北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

千歳科技大、4月公立化 道内初、公設民営から転換-国、道が正式認可

新年度から公立化が正式に決まった千歳科技大

 千歳科学技術大の公立化が31日、国と道に正式に認められた。同日付で文部科学省は大学から受けていた「設置者変更」「学校法人解散」の申請を、道は千歳市から受けていた「公立大学法人設立」の申請をそれぞれ認可した。公設民営の私立大の公立化は道内初となる。

 4月からの公立化に向けて同大は昨年10月24日、私立学校法などに基づき、文科省への大学設置者変更と学校法人解散の申請を名称変更の届け出と同時に行っている。申請に伴い定款のほか、解散、残余財産処分の手続きを経たことを証明する書類なども添付した。併せて市は、学校教育法に基づいて昨年11月13日、出資財産目録などと公立大学法人設立の申請書を道に提出していた。

 同省は大学からの申請を法令に基づいて設置している審議会などで、道は市からの申請を総合政策部と石狩振興局でそれぞれ審査してきた。

 同大は1998年に開学。2007年度以降は赤字が続いており、定員割れも慢性化していた。改革の一手として16年12月に市に対して公立化を要望している。

 市は17年10月に同大を公立化する方針を表明し、昨年には組織や業務についての定款や公立化後6年間の人材育成と地域貢献の指針となる中期目標をまとめ、市議会の議決を受けた。

 公立化後、同大は情報技術にたけた技術者の育成を目標に掲げるほか、地域貢献策「スマートネイチャーシティーちとせ構想」を打ち出し、まちづくりの支援を自然科学を通じて展開していく方針。また、19年度に行われる推薦入試に千歳枠を設け、千歳市在住者の入学金を通常の半額にする優遇措置を採用。教員を24年度まで段階的に増員し、校舎も増築して22年度に供用開始する。現在は中期目標達成に向けた計画をまとめている段階で、今後、市に提出する。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝の風景クッキーに 実現へCF開始【帯広】

 帯広市内の十勝菓子工房菓音(東11南15)は、十勝の四季を描いたクッキーの商品化に向け、クラウドファンディング(CF)を始めた。クッキーを絵画、ギフト箱を額縁に見立てて作るユニークな商品。1...

十勝毎日新聞

「甘くて軟らか」ウニ給食 小・中・高【広尾】

 広尾の海岸で取れたエゾバフンウニが17日、町内の小・中学校、高校の給食で「うにの茶わん蒸し」として振る舞われた。  地域産食材を使った特別メニューを提供する「ふるさと給食」の一環。ウニが給...

十勝毎日新聞

延長51メートル大型滑り台も 里見が丘公園複合遊具完成【足寄】

 足寄町が里見が丘公園遊戯広場内に整備していた大型遊具「お山の複合遊具」が完成し、27日にオープンする。延長51メートル、落差10メートルの滑り台やネット遊具が子どもたちを出迎える。  広大...

函館新聞

観光シーズン到来 箱館ハイカラ號運行開始【函館】

 明治時代の客車を復元した「箱館ハイカラ號(ごう)」の今季の運行が20日から始まった。赤を基調としたレトロな車両は今年も健在で、街に本格的な観光シーズンの訪れを告げた。  当初は15日...

函館新聞

〝日本一小さな〟道の駅江差がリニューアルオープン【江差】

 【江差】町尾山町1の「道の駅江差」が20日、リニューアルオープンした。コンパクトな建物内の両側に販売所と展示コーナーを新たに配置。本格的な観光シーズンに向けて、新たな情報発信拠点としての...