北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

千歳科技大、4月公立化 道内初、公設民営から転換-国、道が正式認可

新年度から公立化が正式に決まった千歳科技大

 千歳科学技術大の公立化が31日、国と道に正式に認められた。同日付で文部科学省は大学から受けていた「設置者変更」「学校法人解散」の申請を、道は千歳市から受けていた「公立大学法人設立」の申請をそれぞれ認可した。公設民営の私立大の公立化は道内初となる。

 4月からの公立化に向けて同大は昨年10月24日、私立学校法などに基づき、文科省への大学設置者変更と学校法人解散の申請を名称変更の届け出と同時に行っている。申請に伴い定款のほか、解散、残余財産処分の手続きを経たことを証明する書類なども添付した。併せて市は、学校教育法に基づいて昨年11月13日、出資財産目録などと公立大学法人設立の申請書を道に提出していた。

 同省は大学からの申請を法令に基づいて設置している審議会などで、道は市からの申請を総合政策部と石狩振興局でそれぞれ審査してきた。

 同大は1998年に開学。2007年度以降は赤字が続いており、定員割れも慢性化していた。改革の一手として16年12月に市に対して公立化を要望している。

 市は17年10月に同大を公立化する方針を表明し、昨年には組織や業務についての定款や公立化後6年間の人材育成と地域貢献の指針となる中期目標をまとめ、市議会の議決を受けた。

 公立化後、同大は情報技術にたけた技術者の育成を目標に掲げるほか、地域貢献策「スマートネイチャーシティーちとせ構想」を打ち出し、まちづくりの支援を自然科学を通じて展開していく方針。また、19年度に行われる推薦入試に千歳枠を設け、千歳市在住者の入学金を通常の半額にする優遇措置を採用。教員を24年度まで段階的に増員し、校舎も増築して22年度に供用開始する。現在は中期目標達成に向けた計画をまとめている段階で、今後、市に提出する。

関連記事

十勝毎日新聞

自慢のそり 忠類快走【幕別】

 自作そりでコースを滑り降りる「第36回忠類ナウマン全道そり大会」(実行委主催)が17日、幕別町営忠類白銀台スキー場の特設会場で開かれた。管内外から39台のオリジナルそりが登場し、観客から大き...

十勝毎日新聞

ばんえい史上初20連勝 ホクショウマサル【帯広】

 ばんえい十勝のホクショウマサル(牡8歳)は16日の第11レースで1着となり、ばんえい競馬史上初の20連勝を達成した。記録更新は1999年以来、20年ぶり。  ホクショウマサルは坂本東一厩舎...

十勝毎日新聞

藤丸が大改装へ 新ブランドも導入【帯広】

 藤丸(藤本長章社長)は3月にかけて、売り場強化の一環として各フロアの改装に取り組む。新たなブランドを導入し、人気家具コーナーを大幅に拡充する。昨年春以来の大幅リニューアルで、同社は「魅力ある...

函館新聞

縄文大使就任とトークイベントにぎわう 17日も

 北海道・北東北の縄文遺跡群の世界遺産登録実現への機運を盛り上げる「道南縄文応援大使」の任命式が16日、函館蔦屋書店で開かれた。道南縄文文化推進協議会の境勝則会長が、大使の3人にたすきと委嘱状を...

函館新聞

高専の3、4年生が英語プレゼンコンで好成績

 1月末に神戸市であった「第12回全国高専英語プレゼンテーションコンテスト」(全国高専連合会など主催)で、チーム部門に出場した函館高専の3年生3人のチームが準優勝を果たし、特別賞も受賞する活躍をみ...