北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

カレーラーメンの土産品開発 飲食店店主ら振興局と苫食

「元祖とまこまいみそカレーラーメン」をPRするメンバー

 カレーラーメンを提供する飲食店店主らでつくるとまこまいカレーラーメン振興局は、苫小牧の新たな土産品として、生麺とスープのセット「元祖とまこまいみそカレーラーメン」を、麺類の製造、販売を手掛ける苫食(苫小牧市有明町)と共同開発した。2月1日から道の駅ウトナイ湖(同市植苗)の特設スペースで先行販売。同局は「苫小牧の味を多くの人に届けたい」と自信作をPRする。

 ご当地グルメのカレーラーメンを販売する飲食店をスタンプラリー形式で紹介する「カレーラーメンマップ」を毎年発行するなど、東胆振地域の活性化に取り組んでいる同局。「元祖とまこまいみそカレーラーメン」は1箱2人前で、味の大王(市内植苗)が監修した。

 昨年5月、神奈川県横須賀市で開かれたご当地カレーイベント「よこすかカレーフェスティバル」に出品し、来場者による人気投票で23団体中1位に輝いたラーメンを再現。道産小麦100%の中太縮れ麺を使用し、スープは豚骨スープをベースに、カレースパイスと道産みそを混ぜ合わせてまろやかに仕上げた。好みに合わせモヤシやネギ、チーズ、チャーシューなどをトッピングして味わう。

 同社の高橋浩一社長は、「子どもでも食べられる程よい辛さで、みそとスパイスの風味を生かした」と強調。「全国イベントで優勝した味を多くの人に味わってもらえたら」とアピールする。

 価格は1箱800円(税別)。今後、市内の店舗や新千歳空港などでの販売を視野に入れ、取り扱い店を拡大していきたい考えだ。

関連記事

十勝毎日新聞

自慢のそり 忠類快走【幕別】

 自作そりでコースを滑り降りる「第36回忠類ナウマン全道そり大会」(実行委主催)が17日、幕別町営忠類白銀台スキー場の特設会場で開かれた。管内外から39台のオリジナルそりが登場し、観客から大き...

十勝毎日新聞

ばんえい史上初20連勝 ホクショウマサル【帯広】

 ばんえい十勝のホクショウマサル(牡8歳)は16日の第11レースで1着となり、ばんえい競馬史上初の20連勝を達成した。記録更新は1999年以来、20年ぶり。  ホクショウマサルは坂本東一厩舎...

十勝毎日新聞

藤丸が大改装へ 新ブランドも導入【帯広】

 藤丸(藤本長章社長)は3月にかけて、売り場強化の一環として各フロアの改装に取り組む。新たなブランドを導入し、人気家具コーナーを大幅に拡充する。昨年春以来の大幅リニューアルで、同社は「魅力ある...

函館新聞

縄文大使就任とトークイベントにぎわう 17日も

 北海道・北東北の縄文遺跡群の世界遺産登録実現への機運を盛り上げる「道南縄文応援大使」の任命式が16日、函館蔦屋書店で開かれた。道南縄文文化推進協議会の境勝則会長が、大使の3人にたすきと委嘱状を...

函館新聞

高専の3、4年生が英語プレゼンコンで好成績

 1月末に神戸市であった「第12回全国高専英語プレゼンテーションコンテスト」(全国高専連合会など主催)で、チーム部門に出場した函館高専の3年生3人のチームが準優勝を果たし、特別賞も受賞する活躍をみ...