北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

ニュース一覧

苫小牧民報

記録的少雪で除雪車出動ゼロ 歓迎と困惑の声-苫小牧市

 例年にない記録的な少雪が続き、苫小牧市は今冬、一度も除雪車を出動させていない。市民からは「雪が少なくて生活しやすい」と歓迎する声が上がる一方、除雪作業を請け負う業者は収益を確保できず苦慮してい...

苫小牧民報

1月の漁獲量激減 苫小牧漁協のスケトウダラ漁

 苫小牧漁業協同組合のスケトウダラ漁は、1月に入ってから著しい不漁に陥っている。14日現在の速報値で、漁獲量は約1440トン(前年同期比72トン減)、金額は約1億4600万円(同約4600万円減...

苫小牧民報

スケートまつり支援隊に名物カレーラーメン振る舞う-ラーメン店「味の大王」

 苫小牧市内でラーメン店を展開する「味の大王」は16日、第54回とまこまいスケートまつり(2月1、2日)の支援隊員65人に昼食としてカレーラーメンを振る舞った。まつりのメイン会場となる中央公園(...

十勝毎日新聞

コーヒー片手にアイスバブル楽しもう 氷上のカフェ【上士幌】

 上士幌町観光協会(市田雅之会長)は糠平湖の氷上で、ホットコーヒーなどを販売するカフェを19日正午から開設する。カフェ横には、昨年、話題となり大勢の人が訪れたアイスバブルも常時見られるようテントを...

十勝毎日新聞

雪の代用は「火山灰」 しばれフェス【陸別】

 「第39回しばれフェスティバル」(2月1、2日)のアトラクションとして設営される氷の滑り台で、土台造りに雪の代わりに火山灰が使われることになり、16日、会場となる陸別町ウエンベツイベントセン...

十勝毎日新聞

アライグマ被害3倍に わな強化へ 対策会議【十勝】

 十勝管内でアライグマによる農業被害が増加している。各自治体などでつくる十勝管内アライグマ対策会議(事務局十勝総合振興局)によると2018年度の被害額は175万円で、前年の約3倍。道はわなの効...

室蘭民報

常盤保育所の園児らだんパラでそり遊び、冬を満喫【室蘭】

 室蘭市栄町の常盤保育所(野呂友恵所長)の「そり遊び」が16日、香川町のだんパラスキー場横の斜面で行われ、年中・年長児45人が歓声を上げながら滑降し、室蘭の冬を満喫した。  この日午前のスキー...

室蘭民報

開拓民具展で農具や氷式冷蔵庫など50点を展示【伊達】

開拓民具、時を超え  伊達開拓民具展が伊達市梅本町のだて歴史文化ミュージアムで開かれている。仙台藩亘理伊達家が移住時に持ち込んだ生活用具や開拓で使用した農具など約50点が来場者の目を引いている。...

室蘭民報

路面凍結に注意を、寒さが19日まで続く【胆振】

 冬型の気圧配置の影響で胆振地方は16日、最低気温がむかわで氷点下10・7度と2月下旬並みとなり、室蘭でも冬景色が広がった。室蘭地方気象台によると、寒さは19日まで続くとみられる。17日の室蘭の...

室蘭民報

ご当地焼きそばラリーに「閻魔やきそば」がラインアップ【登別】

道内9地域、抽選で景品  道産小麦を用いたご当地焼きそばを食べ比べる「焼きそば王国北海道!ご当地焼きそばラリー2020」(北海道ご当地焼そば連携プロジェクト実行委員会主催)が昨年12月から行われ...

室蘭民報

市制施行100年実行委を立ち上げ、名誉市民選定で注目【室蘭】

 室蘭市は今年、2年後の開港150年・市制施行100年に向けた記念事業実行委員会を立ち上げる。周年事業といえば毎回、名誉市民選定が話題になるが、今回は鳩山由紀夫元首相の名前が挙がるかが注目されて...

室蘭民報

来月、若手・中堅社員向けキャリアアップセミナー開催【室蘭】

仕事の課題対応力強化  室蘭商工会議所と室蘭市産業教育センター主催のキャリアアップセミナーが2月18、19日に市内で行われる。入社5年未満の「若手社員コース」と5年以上の「中堅社員コース」に分け...

室蘭民報

室蘭フラップスジャズオーケストラが26日に初の単独コンサート【室蘭】

3部構成で魅力伝える  室蘭フラップスジャズオーケストラ(武石志津子代表)は26日、室蘭市幸町の室ガス文化センターで初めての単独コンサートを開く。旧鶴ヶ崎中、翔陽中ジャズバンド部のOB、OGを中...

室蘭民報

シンガー・ソングライターなかにしりくさんがカフェで来月1日ライブ【室蘭】

 札幌を拠点に活動しているシンガー・ソングライター、なかにしりくさんによるライブイベントが2月1日午後2時半から、室蘭市白鳥台5のcafeねうねうで開かれる。  なかにしさんは、NHK番組「ほ...

室蘭民報

5年目迎え市の特定不妊治療助成事業が着実に浸透【室蘭】

 特定不妊治療(体外受精、顕微授精)に対する室蘭市の助成事業は、2019年度で5年目を迎えた。利用件数は毎年30~40件台を保っており、不妊で悩む夫婦の選択肢を広げる制度が着実に浸透している。市...

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10