北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

ニュース一覧

苫小牧民報

白いぼんぼり高山に映える 樽前山のイソツツジ

苫小牧市と千歳市にまたがる樽前山で、イソツツジが見頃を迎えている。ぼんぼりのようなかわいらしい白い花を、カメラに収める登山者の姿も見られた。  イソツツジは常緑の低木で、茎の上部に多くの白い...

苫小牧民報

韓国の貨物専用機就航 週1回道産ホタテを輸出 新千歳

韓国唯一の貨物専門航空会社エアインチョン(AIH)は16日、新千歳―韓国・仁川(インチョン)に貨物専用機を就航させた。新千歳を管理する北海道エアポート(千歳市、HAP)と、仁川を管理する仁川国際空港...

十勝毎日新聞

横山裕二さん会社設立 「いつか読者に野菜を」【音更】

 週刊少年サンデーで「十勝ひとりぼっち農園」を連載する漫画家、横山裕二さん(45)が、自身が住む音更町内に会社を設立した。社員やアルバイトを雇い、これまでの業務を続ける傍ら、「いつか読者の皆さんに...

十勝毎日新聞

今年はのんびり街中歩いて 19日に3年ぶり「オビヒロホコテン」【帯広】

 西2条通(平原通)を中心とした帯広市中心部のイベント「オビヒロホコテン」が19日、2019年以来3年ぶりに再開する。開催準備に忙しい帯広まちなか歩行者天国実行委員会事務局長の金澤和彦さんに、開...

十勝毎日新聞

デジタル空間で“疾走” うらほろマラソンのコース再現【浦幌】

 浦幌町のIT企業「フォレストデジタル」(辻木勇二代表)は18、19の両日、町内の「常室ラボ」にある「uralaa(うらら)」で、19日に町内で開かれる「うらほろマラソン」のコースを体感できるサ...

函館新聞

函館国際ホテル、アニメ「ダイナミックコード」とコラボ企画【函館】

 函館市大手町の函館国際ホテル(小林睦明総支配人)は音楽バンドを扱ったアニメ「DINAMIC CHORD(ダイナミックコード)」に登場する男性ロックバンド、KYOHSO(キョーソー)とのコラボレ...

函館新聞

ひとり親サポステ、相談100件増 月1回時間延長、オンラインも可に【函館】

 函館市が一人親家庭の相談窓口として、市役所本庁舎と亀田支所に設置している「ひとり親家庭サポート・ステーション」の2021年度の相談件数は、前年度比105件増の2123件だった。母子、父子家庭らへ...

苫小牧民報

樽前山のコマクサ除去へ 環境省が現地調査で確認

環境省支笏洞爺国立公園管理事務所(千歳市)は15日、樽前山の国内外来種の除去に向けた現地調査を行った。北東斜面沿いのお花畑コースで、本来生育していなかった高山植物のコマクサを確認した。7月28日に...

苫小牧民報

ホッキカレー 給食に登場 地場産食材「軟らかい!」苫小牧

苫小牧市内の小中学校26校と苫小牧支援学校で15日、地場産のホッキ貝を使った「ホッキカレー」が学校給食に登場した。6月の食育月間に合わせた特別メニューで、児童はホッキ貝がふんだんに使われた一味違う...

十勝毎日新聞

旭山学園自慢の十割そば 17日そば店開店【清水】

 清水町内の社会福祉法人清水旭山学園(鳴海孟理事長)が運営する多機能型事業所「旭山農志塾」は、町南4ノ9の国道274号沿いで、そば店「石臼挽き十割そば農志塾」を17日にオープンする。そばの提供の他...

十勝毎日新聞

列車とシカ衝突最多 JR北海道21年度【札幌】

 JR北海道の列車が2021年度にシカと衝突した事故件数は2632件(前年度比219件増)で、JR発足以降で最多だった。十勝関係でも、石勝線(南千歳~上落合信号場)や、根室線(上落合信号場~釧路)...

十勝毎日新聞

市の4回目接種20日に予約開始 新型コロナワクチン【帯広】

 帯広市は、27日に開始する新型コロナウイルスワクチンの4回目接種の予約を20日から受け付ける。  4回目接種の対象は、60歳以上と18~59歳の基礎疾患を持つ人。  市内の46医療機関で接種...

函館新聞

18、19日に空港でマルシェ 東京や大阪など産地直送【函館】

 函館空港(高松町)国内線旅客ターミナルビル2階売店エリアで18、19の両日、東京、大阪、札幌の就航路線都市の土産品などを販売する「空でつながるエアポートマルシェ」が開かれる。また、空輸を活用し...

函館新聞

eスポーツで函館の地域創生を 来月3日に高専生企画のイベントを初開催【函..

 函館高専のe‐sports愛好会(堀口雄伍部長)が企画運営するイベント「3BOX Vol.1」(主催・eスポーツ×人材育成プロジェクト実行員会)が7月3日午後1時から、はこだてみらい館(キラリス...

日高報知新聞

学校給食センターが老朽化【浦河】

 浦河町は、建設から52年が経過し老朽化が進む学校給食センターについて、新たに施設の建設を検討しており、今年度中に基本計画を策定し方向性を固める考えだ。  同センターは、浦河町荻伏町20に1970年...

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス