北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  西陵中1年の岩井選手…
西陵中1年の岩井選手がスノボで全国へ【登別】
室蘭民報 - 2016/02/18 10:48
だんパラでジャンプの練習をする岩井選手
 第8回トマムカップSS全日本スノーボード選手権北海道地区大会(1月30、31日・星野リゾートトマムスキー場)で、登別市の岩井哉人(かなと)(13)=登別西陵中1年=が8位に入り、3月に岐阜県で行われる全国大会出場を決めた。中学生ながら「一般の部」での入賞で、公式戦のデビュー戦で結果を出した。

 大会には道内のトップ選手18人が出場。中学3年生までのジュニアの部もある中で「ジュニアで勝つより一般の部で実力を試したい」と一般の部に挑んだ。

 レールやボックス、エアを見せるジャンプ台などがあるスロープスタイル。ジャンプでは「フロントサイドの540度」、ボックスでは「スイッチバックサイドテールスライド270度アウト」などの技をこなし、見事に全国大会出場権のある8位に滑り込んだ。

 今季から日本スノーボード協会に加入、この大会が公式戦のデビュー戦だった。「調子も良かったし、練習通り滑れた」と勝負強さも光った。

 岩井がスノーボードを始めたのは3歳。弟・柊太(11)とともに本格的なスノーボード競技に没頭する。今年も昨年に続いて、さっぽろ雪まつり会場でのスノーイベント「白い恋人PARK AIR」の出場選手に選ばれる実力派だ。冬季はニセコ、ルスツに通い詰めのハードな練習スケジュール。室蘭市のだんパラスキー場での調整も欠かせないという。

 3月の全国大会は、プロのスノーボーダーを目指すハイレベルな選手が集結する。岩井は「自分ができる最高の滑りをしたい」と、夢のプロに向かった第1歩を踏み出す。
[室蘭民報]-最近の話題
食の親善大使・飯島氏が菜種油の香り高い評価【洞爺湖】(2016/05/26)
社会人野球チーム・聖ヶ丘病院に5新人加入【伊達】(2016/05/26)
「登別牛乳カステラ」製品化へ、秋にも販売【登別】(2016/05/26)
28、29日にわしべつ川沿い桜まつり【室蘭】(2016/05/26)
「室蘭シャベルズ」がすこっぷ三味線で演奏会【室蘭】(2016/05/26)
仏客船「ル・ソレアル」室蘭初入港、アイヌ文化を披露【室蘭】(2016/05/26)
湖畔の彫刻モニュメントが芸術館前庭に移設【洞爺湖】(2016/05/25)
新日鉄住金室蘭など新入社員42人が心を静め座禅研修【室蘭】(2016/05/25)
石油に興味津々、JX室蘭が富岸小で環境教室【登別】(2016/05/25)
登別市点訳赤十字奉仕団が視覚障害者支え30年【登別】(2016/05/25)
サクラは散りかけているが2日間で盛りだくさんの企画を用意している
↑最近の写真
特集・道の駅
下屋敷慶太郎さん99歳

つぼみふくらみ甘い香り

小さな牧場の夢乗せダービーへ スマートオーディン【苫小牧】

がんと私 命あるうちに がん経験など講演企画【帯広】

親子モテモテ 愛好家続々 町役場のカワアイ【音更】

見渡す黄色 伊澤農場ナタネ畑【帯広】

食の親善大使・飯島氏が菜種油の香り高い評価【洞爺湖】

社会人野球チーム・聖ヶ丘病院に5新人加入【伊達】

「登別牛乳カステラ」製品化へ、秋にも販売【登別】

「室蘭シャベルズ」がすこっぷ三味線で演奏会【室蘭】

28、29日にわしべつ川沿い桜まつり【室蘭】

25日から西アフリカ選抜―日ハムOB戦チケット販売【室蘭】

北のグルメ勢ぞろい!・29日にアスパラまつり開催【名寄】

全国の名物50種類超…室蘭でうまいもの市【室蘭】

礼文凧保存愛好会が熊本支援、6月13日凧揚げ【室蘭】

苫西港 クロガシラの釣果減る

十勝からの情報(5月22日ごろ)

釧路、根室の情報

尾崎さんが15キロのアンコウ釣り上げ【室蘭】

室蘭地方 つり情報

室蘭ゴルフ倶楽部・レストラン白鳥の今季メニュー一新【室蘭】

フルーツトマトを3倍濃縮・旬の味わいを瓶詰め販売【下川】

札幌駅などで道南グルメ弁当販売、白老産シイタケも使用【札幌】

母恋めし本舗がヤヤンコンブ入りふりかけ発売【室蘭】

道の駅・あぷたで新作スイーツ「えごまっ茶」【洞爺湖】

根室新聞(159)

室蘭民報(711)

名寄新聞(70)

北海民友新聞(34)

日刊留萌新聞(36)

日高報知新聞(182)

函館新聞(214)

苫小牧民報(151)

釧路新聞(82)

十勝毎日新聞(358)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)