北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

福呼ぶ恵方巻き、市内の各店舗が「味ある商戦」【室蘭】

商品に先立ち、ポップやポスターが展示されているコーナー=30日午前10時半、イオン室蘭店

 2月3日は「節分」。今年は東北東の方角を向いて恵方巻きを食べると縁起が良いとされている。室蘭市内の大型店や寿司(すし)店では、豊富な具材を包み込んだ恵方巻きに加え、アニメとコラボした商品が登場するなど盛り上がりを見せる。一方で近年、売れ残った恵方巻きの「食品ロス」が問題視されている。食品廃棄を出さないように関係省庁が通達を出し、各店舗がそれぞれの対応を取っている。

 イオン室蘭店(東町)では、春を感じる菜の花や桜エビなど14種類の具材を包んだ「和風極太巻き」や、ヒレカツ巻きなど中巻き6種類がセットになった「中巻きハーフセット」が人気を集めている。「ドラえもんのなかよしえほうまき」は、どら焼きの皮やツナマヨネーズが包まれ、子どもが喜ぶ恵方巻きも販売している。

 例年、廃棄ゼロの同店では「時間帯で区切り、しっかりと調整をする。例年の販売本数を参考にした製造計画を基に、今年も廃棄ゼロを目指す」(売り場担当者)という。

 室蘭プリンスホテル(中央町)では、受注販売のみの対応で、事前予約が必要。二つの恵方巻きのセットを用意し、Aセットは卵焼きやカンピョウ、キュウリなど定番の具材が入った招福巻き、エビフライ巻き、海鮮巻き。Bセットはまぐろ巻き、ヒレカツ巻き、サーモン巻き。3本セットで各600円。予約はきょう1日までに同ホテル、電話0570・026576へ。

 わかさいも本舗(本社洞爺湖町)が運営する回転寿司「ちょいす」の各店舗では、当日も販売する。定番の恵方巻きのほか、新鮮な海鮮物がたっぷりと入った「節分巻き」など豊富。同社の担当者は「前年のデータを参考にし、必要な分だけしか作らないので、夕方には売れ切れになる場合もある。数量限定のため、ご購入を考えている方は早めにご来店を」と呼び掛けている。

 「手作り派」の家庭も多くある。日の出町に住む30代の主婦は「夕方にスーパーに行くと、恵方巻きが山積みになっている売り場を見たことがある。閉店までにどれだけ売れるか分からないが、廃棄になってしまうのはもったいない」との声もあった。「わが家では、好きな具材を入れ、食べられる分だけ作ります。子どもも一緒に巻くので、喜んで食べてくれます」と話していた。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝産トウモロコシと生クリームのスープ 明治が販売【東京】

 明治(東京)は、十勝産のトウモロコシと生クリームを使った新商品「十勝産黄金のとうもろこしと生クリームで仕立てたコーンスープ」の販売を始めた。明治グループの日本罐詰(芽室)が製造、全国のスーパー...

室蘭民報

そうべつくだもの村でブドウ狩りのシーズンを迎える【壮瞥】

 壮瞥町内の果樹園18軒でつくる「そうべつくだもの村」はブドウ狩りのシーズンを迎えた。甘く熟した大きな実を求め、多くの観光客が足を運んでいる。  滝之町の阿野観光果樹園(阿野裕紀緒園主)では、...

室蘭民報

来遊遅れ厳しい出足―秋サケ漁の漁獲量、過去5年で最低【胆振】

 胆振海域の秋サケ定置網漁(1日解禁)が当初予想に反して厳しい出足となっている。来遊の遅れが主な原因とされ、今月下旬以降に増える見通しも出ているが、全体的に漁獲量が前年度を下回っている。10日現...

十勝毎日新聞

「十勝晴れ」味わう茶 タイ産花で青色表現【帯広】

 プロコム北海道(帯広)は、プライベートブランド(PB)の新商品として「十勝あおぞら茶」を発売した。近年話題の植物バタフライピーを配合し、お茶にすると見た目が青色となるユニークなフルーツティーで、...

十勝毎日新聞

「ロケットパン」開発で連携 満寿屋と大樹高生【大樹】

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広、杉山雅則社長)は町内の小・中学生、高校生と協力して「ロケットパン」の開発を進めている。13日には杉山社長が大樹高校(青木祐治校長、生徒142人)を訪れ、生徒たちと...