北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

ニュース一覧

日高報知新聞

合同句集「えりも」発刊【えりも】

【えりも】町文化協会加盟のえりも吟社(佐々木凌子代表、会員9人)は15日、句会誌600号を記念して合同句集「えりも」を発刊した。  同吟社は、えりも俳句同好会として1972年(昭和47年)4月に発足...

日高報知新聞

絶滅危惧種「ハクガン」を発見【新ひだか】

【新ひだか】三石鳧舞地区で、2日午前9時頃、川岸で羽根を休める絶滅危惧種のハクガン21羽を確認した。  ハクガンは、カモ科に分類される鳥類。日本には越冬のためにごくまれに飛来(冬鳥)する。全長66~8...

苫小牧民報

小学倉敷王将戦 高学年の部で3位 日本将棋連盟苫支部所属 萩野小6年の志摩..

日本将棋連盟苫小牧支部(中條範広支部長)に所属する白老萩野小学校6年生の志摩隆平君(12)が、9日に岡山県倉敷市で開かれた「第20回全国小学生倉敷王将戦」高学年の部で第3位に輝いた。自信を付けた志...

苫小牧民報

「もっと世界で活躍したい」 東京五輪銀の開選手 道民栄誉賞最年少受賞

鈴木直道知事は17日、昨年夏の東京五輪スケートボード女子パーク競技で銀メダルを獲得した苫小牧市在住の開心那(ひらき・ここな)選手(13)に道民栄誉賞を贈った。栄誉賞としては史上最年少の受賞で、開選...

十勝毎日新聞

100年前のスペイン風邪 人流介し拡大 新型コロナと共通点【十勝】

 新型コロナウイルスの第6波が日本各地を襲っている。2020年1月に国内初の感染が確認されてから2年がたち、陽性者数は170万人(うち死者数は約1万8000人)を超えた。世界では100年ほど前にも...

十勝毎日新聞

「雪の妖精」お土産に 「シマエナガ」菓子商品化【帯広】

 南製菓(帯広市、南隆司社長)は、「雪の妖精」とも称される道内生息の野鳥「シマエナガ」をモチーフに商品化した。主に土産用として、十勝管内外の主な道の駅や温泉ホテルなどで販売されている。  新た...

十勝毎日新聞

JR帯広駅 エスタに韓国専門店 食品やグッズ200点【帯広】

 JR帯広駅のエスタ帯広西館に「韓国食品ハナマート」がオープンした。本場のキムチや麺類、人気アイドルのグッズなど約200点を販売。テレビやSNSで話題になっている食材を求める客が多く訪れている。 ...

函館新聞

日本酒「五稜」の出荷準備本格化 28日発売【函館】

 函館市内に昨年、54年ぶりに誕生した酒蔵「五稜乃蔵」(亀尾町28)では、28日から同市内や近郊の酒店で販売される日本酒「『五稜』純米生」(720ミリリットル、税込1320円)の初出荷に向けた準...

函館新聞

タラコデザイン自販機登場 道の駅しかべ間歇泉公園【鹿部】

  【鹿部】道の駅「しかべ間歇泉(かんけつせん)公園」は、敷地内の体験・研修棟前にタラコがデザインされた飲料自動販売機を設置した。一緒に記念撮影をする客も多く、新たな人気スポットの一つとなっている...

日高報知新聞

きゅう務員と馬の手入れ【新ひだか】

【新ひだか】静内真歌のライディングヒルズ静内で15日、「町民子どもきゅう務員と馬の手入れ体験」が開かれた。  この日は、職員の倉井翔也乗馬指導員が講師となり、姉弟で参加した2人の子どもに指導。...

日高報知新聞

避難所開設などで対応【浦河・新冠・新ひだか】

 15日の南太平洋のトンガ沖での海底火山の噴火に伴い、気象庁が全国の太平洋沿岸などに津波警報・注意報が発令され、浦河町で70㌢(16日午前5時15分)、えりも町庶野で50㌢(15日午後11時55分)の津波を観測し...

室蘭民報

プラネタリウム観覧後は…「お得な食事を」 8飲食店、特典用意【室蘭】

 室蘭市、室蘭商工会議所、室蘭観光協会でつくる室蘭観光推進連絡会議(石田仁会長)は、DENZAI環境科学館(本町)のプラネタリウム特別上映に合わせ、観覧後のグループ(2人以上)を対象にした連動企...

室蘭民報

イルカ眺めランチはいかが マリンパーク、趣向凝らした弁当提供【登別】

 登別マリンパークニクス(登別東町)では、プールで泳ぐイルカショーを見学しながら昼食を楽しめる企画「イルカとランチ」を、冬季間の土日祝日限定で展開している。観覧しながら食事ができる弁当を購入す...

室蘭民報

基本的な技術伝授 クロカン日本代..

 クロスカントリースキー元日本代表の宗片博文さん(59)=札幌市在住=を招いた市民歩くスキー教室(伊達歩くスキー協会主催)が16日、伊達市大滝区の常設コースであり、会員や愛好者が基本的な技術を学...

苫小牧民報

学校給食に地場産の魚、ホッケやサケ… 子どもたちの食育に

苫小牧市学校給食会は今月から、市内の小中学校で地場産の魚を使った給食を提供していく。苫小牧漁業協同組合(伊藤信孝組合長)やマルトマ苫小牧卸売(西田浩一社長)の協力を得て、地元で水揚げされた新鮮なホ...

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10