北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  三國シェフが母校で授…
三國シェフが母校で授業 児童ら5味を体験【増毛】
日刊留萌新聞 - 2016/02/24 18:44
母校の舎熊小学校で児童に味覚の授業を行う三國シェフ
 留萌管内増毛町出身でフランス料理家の三國清三シェフ(61)による食育授業が、23日午後1時半から舎熊小学校で開かれ、児童らが味覚のメカニズムなどを学習し、甘味、酸味、塩味、苦味、うま味の5味を体験した。

 三國シェフは舎熊小の卒業生。食育授業は、今年度で閉校になる舎熊小から依頼を受け、母校の子供達のために―と快く引き受けた。

 授業には、児童8人と保護者、教職員、町教育委員会合わせて15人が参加。舎熊の浜で捕れたホヤで味覚を覚えた子供時代の話をしたあと、5味や舌で味を感じる味蕾(みらい)について説明。「世界の子供は甘味、酸味、塩味、苦味の4味で味を表現するが、日本ではコンブ、カツオ節のだしの『うま味』を加えて5味がある」と話し、「味を感じる味蕾の穴は小学6年生の約1万2000個をピークに減ってくる。小脳は小学3年生までに完成し、大脳は12歳までに出来上がって大人の脳になる。一番敏感な時期の小学生のときに5味を覚え、5感を養うことが心豊かな大人に成長させる」と説いた。

 このあと5味を当てる味覚のテストが行われ、児童たちが実際に舌で味を感じて答えた。全員が全問正解し、キッシュ、レモンタルト、チョコレートタルトの3種類の菓子を食べた。

 玉田陽大児童会長(6年)が「味覚の授業や札幌で作ったものを食べさせてくれてありがとうございました」とお礼を述べた。
[日刊留萌新聞]-最近の話題
カレイやホタテ袋詰め 「うまいよ!るもい市」にぎわう【留萌】(2016/05/23)
三平汁やホタテご飯に舌鼓 鰊番屋まつりにぎわう【小平】(2016/05/23)
甘エビ素揚げが1位に 羽幌の味が高評価【羽幌】(2016/05/17)
カレイの薫製に挑戦 高校生が手際よく作業【羽幌】(2016/05/14)
修学旅行の高校生が漁業体験 網外しや魚さばき実践【留萌】(2016/05/13)
果樹園でサクランボ開花 ミツバチを使い交配【増毛】(2016/05/11)
オロ坊ストラップを作製 かばんなどに取り付け可能【羽幌】(2016/05/09)
JR留萌―増毛間の運行再開 廃線惜しむ声も【留萌】(2016/04/28)
「カズノコおいしい」 学校給食でカズノコ料理提供【留萌】(2016/04/28)
ゴメ岬漂流物一掃へ ネットで資金集める【羽幌】(2016/04/20)
中間発表で首位に立ったマサコ(上段中央)ら暫定「神セブン」
↑最近の写真
特集・道の駅
民家の庭「日本一遅い」ツツジ300本見頃に【根室】

ながまれ号出発進行【函館】

今季こそイカ豊漁を 祈願祭【函館】

岡部選手がベストナイン

盗掘防止へ監視活動

共同募金にご当地バッジ 500円で【新得】

レンタサイクル本格始動 モニターツアー計画【上士幌】

ひまわり迷路で種まき 難易度アップへ 8月開催【本別】

伊達武者まつりPRポスターに鵜川さんの作品【伊達】

のぼりべつクマ牧場のNKB総選挙でマサコ首位【登別】

表千家同門会道南支部が5日に市民講座と茶会【苫小牧】

響け“清風サウンド”室清水丘高吹奏楽団が29日定演【室蘭】

室美協新人展スタート、個性あふれる作品31点披露【室蘭】

刀剣女子 まなざし真剣、札幌で展覧会【札幌】

28、29日にわしべつ川沿い桜まつり【室蘭】

室蘭地方 つり情報

苫西港 クロガシラの釣果減る

十勝からの情報(5月22日ごろ)

釧路、根室の情報

尾崎さんが15キロのアンコウ釣り上げ【室蘭】

札幌のレストランで登別ブランド推奨品使用のメニュー【登別】

室蘭ゴルフ倶楽部・レストラン白鳥の今季メニュー一新【室蘭】

フルーツトマトを3倍濃縮・旬の味わいを瓶詰め販売【下川】

札幌駅などで道南グルメ弁当販売、白老産シイタケも使用【札幌】

母恋めし本舗がヤヤンコンブ入りふりかけ発売【室蘭】

根室新聞(157)

室蘭民報(716)

名寄新聞(68)

北海民友新聞(33)

日刊留萌新聞(34)

日高報知新聞(182)

函館新聞(216)

苫小牧民報(150)

釧路新聞(83)

十勝毎日新聞(358)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)