メンバー。「次は2連覇を」と、今年も栄冠を持ち帰る決意を見せた。

関連記事

十勝毎日新聞

柴田牧場の看板も なつぞらロケ地25日公開【新得】

 新得NHK連続テレビ小説「なつぞら」の町内のロケ地が、25日から一般公開される。主人公「なつ」の心象に刻み込まれた牧草地など、ドラマのイメージそのままの風景が広がる。  公開を始めるのは新得...

十勝毎日新聞

畜大にパン開発講座 「敷島」と連携発展【帯広】

 帯広畜産大学と大手製パン会社の敷島製パン(名古屋)は23日、製パンに関する共同研究講座を設置したと発表した。これまでの連携を発展させ、北海道発のパン開発や国産小麦拡大による食料自給率向上を図る。...

十勝毎日新聞

村にアート体験出前 武蔵野美大と契約【中札内】

 中札内村教育委員会は、武蔵野美術大学(東京)と産学共同プロジェクトの受託研究契約を結んだ。8月には村内の小中学校でワークショップを行うほか、黒板に作品を描く「黒板ジャックライブ」を道の駅なかさつ...

函館新聞

遺愛ホワイトハウス一般公開始まる 24日まで【函館】

 遺愛学院(福島基輝校長)で23日、同学院内にある「旧宣教師館(ホワイトハウス)」の一般公開が始まった。市民ら約80人が来場。同校生徒が案内し、歴史を感じさせる館に思いを馳せながら施設内を見学し...

函館新聞

弁天町の商家「太刀川家」貸室とゲストハウスに【函館】

 函館市弁天町15にある国の指定重要文化財(重文)「太刀川(たちかわ)家住宅店舗」と隣接する市景観形成指定建築物「太刀川家洋館」が、バンケットルームとゲストハウスとして貸し出しを始めた。所有する...